2006年3月 6日 (月)

意味を変える魔法

たかが文字。されど文字。

去年、箱根へ旅行に行ったときのこと。

強羅公園のゴミ箱を見てハッ!

新鮮な驚きでした。

「ごみ箱」でも「ゴミ箱」でもなく、

「護美箱」と書かれている。

いらなくなった物を捨てる、汚い物を捨てる、ごみを集める箱。

それが、美を護るための箱、と捉えると、ステキなものに見えませんか?

世の中、あまりいい印象をもてない言葉がたくさんありますよね。

あの護美箱のように、ガラリと雰囲気を変えてしまうような

ポジティブな表現が、街に溢れていたらいいのに。

そう思いませんか。

| | トラックバック (0)