2008年5月 6日 (火)

私の1滴

9条世界会議に行ってきました。

5月4~6日、千葉県の幕張メッセで行われたものです。

その中の5日の分科会に参加しました。

9条世界会議は、

国際紛争解決の手段としては、武力による威嚇や武力の行使をしない。

戦争を永久に放棄する。軍隊や戦力を保持しない。

という憲法9条を、日本だけのものではなく全世界共有の財産としよう。

戦争をなくし、武力によらない平和を地球規模に!

と呼びかけるものです。

分科会に、エクアドルのコタカチ郡知事の、アウキ・ティトゥアニャさんが、

パネリストとしていらしていました。

様々なお話の中で、ハチドリが山火事を消そうとした物語を例に出して、

お話になる場面がありました。

ハチドリがちいさなくちばしで、1滴1滴水を運び、火事を消そうとする。

森の動物たちは、それでは火は消えないとバカにする。

けれど、ハチドリは言う。

「確かに私だけでは無理です。でもみんなでやれば火を消すことができるかもしれない。

私は、私ができることをするだけ」

以前からこのハチドリの話は好きでしたが、好き嫌いとは別に、

昨日はずっしり、しっかり心に届けられました。

世界から戦争をなくすのは、とてつもなく大変なこと。

太古の昔からくり返され、未だになくなる気配はない。

むしろ、厳しい状態。

だからといって、戦争をなくすなんて無理なんて思っては絶対にいけない。

戦争は悲劇しかない。

戦争は絶対反対。

そのためには、たくさんのことを知らなくては。

たくさん考えなくては。

ちいさなハチドリの言葉のように、私にできることをする。

戦争をNOだという考え、信念をしっかり持つ。

今回の世界会議に集まったたくさんの人。

今回会場に来なくても、戦争をNOだと思うたくさんの人。

「私にできること」をする1人ひとりがたくさんいれば、

「ひとり」の1滴も海になる。

私は1滴でもいい。

1滴を持つことが大切なんだ。しっかり1滴を持とう。

そう感じました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)