2010年11月30日 (火)

まずは心に栄養を

ネガティブな言葉をポジティブな言葉に。

使う言葉ひとつが心に与える影響はバカにならない。

少し前にお話しましたが、アンチエイジングを否定し、

対極としてのウェルカムエイジングではないです。

対決的な意識はありません。

ひとの魅力の選択肢を増やすために、毎年積み重ねる歳を「ウェルカム」するのも、

ひとつのあり方だと思うのです。

歳月により失うものがいくつもある裏側には、

歳月により生まれ育まれるものがいくつもある。

それを活用しないのは、もったいない。

歳月がもたらしてくれるものを活かすために、

進歩し続けるエイジングケアで、健康を大切にする。

それと共に、身体へのエイジングケアと並行して、心にも栄養を注ぎたい。

そのひとつとして、言葉を使いたい。

どうするのか→エイジングケアを楽しい表現にしてみる。

しなやかに軽やかに身体を動かすためには、柔軟な身体のほうがいい。

身体は冷えていると動きが硬くなるので、身体を温めてやわらかくする。

心も同じでは。

そう思い、エイジングケアに関しても、身構える言い方で硬くせず、

楽しい表現で心を温め、やわらかくしたい。

そうすれば、エイジングケアにもよい効果が出やすいのではないかと。

心に栄養を注いで行なうエイジングケアは、

日々の暮らし、ひいては人生を豊かなものにできる力があると考えます。

ならば、エイジングケアも、歳を積み重ねていくことも、歓迎したい!

ということで、ウェルカムエイジングと呼ぶようになりました。

次回は、ウェルカムエイジングとした意味を、もう少し具体的にお話します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

たかが言葉、されど言葉

歳をとる→歳を重ねる、歳を纏う

もう○○歳→やっと○○歳

など、ネガティブな言葉はポジティブな表現にしてみる。

マナーでも、人を傷つけない表現をすることが大切。

背が低い人→小柄な人

ケチ→倹約家

太っている人→恰幅のよい人

などの言い方が印象を和らげます。

たかが言葉、されど言葉。

あれやこれやと言い方を変えてみる。

ただそれだけのことが心に与える影響は、意外に強いように思います。

ひとは言語を使って生きている。

たかが言葉ひとつで、気力を削ぐこともあれば、やる気にもなる。

悲しくもなれば、明るくもなる。

怒りを覚えることもあれば、嬉しいこともある。

心がすり減ることもあれば、心が満たされることもある。

使う言葉によって、ひとを致命的に追い込むこともあれば、救うこともある。

せっかくなら、活力ある言葉を使うほうがいい。

例えば10キロ先まで歩くとき、「まだ5キロもある」と言うか、

「もう5キロ歩いてきた」と言うかで、心への影響は違うと思います。

まだ5キロもあると考えるのと、もう5キロは歩いた(5キロは終了している)と考えるかで、

足取りの軽やかさに違いが出るのでは。

心に効果的な表現のほうが絶対にいい!

活力を生む言葉を使って自分を活かしたい。そして、

ひとは人と人の間で生きている以上、コミュニケーションは重要。

ひとに対して、思いやりを持ち、活力ある言葉、あたたかい表現が出来れば。

みんなが実行すれば、よいコミュニケーションの輪が広がるのではないでしょうか。

思いやりやコミュニケーションなど、話がマナーとfor you楽のほうへ流れました。

次回、ウェルカムエイジングでの言葉に話を戻します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

アンチエイジングが極まって、さて

女性たちはアンチエイジングを選んだ。

ひと昔前くらいまで、ある程度の年齢になると、

「おばさん」という呼び方で、女性の魅力は切られていました。

しかし、アンチエイジングの登場で、女性は立ち上がった。

年齢で自分を切らず、磨いていく。

その努力の賜物でしょう。

おばさんと言われる呼称を脱ぎ捨て、キラキラ輝く女性が増えている。

その在り方はエイジレスなひととされ、実年齢より若く見えるひとが多い。

長きに渡る、若さ至上主義に閉じ込められていた、

「女は灰になるまで女」であるという真実。それを取り戻した。

取り戻し始めてから、しばらく経ちますが、若さに軸を置いた美しさは、

ある程度円熟し、極めたのではないでしょうか。

そろそろ、別角度にも目を向けていい頃合のような気がします。

若さ至上主義が長すぎて、「若さ」が呪縛になっているような。

女性の魅力を狭めてしまっているような。

若い(若く見える)だけが、美しさをつくるなら、本当に若い人だけが、

真にキレイだということになる。

・・・・・・・・・・・・・・・。

そうかなぁ。どうしても、そう思わないんです。

女性の魅力・美しさを、円グラフで考えてみると、

これまで言われてきた部分は、円のすべてではない。

まだまだ他の要素があるはずです。

アンチエイジングを選び、年齢で自分を切るのをやめた。

アンチエイジングによって、若さに軸を置いた輝きは円熟期を迎えた。

その自信を胸に、円グラフの残りの部分を磨いていく。

そうすれば、女性が女性であることをより楽しめるし、誇れると思うのです。

そういう時期にきているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

若さ至上主義が女性に選ばせたもの

前回お話した、困った風潮とは、若さ至上主義

私が~おばさんにな~っても♪ と歌う曲がありました。

歳を重ねた女性より、若い女の子の方がキレイでよいものだとする、

若さ至上主義が象徴的に表れている気がします。

私がおばさんになっても、ホントに変わらない?(変わらずに愛してくれる?)

という問いには、ずっと愛されたいという願いのほかに、

何年・何十年後のおばさんの私より、

若い今の私の方がキレイだという考えが感じ取れる。

なぜそう考えるのか。

ある程度、歳を重ねたひとよりも、若いひとのほうが美しい。

若い=キレイという、若さ至上主義ともいえる価値観が、長きに渡り定着しているから。

世の中全体に、このような感覚が漂っていることが、

「若くなくなると女性として終わる」ような強迫観念を、

女性たちに植え付けているのではないでしょうか。

歳を重ねても、輝いていたい。キレイを保ちたい。

年齢で自分を切りたくない。諦めたくない。

その対処というか、解決策として女性たちが選んだのが、

アンチエイジングなのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年10月31日 (日)

アンチエイジングをアンチするものではなく

ウェルカムエイジング。

別にアンチエイジングをアンチしてウェルカム、ではありません。

アンチエイジング→「抗老化」「抗加齢」。

さまざまなエイジングケアで、「いつまでも若く」というキーワードが出てくる。

この場合、「若い」というのは、「イキイキ生きたい」、つまり、健康に元気でいたい、

ということを指していると考えます。

誰だって、生きている間は元気でいたい。

日々を充実させるためには、自分を活かすためには、健康は大切。

元気に動ける。健康で活発に過ごせる。そうありたいと願う。

月日を重ねれば、若い頃より瞬発力がなくなったり、疲れがとれにくくなったり、

体の調子が悪くなったり等など、健康上の問題が起こりやすくなる。

エイジングケアが発達して、健康問題の助けとなることは素晴らしい。

エイジングケアをおおいに活用することで、心も明るくなる。

積み重ねてきた自分を活かしたライフスタイルを満喫できる。

大大大賛成です。

私がアンチエイジング?と、違和感を感じたのは別角度のこと。

「美」に関係した部分です。

女性が美しくありたいと思うのは当然。

できる限りキレイでいたいし、自分なりのキレイをいつまでも保ちたい。

最大限よくありたいと“自分なりの美の追求”は、私も大切にしたい。

女は灰になるまで女。女性のブラッシュアップは生涯続くこと。

続けるべきだと思うし、私は続けます。

「違和感」というのは、女性の大切な願いを邪魔する、脅かす困った風潮、

あるいは現象というか、それに対してです。    続く……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

老若男女のマナー

公共のマナー、大人も直して

先日、新聞の投書欄で目にした中学生の女の子の投書テーマです。

彼女は、電車の中で年配の女性に席を譲ろうとした。

すると女性は、「そんなに年取ってないわ」と怒ったのだそう。

彼女はすごく嫌な気分になったといい、

日頃電車内で見かける大人のマナーの悪さを指摘。

大人は若い世代のマナーが悪いと言うが、自分たちはどうなのかと問いかけます。

そして、マナーは年齢に関係なく守る必要があるはず。

皆が気持ちよくすごせる環境をと願っていました。

彼女の言うとおり、マナーを大事にすることに年齢は関係ない。

老若男女、すべてが大事にすべき。

まず大人がきちんとマナーを大事にしなければ、

小さな子や若い人たちにマナーの心、マナーの意義が届かない。

ましてや、優しさからの行動に噛み付くのは違う。

彼女は悪意で声をかけたのではない。

女性が何歳くらいの方なのかわかりませんが、

彼女の親と同じくらいの年代か、親より年上と思われる人だったとしたら。

彼女がそう判断したとしたら、目上を敬う意味で譲ろうとしたのではと推測。

そう考えたら、優しい子ではないですか。

もし、女性が(私は元気だから、譲ってもらう必要ないわ)と思うなら、

言い方があったのでは。

女の子の気持ちを酌んで、正しい行いをした誇りを守る対応があったはず。

まず優しい気持ちに対して「ありがとう」と感謝を示した上で、

「譲っていただかなくても大丈夫よ」とやんわり辞退すればいい。

皆が気持ちよくすごせる環境。

まず大人が公共のマナーを大事にしなければ。

ただ1つ、女性の気持ちも察します。若さ至上主義の世の中ゆえに、

年齢に対してついピリピリしてしまうのでしょう。

そんな必要がなくなるよう、

“年齢に対する考え方、人が歳を重ねていくことへの感覚”、

社会全体で、変わっていかないと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

春夏秋冬

人生はよく季節に例えられる。

若い季節は春、青春。

やがて季節は移り、夏。

この時期は、人生真っ盛り、なんて言葉を耳にします。

春、夏と過ごしたら、秋が来るはず。

人生を季節になぞらえる言葉。

なぜか秋冬に関しては、パッと出てこない。

表現される言葉は、歓迎的ではない気がする。

なぜか?

やはり、若さ至上主義と関連しているのでは。

春や夏とは違う、秋冬のよさ。

秋だからこそ、冬だからこその素晴らしさがあるはずなのに。

「いつまでも青春」と、春にこだわらなくてもいいのでは。

秋冬には、秋冬のよさを味わわないと、もったいない……。

秋は収穫期。

春、夏を経たからこそ、育て上げた自分の収穫物がある。

それを堪能できる。

花で考えても、春は咲く。秋は染まる。

いいえ、誰か、何かに染まるのではなく、

自分のプロセスが自分を染める。

咲くのとは違う味わい。

素敵じゃないですか。

そして、冬。

草木が枯れ、冷たく張り詰めた空気が漂う。

その静寂の中、凛と佇む裸木は、どこか威風堂々としている。

修飾をいっさい除いた潔い美しさ。

そこにいるだけで放つ存在感。

厳しい気候の中で輝く、冬独特の美しさを魅せる自然。

それは、熟練された大人と通じるものがあるのではないでしょうか。

人生を振り返り、老いを、様々な思いを受けとめて時を過ごす。

寂寥を伴った荘厳な美しさ。

春や夏とは違う、春や夏にはまだ無い魅力。

やがて来る季節。

しっかり自分を収穫したい秋。

取捨選択し、シンプルに上質なあり方ができたらいいと願う冬。

そのためにも、時期的には夏だと思う現在。

熱さにへこたれず、しっかり実をつけていかなければ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

ポイント

孫でもない人が、「おじいちゃん、おばあちゃん」と呼ぶのに違和感を覚えます。

しかも、「おじいちゃ~ん」、「おばあちゃ~ん」と幼い子供に話すような口調だと、

間違ってる! と言いたくなります。

名前で呼ぶべき。人の誇りや尊厳は大切にしましょうよ!

祖母は、生涯、誇りを大切にし、社会への関心を持ち、オシャレ心を忘れず、

“ギブ・ミー”ではなく、“フォー・ユー”の人。女性らしさを大切にした人でした。

亡くなって10年以上経つ今でも、女性であることを大切に歳を積み重ねていく上で、

祖母は、見習いたい私のお手本です。

過度に、美肌を追求したり、スタイルを気にしすぎたり、

時を止めようとするのではなく、自分を整える。

時の積み重ねにより磨いてきた内面に見合うように、

外見も自分を律し整えて、よくあろうとする。そのたしなみ自体が美しい。

そういう素敵な人生の先輩に出会うと嬉しくなる。

2月に病院で出会った女性もそう。

検査室の前の待合に、70代とおぼしきご夫婦。

ご主人が検査室に入って間もなく、「素敵な黒髪ね」と声をかけられました。

それをきっかけに、順番待ちの間、髪のお手入れについておしゃべりをご一緒し、

話に花が咲きました。

いくつか、お手入れ法にこだわりをお持ちで、

☆ナイロンのブラシは使わない。

☆定期的に、美容用のオリーブオイルを少量つけてブラッシング。

☆オリーブオイルは、相性の良い、お気に入りのものを長年愛用。

☆シャンプーやリンスは、「これ!」と決めずに、新しい商品を発見したら、試して楽しむ。

などを大事になさっているそうです。

彼女は、シンプルなショートヘア。

特別凝ったことをしているようには見えませんが、

やわらかいシルバーの髪を“丁寧に慈しんでいらっしゃる”。

お手入れを楽しんでいらっしゃるお心が伝わってきます。

お話の中で、「私のポイントは髪なのよ」という彼女の言葉に、ハッとしました。

ファッションは、全身を飾りすぎるとポイントがなくなる。

素敵さがぼやける。それと同じで、

身だしなみを整えた上で、オシャレを楽しむために、

“自分にとって”のポイントを持つことの大切さ。

ひとときのおしゃべりの中で、教わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

人生真っ最中

全力中年。

前回、ドラマ「フルスイング」を観た感想を書いた中で、

中年という言葉を使いました。

中年。

一般的に、ネガティブに捉えられることが気に入らない。

良いことばかりじゃないから、夢物語に捉えることはない。

としても、大人が自ら“中年”に対してネガティブキャンペーンすることないのでは。

中年の「ちゅう」を使った言葉。○○中という表現。

成長中、勉強中、道の途中、最中……、

人生真っ最中!

それから、中途半端という言葉。

若くはない。でも達観するまで熟していない位置。

道の途中。半ば。

コップで考えたら、水位は中程。

それなのに、もう若くないとか、もう中年とか、

モウモウ、モウモウと牛のように連呼してどうする。

ネガティブキャンペーンしてどうするのでしょう。

注いでいない水はどうするのでしょう。

せっかく空白があるのに。もったいない。

「もう」なんて締めくくっていないで注がなきゃ。

真っ最中なのですから。

ところで、そうなると、高年者はどうなるのかというと。

満タンになったら、おしまい? いいえ。

満タンになったコップの活かし方、というものがあるのだと思います。

満ちなければ成し得ない役割を担っていらっしゃるのだと思います。

ただ、中年の入口に立つ私は、まだ口を開く域ではない。

今は口を閉じたまま、前を行く方々の背をみつめ、歩いていきたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

土曜日のキラキラ☆タイム

今、楽しんでいるドラマ2本。

1本は大河ドラマ「篤姫」。そしてもう1本は、

土曜ドラマ「フルスイング」。

30年間、プロ野球の打撃コーチをなさっていた高畠導宏さんが、

58歳で教職につき、生徒たちと過ごした時間を描いた、実話を基にしたドラマ。

高橋克実さんが演じられていて、ドラマでは高畠さんのお名前は、

高林と変わっているので、以下高林さんと書きます。

高林さん、素敵です。

スキマスイッチの「全力少年」という曲ならぬ、

全力中年、全力大人。

教育実習に行った学校の子供たちに、

“教師”というピッカピカの夢をもらったと、目を輝かせる58歳の新人。

自分に何ができるのか、子供たちに何を教えられるのか。

悩みます。模索します。

子供たちの夢を応援したいとフル回転。

全力、一生懸命、ひたむき。根気強く行動する。

生徒に「ウザイ」と言われても、「わしには褒め言葉じゃ」と笑う。

北風と太陽の、太陽のようにあたたかい瞳で人を見る。

厳しさを知っているから、厳しさをもっているからこその、あたたかさ。

高林さんはおそらく元来、愛情深く、あたたかく、一生懸命な方なのだと思います。

そこに、58歳という年輪が加わる。

だからこそ、20代、30代の教師とは違う、生徒との向き合い方ができるのではないかと。

「全力な大人」、大人だからこその「やわらかな全力」。

今、世の中に必要なのは、そういう「大人の知恵」なのだろうと思います。

もっともっと諸先輩方にそれを示してほしい。

と、ドラマを観て思ったことを書き連ねました。

まあ、観ている間は、瞳をキラキラ輝かせて子供たちと向き合う、

高橋克実さん演じる高林さんの“かっこよさ”に、

テレビの前で目をキラキラさせ、ミーハーしております。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧