2007年3月16日 (金)

ああ、身の程

「人は身の程を知らなければダメだ。身の程を知ってナンボ」

という知り合いの発言を耳にして、違和感。

違う気がする。なんかもっとこう……、違う。

そもそも身の程って、なんだ?

武家社会、公家社会、士農工商時代じゃあるまいし。

人が人を「身の程~」って考えるのがバカバカしい。

やんごとなき家のお方なんて今の時代、そうそういない。

貧富の差はある。しかし現代、能力は各ジャンル、うなるようなプロは少ないのでは。

みんなどっこいどっこいなら、身の程がしっくりあてはまる事柄は少ないのでは。

「自分をわきまえる」ということだとすると、知るべき・知っておくべきは、

「身の程」ではなく自分の「性質」ではないかと。

自分の中の善悪、誇る部分、恥じる部分、守る部分、直すべき部分、そして業。

自分の性質から目を逸らさず、時々じっくり向き合い続けること。

必要なのはそれではないか。

それが違和感の正体でした。

そして思い出しました。6年か7年前に書いた詩。笑いました。

もっとずっと先。天寿をまっとうするときに、

「はい、よく生きました。これで完成」

そう思って笑いたい。

という目標があるので、書いたときの自分の気持ち、わかります。

書いてあること、今でもそう思います。

ただ、キツイ。言い方にやわらかさがなくてノン・ポエジー。

そんな過去の自分に共感したので。

「身の程は知りません」

身の程は知るべき? 知ったらつまらない

人間なんて皆 ちっぽけ それでも

どの命もかけがいのない たったひとつ

結構大切じゃないかしら

「プライド」「つまらない意地」

いくつになっても結局

わからないことだらけ

「確かなもの」なんてそんなにない

てのひらに乗るくらいあればいい方

割り切れないなら  割り切らない

譲れないことは 譲らない

「ダメな人」 そう ダメでしょう

いたらないこと 失敗の数々

これまでのすべて なかったことにはできない

だから 自信勝手といこう

雑誌の占いに書いてあった

「物事こだわり過ぎずにおおらかに」

「直感と好奇心を大切に」

「あなたは自分を曲げない人です」

そうですか ではそうしましょう

立派な人生じゃなくてもいい

褒めてもらうために生きるわけじゃない

そう言ってられないことが

これからたくさんあるでしょう

でも 身の程なんて知りません

いつかくるエンディング

きっと叶う

納得してると信じてる

きっと笑って死ねるって

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

現実的で、ストレートにスパーン…ノンポエジー

しばらく詩を書いていない。

詩と言っても「ポエジーがない」と指摘されてしまうくらい、叙情性がありません。

指摘されたのが確か22のとき。

言われて自分の書き溜めたものを読み返すと、見事なくらい叙情性がない。

ひとの意見が聞きたくて、ある編集者に読んでいただいたところ、

「硬派ですね」「女性が書く感じではないですね」とのお言葉。

私、女性ですから。どう捉えたらいいのか、考えました。

私が書く詩には乙女チックな感じがない。

載せてはいませんが、恋愛の詩もあります。

間違いなく恋する女の子の、かわいらしい詩、ではないです。

北原白秋や室生犀星のような素晴らしい叙情詩は書けない。

夢のようなかわいらしい世界も書けない。なら、

私はどんなものが書きたい?

考えて考えて出した答え。

「ひと」「人生」「生きる」ということを軸にしたものが書きたい。

女ですから、「女らしい」と感じてもらえるような女性になりたい。

よく聴く女性アーティストたちが歌うような、

「優しく、やわらかく、しなやかで、芯のある凛とした女性」が目標。

文章もそうありたい、と心がけています。

ただ、詩に関しては、

現実的で、ストレートにスパーンと言い切る自分の形が好きなので、

このまま「ノンポエジー」で書こうと思っています。

最近書いていないので、載せるものがない。

ということで、好きな詩を。

井伏鱒二さんが訳詩された漢詩。

『勧酒』

コノサカヅキヲ受ケテクレ

ドウゾナミナミツガシテオクレ

ハナニアラシノタトエモアルゾ

「サヨナラ」ダケガ人生ダ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年1月19日 (金)

からすの勝手でしょ~?

昨日、真剣に「教養」について思うことを書いたのに。

なんだかふざけたタイトル。

おぼろげな記憶ですが、小さい頃、テレビで志村けんさんが、

「か~ら~すぅ~、なぜ鳴くの~、からすの勝手でしょ~」と歌っているのを

聴いたことがあり、「うん、確かにからすの勝手だよなぁ」と納得した覚えが。

チビッ子の私は、本当にそういう歌があるのだと思っていました。

小学生時分のある日、母が『七つの子』を歌っているのを聴いて、

別バージョンの歌があるのか。あるいは、よく即興で歌を作って歌ってくれていたので、

その類かと思い、尋ねてみました。

母は衝撃のようでした。

この子は童謡を知らないの?! と。

『赤とんぼ』『しゃぼん玉』『小さい秋見つけた』『春の小川』などなど、

スタンダードなものは学校で教わった気がする。

でも、それほど数は多くない。

なんて悲しい時代なの! と嘆く母。

童謡は詩が、メロディが素晴らしい。叙情的で情緒があって。

美しさがあって、と力説。

それからは、私に童謡を覚えさせようと思ってか、いや、

他にもシャンソンやビートルズも歌っていたので、たぶん、

単に自分が童謡を好きだからなのでしょう。

家でよく童謡や小学唱歌を歌っていました。

おかげでかなり多くの歌を覚えました。

今まであまり考えたことありませんでしたが、童謡の詩を思い浮かべてみると、

確かに叙情的で情緒に溢れ、言葉が美しい。

母や伯母、叔父の会話から考えると、私が子供の頃は、

すでに童謡を聴く機会も、知っている曲も少ない。

今の小学生はどうなのだろう。

童謡の詩が書かれた時代の美しい風景が減ってきている今、

それが歌われたものまで聴く機会をもてないのは、さみしいかも。

そういえば、東京で育った友達は、家の周りが自然だらけの所で育った私を、

うらやましがっていました。

「いいな~、私、田舎暮らしに憧れてるの~!!」

そう語る表情や口調は、かなり自然に飢えているんだ、と感じるものでした。

童謡の詩。世界。もっと知りたいな、探ってみたいなと思うこの頃。

まずはCDを買って聴いてみようかなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年1月12日 (金)

魔法はないけれど

時間は凄い。

時間は、ひとを美しくすることができる。

時間は、哀しみを消し去る魔法はないけれど、寄り添ってくれる。

哀しみを受けとめることができるまで、哀しみを自分の一部にできるまで、

黙って時を刻みながら、じっと静かに、寄り添っていてくれる。

決して過去へは戻してくれない頑固さが、凄い。

ただ戻してくれないだけではない。

代わりに、どんな出来事もやわらかく包み、過ぎたことは「思い出」、

笑ってそう思えるようにしてくれる。

そんなやさしさを持っている。

『空と海の境目 朝が映すように

 胸の闇に 陽がさすまで 時がたつのを待ちたい』

薬師丸ひろ子さんのアルバム『LOVER’S CONCERTO』に収められている、

大好きな曲『さみしい人にならないで』の歌詩の一部です。

時間の持つ凄さ、やさしさが、情緒たっぷりに表現されている。

この曲を聴くと、詩に描かれているような女性になりたいと思うと同時に、

先述の歌詩を聴いて、元気になります。

自分の状況が良かろうが悪かろうが、時間は進む。

どっちだろうと、過ぎれば思い出。

ま、とりあえず、お天道様浴びて笑っときますか、もったいないから。

くらいの気分になれます。

時間が脅威になることもありますが、それもひっくるめて、

うまく時間と付き合い、味わって生きたいな、と思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

改めまして

昨日、「当たり前」ということについて、書きました。

が、自分の経験を元に綴ったものの、うまく言えなかったので、

今、感じることをコンパクトにまとめてみました。

「当たり前」

誰かが持っている当たり前は

私には当たり前ではないことがある

私が持っている当たり前が

誰かには当たり前ではないこともある

持っているものを大切にしよう

考えて 迷って 悩みながら

これから もっともっと

たくさんのこと知っていく 感じていく

グラグラ揺れていい

グラグラ揺れながらでも

受け入れていきたい

抱きしめていきたい

人生を愛するために

色々なことを愛するために

誰かを愛するために

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

それでいいじゃん

「武士武士とがみがみいわンすな。耳が鳴るわい」

「されば、おンしゃ、何じゃい」

「坂本竜馬じゃ」ケロリとしている。

これが坂本竜馬の一生を通じての思想だった。

武士であるとか町人であるとか、そういうものはこの世の借り着で

正真正銘なのは人間いっぴきの坂本竜馬だけである。

司馬遼太郎氏の『竜馬がゆく』のなかの1節です。

竜馬はそれで充分なのだそうです。

坂本竜馬は『竜馬がゆく』を読んで興味を持ち、大好きになりました。

描かれている彼が、魅力的で素晴らしくて惹かれるのですが、

特にこの1節は、ズドーンと打ち抜かれました。

強い。器がデカイ。かっこいい。

地位とか、肩書きとか云々かんぬんはいらん。

名前ひとつ、身ひとつで充分だと。

読んでいて、うん、それでいいじゃん、と感じました。

地位、肩書き、お金、勝ち組負け組み、ブランド、学歴など。

比較のしがらみ、決まりごとを挙げだしたら枚挙に暇がない。

なんだか、自分たちの首を絞めることを作り出しすぎて、自分たちで悲鳴をあげている。

みんなでそんなものやめたらいいのに。

なかなか簡単ではないと思いますが。

ちいさな例えですが、私はブランド品を持ちません。興味もない。

高価なものも持っていません。

場所によっては、会う人が明らかに優位に立った目をしてるのがわかります。

どうぞお好きに思って頂戴、と思います。

相手を「ああ、そういう価値基準のなのね」と思うこちらの感覚も、いいとは言えない。

どっこいですね。

こちらも「品定め返し」をしてしまっているので。

でも、楽です。竜馬の教訓があるので。

司馬さんの描いた竜馬に感化されて書いた詩です。

「この身ひとつ 名前ひとつ」

嬉しい記憶

幼い日 母が何度も話してくれた

私は望まれて生まれたんだよ

みんな待っていたんだよ

大好きなんだよ

ただそれだけのことが

この身ひとつ

名前ひとつで

生きていける力になる

確かに私を守ってくれる

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年11月24日 (金)

太陽の言葉

夕べ、ニュースを見てショックでした。

作家の灰谷健次郎さんがお亡くなりになった、と。

高校生の頃に灰谷さんの本に出合い、以来ずっと大好きな作家。

尊敬する向田邦子さんも、灰谷さんも、ひとを見つめる眼差し、視点が温かい。

著書を通し、たくさんの私淑を受けました。

ひとは、たくさんのひと、出来事に生かされている。

そう教えてくれたのも、灰谷さんでした。

『太陽の子』という本がありますが、自然を愛し、ひとを愛し、

すべての子供たちを深く愛した灰谷さん。

彼が書き綴った話・言葉の数々は、「北風と太陽」のようなあたたかさをくれました。

太陽の言葉は、私はやっぱりひとが好きだなぁ、と気づかせてくれました。

迷ったり、揺れたり、行き詰ったときに、活力をくれました。

そして、たくさんの課題を与えてくれました。

今尚、課題の答えを探しています。

クリアするため、ジタバタ足掻くのを楽しんでいます。

最後に、以前も載せましたが、灰谷さんの本で出合った大好きな詩を載せておきます。

(この詩は、灰谷さんが書かれたものではなく、灰谷さんが出合った詩だそうです。)

ご冥福をお祈りして。

あなたの知らないところに

いろいろな人生がある

あなたの人生が

かけがえのないように

あなたの知らない人生も

また

かけがえない

人を愛するということは

知らない人生を知るということだ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

石橋の渡り方

なかなか行動しないかと思うと、いきなり大胆なことするよね。

こう友達に言われたことがあります。

う~ん。

考えて考えて、考えてから行動するので、スタートは遅いです。

ただ、大胆な行動はしていませんが。

慎重ではありますが、大雑把な性格が顔を出し、慎重さが持続しない。

石橋を叩いて渡るようで、そうでもない。

今までの自分を振り返ってみる。

石橋の渡り方、私はどっちかしらと考える。

そこで見えた自分を詩にしてみました。

今後の課題でもあります。

「しょうがないので」

石橋は叩いて渡りますか

それとも 即行動ですか

トントン トントン

悩みに悩んで 考えすぎて

叩きすぎて うっかり壊してしまいます

渡れない

仕様がないので

思いっきり助走をつけて

飛んでみます

失敗と成功 五分五分

さらりと橋を渡りたい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

再度、リベンジのすすめ

最近、ニュースを見るのが辛いです。

連日、取り上げられているいじめ問題。

命を絶ってしまった子達の遺書。いじめにあっている人、あっていた人から、

番組に寄せられるFAX。

「迷惑かけてごめんなさい」「お荷物はもういなくなるから」

「このまま生きていて、いいのかどうか…」など。

あってはならない理不尽な目に遭ってしまっている状態で、人を気遣う。

そういうやさしい人が、純粋な人がどうして死ななければならないのか。

どれほど辛く、苦しく、絶望していたかを考えると、息をするのも苦しいほど、

辛くて涙が出てきます。

人格は、昨日今日でつくられるものではなく、

長い時間の積み重ねで構成されていくもの。

残念ながら、いじめをする人は長い時間をかけて、

腐った性根をつくりあげてしまっているので、そういう人を100%更生させるのは手遅れ。

それが現実だと思います。だから難しい問題なのではないかと。

以前、『リベンジのすすめ』というものを書いたときに、お話しましたが、

15歳のとき、人生でただ1度だけ、死のうと思ったことがありました。

(詳しくは『リベンジのすすめ』をお読みいただければ。ただ、私の場合、

友達はいい人だらけで、友達にいじめらたりはしていないので、

少しケースが違いますが)

そのとき、私が死ななかったのは「フテブテシクテ自分好きだから」「母娘の絆」

何より大きかったのは、「プライド」と「幸せになりたい」という強い想いです。

小学生になった頃から、母を守れる強い人になりたい。早く大人になりたい、

というのが自分の土台にあり、母娘二人三脚で生きてきたので、

私が今死んだら、母は救えなかったことを一生、悔いながら生きていくことになる。

母の人生を台無しにする。それはでっかいブレーキでした。

(実際は大人になっても全然守れていなくて、心配かけたり、

未だ、守られてしまっていますが…)

そして、バンザイ、自分好き。バンザイ、高飛車なまでのプライド。

そういう性質が私に絶えず、未来を夢見させ、希望を持ち続けさせてくれました。

「絶対幸せになってやる!」と。

その後、15歳のときに私を追い込んだ性質の悪い人たちとは関係無しに、

自分の身のまわりに起こったこと、自分の身に起こったことで何度も絶望しました。

私なりに地獄はありました。

でも、振り返ると、ずっといい友達がいましたし、根が陽気で図太いので、

いっつも笑っていました。幸せな未来を信じきっていましたし。

今もそうです。特に何があるわけでもなく、まだ望んでいて叶っていないこと、たくさん。

年齢的には揺れるお年頃。

しかし、揺れてはいますが、夢いっぱい。希望いっぱい。やる気、溢れまくっています。

きっとこのまま70歳くらいになっても、同じように前だけ見る、

夢見るファンキーな70歳の自分が予想されます。

叶っていないことが多いと、生きる甲斐も多いので、楽しいから、いいかなぁ。

と、自分の実感として、絶望することが起きても、それは永遠じゃない。

もがいて脱出すれば、その先が待っている。

一生その辛い場所で生きなきゃならないなんてことはない。

それでも耐えられないなら、周りにSOSすればいい。その権利あるんです。

その場から逃げたっていい。世界は広いんだから。

死を選択しないで、どうぞ自分をとってほしい。

生きていくことが最優先!

どうぞ、どうぞ、そう思ってほしい、とニュースを見ながら思う日々です。

話が長くなりましたが、19の頃だったと思います。はっきりは覚えていないのですが、

たぶん、自殺のニュースを見て書いた詩です。

ちょっと拙いですが、そのまま載せます。

「あなたを捨てないで」

あなたのハートを捨てないで

何か辛いことがあって 耐えられないのなら

少しの間 やめたらいい 休めばいい

そうできればきっと また何かやろうと思えるでしょう

そこに道が見えてくる だから

あなたのハートを捨てないで

あなたの鼓動を止めないで

迷惑? そんなことない!

頼っていいじゃない 

周りの人 

あなたが消えてしまうより ずっといいと思うはず

感謝の気持ちは 元気になれたとき

できるなにかをすればいい

「ありがとう」と言えばいい

真心 きっと伝わるから

急がないで 焦らないで

笑顔の未来を信じて

自分を選んで

あなたを捨てないで

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年10月20日 (金)

キーワード

「言葉遊び、大好きでしょう」

知人に言われたことです。はい、大好きです。

文字は「あ」から始まり、50音しかないのに、

言葉はすべてを網羅することはできない。無限大!

覚えた言葉を理解したつもりになっていても、時が経つと、違う解釈を発見。

新しい感覚で向き合っていたりする。

飽きることがない。

19歳くらいの頃、「キーワード」という詩を書きました。

今、読み直してみると、物足りない。

19の自分は尊重しつつ、書き直したくてウズウズ。

考え直しながら、今の自分の心境、感覚を楽しみました。

「キーワード」

好きな言葉

温かさ 強さ 潔さ 図太さ

笑顔 真心 良識 感謝 聡明

一期一会 大胆素敵 楽天性

粋 愛 美 大人 祈り 誇り 貫く

思いやり しなやか 凛々しい かっこつける

信じる 足掻く ありがとう プロセス

切ない 自律 美学 未完成 距離感

I love my life     to you

嫌いな言葉

戦争 権力 暴力 束縛 優劣 強制

常識 迎合 主従 徒党 傲慢 見返り

マニュアル ノリ ヤバイ カリスマ

勝ち負け 易しさ 事なかれ主義

勝てば官軍 だから(例…世の中そういうものだから)

give me  決めつけ 唯我独尊 無関心

好きでこうありたいと願う言葉

どれだけ近づくことができているだろう

どれだけ大切にできているだろう

嫌いでこうありたくないと思う言葉

うっかり受けとめたりしていないだろうか

どちらも時々再確認して

私が私らしく生きていられるよう

心に留めて自覚していたい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧