2008年9月 3日 (水)

オーダーメイド

子供の頃にテレビで見た映画、『時代屋の女房』。

内容は覚えていないけれど、夏目雅子さんの、

白いワンピースに日傘を差して歩いている姿が印象的で、記憶に残りました。

大人になってふと思い出し、シンプルな真っ白いワンピースが着たいと思い、

ピンとくるワンピースを探しました。

が、なかなかない。

「あ、白一色見つけた」と思ったらすごく高かったり、少々ロマンチックすぎたり。

ないならないでいい。そのうち思いがけず見かけたときに着よう。

ということで時が流れて、今年の初夏。

母が白い生地を買ってきて、ワンピースを作ると宣言。

ゴールデンウィーク明けに時間が出来たので、時間の有効活用だそう。

白いワンピースの話をしたことがあったのを覚えていたらしく、誕生日にプレゼントすると。

針仕事がダメな私と違い、服や小物を作るのが苦にならない母。

以前、母は大病して手術を受け、退院後もしばらくはおとなしく自宅療養だったのですが、

働き者の母にはそれがストレス。

「時間がもったいない!」と、安静にしながらできることを考え、結果、

一心不乱にストールを編んでいました。

娘としては「療養にならない!」と怒るのですが、聞く耳持たず。

何時間も編み続けて「気分が悪い」って…、当たり前です。

「療養第一!」とハラハラした記憶が蘇る。

根つめないよう念を押します。

「はいはい」と信用できない返事をしたあと、ドッサリと手芸の本を出し、

どんなワンピースがいいか選ばされ、決定。

先月の誕生日に、完成品をプレゼントしてもらいました。

きちんと採寸してジャストフィットサイズに作られた服。

いうなれば「オーダーメイド」。

イメージどおりで、アレンジの利くシンプルなワンピース。

お、いいな、オーダーメイド。

値の張るお店のものではなくても、

ブランドのオートクチュールじゃなくても、「オーダーメイド」。

今はお店で服を買うのが当たり前だけれど、昔は町の仕立て屋さんが仕立てていたり、

各家庭で作ったり。もっと昔はごく当たり前に家庭で作っていたのでは。

ステレオタイプではなく、1着1着、必要な分が作られる。

作り手の手間暇がかかっている。フェアトレードの服や小物もそうですが、

人の手によってしっかり作られている。手作業で作られている。

そう思えば、手入れも丁寧になる。大事に使おうと思う。

身のまわりのいろいろなもの。

お店で既製品を買う現代はそれが希薄になってしまっているのでは。

1品1品をちゃんと大事にしているだろうか。

それを怠っていては、理想の清貧生活とはかけ離れる。

いえ、お店で買ったものでも、自分の手元に着くまでにたくさんの人の手を介している。

やはり1品1品大事にしなければ。

「オーダーメイド」の白いワンピースに、教えられた気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

晴れ着

“晴れの日に着る服” “よそいきの服”

という意味の晴れ着ではなく、

晴れ着を、“心を晴れにする服”と解釈してみる。

イラッとしたり、

ズーンと落ち込んだり、

シャキッとしたいとき。

心の余白が減って、自分の優しさが不足している!

と感じるとき。

装いに力を借りて、自分を盛りたてる。

イライラをやわらげるために、やさしいデザインのワンピース。

シャキッとするために、パンツスーツ。

帽子、バッグ、靴などの小物でもいい。

どこかに1点、心を晴れにするものを身につける。

笑える状況じゃなくても、一瞬でいい。

ホッとできるよう、晴れ着を装っていれば、なんとか乗り切れる気がする。

そう思い、その時々に必要な“晴れ着”を着るようにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

軽やかな足

週末、買い物&ウィンドーショッピング。

「雑貨とステーショナリーと化粧品」。目的の物を買い終えたら、

ウィンドーショッピング。今はどこもサマーバーゲン中。

「あ、お買い得」、「あ、これいいな」と衝動買いの誘惑多し。

しかし、つい先日、ひと月早いけれど、自分への誕生日プレゼントとして、

前からほしかったジャケットを買ったばかり。あくまでウィンドーショッピングのみ。

買わずに見てまわるだけで充分楽しい、ウィンドーショッピング。

すでに、どうしてもほしかったジャケットを購入していることで、

満足しているから、心にゆとりがある。目の保養をするだけで充分。

ストレス解消!

かなり歩きまわりましたが、足は軽やかに弾みます。

実は、軽やかな理由がもうひとつ。

履いているサンダルです。

バリのお土産にといただいたもので、鼻緒の部分が大好きな水色。

鼻緒全体がスパンコールに覆われていて、キラキラ輝いています。

一目でお気に入りになったサンダル。

初夏にいただいてから、履き頃を楽しみにしていたキラキラサンダル。

先週末にようやく登場。好きなものを履いているだけでも気分がいい上に、

予想以上の履き心地の好さ!

歩き好きの私はかなり歩くのですが、一向に疲れない。

私の足を軽やかにしてくれるキラキラサンダル。

この夏の素敵な相棒になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

せっかくだから、素敵に

浴衣

はじまりは湯上りに着るためのもので、外出用ではなかった。

けれど、時は流れ、今は立派に夏のオシャレ着。

私も浴衣を着るのは大好きです。

10代の女の子には、浴衣にスニーカーを合わせたり、

帽子をかぶったりする人もいる。

思い思いの浴衣なのでしょう。

ただ、

浴衣を着たときの立ち居振る舞い。

ちょっと…それはない! と思う行動。

よくない、浴衣に似合わないと気づいてほしい。

と感じます。

和装なのに、裾をザバザバさせて大股で歩く。

ザバザバにあわせて足がザバザバ見えて、素敵じゃない。

袖をたくし上げ、ねじって浴衣がノースリーブ化。

電車の吊り革につかまるときなど、手を上げるときは、

反対側の手で袖口を押さえ、二の腕は見えないようにするものなのに。

……和装の優雅さ、台無し。

例えば、洗面所や水まわりで袂が濡れないためには、

帯びの間に先をはさんでおけばいいのだから、ノースリーブ化する必要はないはず。

せっかく浴衣でいつもと違うオシャレをするなら、

行動を含めて最も素敵に着こなすほうがいい。

背筋の伸びたきれいな姿勢で歩く。

優雅を意識する。別にゆ~っくり行動しなければいけないのではなく、

頭の片隅で曲線をイメージしながら動くと動作が優雅になる。

その他、普段、懐紙を持ち歩かない人でも、

そっと袂にしのばせる。扇子、かんざしなどの小物を楽しむ。

そうして和の装いを自分なりに演出することで、

和のオシャレを味わう気分がアップして、楽しいのではないかなぁって思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

ポイント

孫でもない人が、「おじいちゃん、おばあちゃん」と呼ぶのに違和感を覚えます。

しかも、「おじいちゃ~ん」、「おばあちゃ~ん」と幼い子供に話すような口調だと、

間違ってる! と言いたくなります。

名前で呼ぶべき。人の誇りや尊厳は大切にしましょうよ!

祖母は、生涯、誇りを大切にし、社会への関心を持ち、オシャレ心を忘れず、

“ギブ・ミー”ではなく、“フォー・ユー”の人。女性らしさを大切にした人でした。

亡くなって10年以上経つ今でも、女性であることを大切に歳を積み重ねていく上で、

祖母は、見習いたい私のお手本です。

過度に、美肌を追求したり、スタイルを気にしすぎたり、

時を止めようとするのではなく、自分を整える。

時の積み重ねにより磨いてきた内面に見合うように、

外見も自分を律し整えて、よくあろうとする。そのたしなみ自体が美しい。

そういう素敵な人生の先輩に出会うと嬉しくなる。

2月に病院で出会った女性もそう。

検査室の前の待合に、70代とおぼしきご夫婦。

ご主人が検査室に入って間もなく、「素敵な黒髪ね」と声をかけられました。

それをきっかけに、順番待ちの間、髪のお手入れについておしゃべりをご一緒し、

話に花が咲きました。

いくつか、お手入れ法にこだわりをお持ちで、

☆ナイロンのブラシは使わない。

☆定期的に、美容用のオリーブオイルを少量つけてブラッシング。

☆オリーブオイルは、相性の良い、お気に入りのものを長年愛用。

☆シャンプーやリンスは、「これ!」と決めずに、新しい商品を発見したら、試して楽しむ。

などを大事になさっているそうです。

彼女は、シンプルなショートヘア。

特別凝ったことをしているようには見えませんが、

やわらかいシルバーの髪を“丁寧に慈しんでいらっしゃる”。

お手入れを楽しんでいらっしゃるお心が伝わってきます。

お話の中で、「私のポイントは髪なのよ」という彼女の言葉に、ハッとしました。

ファッションは、全身を飾りすぎるとポイントがなくなる。

素敵さがぼやける。それと同じで、

身だしなみを整えた上で、オシャレを楽しむために、

“自分にとって”のポイントを持つことの大切さ。

ひとときのおしゃべりの中で、教わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

イメージカラー

朝、風邪気味で調子が悪かったせいかもしれない。

意味はなく、なんとなく選んだ服は黒のワンピース。

「今日、誰かの命日ですか?」と知人に尋ねられました。

デジャブ。

数年前にも、たまたま黒いワンピースを着ていたら、

「あれ? おばあちゃんの命日……じゃないよな」と兄に言われたことがありました。

何気なく着たワンピースで「葬」を連想されてびっくり。

確かに、上下どちらかが黒。

ストッキング、靴、カバンと、どこかに黒を用いても、

全身が黒ということはほとんどありません。

どなたかのお葬式に参列するときか、祖母の命日くらい。

その祖母の命日も去年まで。去年の13回忌を一区切りに、

私なりの「喪」をやめました。

なので、たまたま、寒いし、喉痛いし、とローテンションで服を選んだら黒だった。

ワンポイントで明るい色も使わなかった。

それだけなのですが、人から見たら「喪?」と思えたようです。

(ちなみに、私が着ていたワンピースはニットなので、お通夜やお葬式で着るのはNG)

気になったので他にも何人かに尋ねてみると、

黒のイメージがないらしい。

男性も女性も、素敵だなと思う方が黒を纏うと、なんとも洗練されていてカッコイイ。

私の中で、黒は上質な大人のイメージ。

黒を着て「葬」を連想される32歳。

まだまだなんだなぁと痛感しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

100%一目惚れ

秋冬の楽しみ。

帽子。

大好きな帽子を存分に楽しめる季節。

春夏の帽子も好きですが、秋冬モノのほうがより好きです。

服も靴も小物も、買うときは慎重に。

本当に必要か。手持ちのワードローブとマッチするか。

どのくらい長く愛用できるか。

などを考え、数日経ってもやはり好きで、ほしいと思えば購入。

帽子は別。

100%一目惚れ。

パッと見た瞬間に恋に落ちるものしか買いません。

もっとも、「素敵!」と思っても、お値段も立派過ぎて、

手も足も出ない。片思いで終わるものも多いですが。

無理のない値段。一目惚れ。

となると、なかなか現れない。ここ3年は新顔なし。

いちばん長い相棒は、ハタチのときに買ったもの。

頻繁に被るわけではないので、しっかり保管すれば持ちますね。

くたびれることなく、元気に出番を待っています。

少数精鋭ちゃんたちへの愛情は変わりませんが、今年は新しいものがほしい!

ということで、探しました。

50軒近くまわって、発見。購入決定。

しかし。

ここで問題発生。

3色ある…。

黒、茶、グレイッシュピンク。

どれ?

はじめは黒と茶しか見えなかったので、2色で検討。

茶色に決めたところで、棚の端にグレイッシュピンク発見。

同じくらい気に入ってしまいました。悩みます。

鏡の前で何度も交互に被ってみます。

視線を感じてハッと振り返ると、遠くで店員さんが微笑んで見ています。

「納得いくまで試着して、選んでください」という心の声が聞こえるよう。

その笑顔は、お遊戯会の我が子を見守る母のよう。

(店員のお姉さんは間違いなく20代前半。母というより妹…)

なんだか急に恥ずかしくなります。

ええい、直感。

両方いっぺんに見て、より強くほしいと思ったグレイッシュピンクを購入。

気に入ったものを買うと、どうしてこうウキウキするのでしょう。

ここ数日、毎朝、新たに加わった帽子を見て、ニッコリ。

気分のいい、1日の始まりです。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年7月 4日 (水)

突然、さよなら

指輪を失くしました。

先日、ウィンドーショッピングの最中に気づきました。

7年身につけていたピンキーリング。

小指から消えています。

探せるだけ探してみましたが、如何せんどこで落としたのかわからない。

見つかりませんでした。

もともとサイズが合っていなかったので、

何度かスポッと抜けるピンチはありましたが、手元にあり続けた。

身につけていると安心するというか、お守りのような存在。

小さなブルームーン・ストーン(きっとイミテーション)がついた指輪。

一期一会で買いました。

0号は取り寄せになると言われ、一瞬悩む。

お店は苦手な渋谷。後日来るのも嫌だな…。

1号をはめてみると、少々ゆるいものの、振ってみても落ちない。

大丈夫だと言い聞かせて購入。

それから7年。

突然、消えてしまった指輪。

悲しいというか、寂しいというか、切ない。

でも。

擬人的ではありますが、失くしたのではなく、去っていったのではないか。

ブルームーン・ストーン。月の石。

誕生石は火の、太陽の石。

先週“火の女”だと書きました。

お守りのように身につけていたピンキーリング。

喜怒哀楽、悲喜交々。いろいろな私を見守ってくれていた。

太陽の下に戻りなさい。もうお守りはいらない。

大丈夫なはず。じゃあな、がんばれよ。

と、去っていったような気がしています。

今度ピンキーリングをするときは、お守りにせず、

単純に好きで楽しめるものにしようと思います。

役目は終わったと離れていった指輪の判断。

それが間違いにならないよう、しっかりがんばりたい。

ヒョイッと一期一会が訪れるまで、小指は空席。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2007年4月23日 (月)

プラスのマインドコントロール

「そういう服着てみたかったなぁ」

10代の頃、パステルカラーの服を着た私に、母が言った言葉。

「着たらいいじゃない」と言うと、

「今更、着られないわよ」

はい、でました。私の嫌いな言葉。しかも続けて

「お母さんは明るいやさしい色は似合わないから」

なんですと?

似合わないもなにも、そういう色をほとんど着ていないじゃない。

納得できず話を聞いてみると、昔、服を買いに行ったときに原因が。

素敵なやわらかい雰囲気の服を一目で気に入った母。さっそく試着。

試着室から出てきた母を見て、一緒に来ていた祖母と店員さんの表情が、

似合わないと言っているような気がしたのだとか。

そのまま別の服を勧められ、自分には地味な色があっていると思ったのだとか。

NO!!!!! 

「そうかな。パステルカラーもやさしいデザインも似合うと思うよ」と言っても、

自分には似合わないと信じきっています。

地味な色を勧めた店員さんが正しいと信じきる。素直にもほどがある。

でも、ということは、逆にそんなことはないと信じさせればいいわけです。

ということで、以来、母の日・誕生日・クリスマスに、

“着たかったけれど着られなかった”であろう感じの服をプレゼントし続けています。

「無理。似合わない」という母に、「せっかく買ってきたのに」

「絶対似合うから着てみてよ」と促します。

着てみて、恐る恐る登場。

「似合わないでしょ?」と不安そう。

似合っているので、「似合ってるよ」と言います。

私がお世辞を言わない人間だと知っている母は、

きっぱり言い切る私の言葉に、少し顔が明るくなります。

鏡の自分を見てみます。似合わなくもないのかなぁ~という表情。

トラウマと思い込みは手強い。プレゼントするたびに、

「これは無理よ~」「着る勇気がないわ」と消極的な発言。

そのたびに、「似合わないと思った時点で服が逃げるよ!」

「着たいなら似合う!」「服にのまれなきゃ着こなせる!」

まるでボクサーとトレーナーのよう。

「立て、立つんだジョー!」

そんな気分で自信をもたせようと促し続けます。

すると、徐々に人に服装を褒められることが増えるらしく、

そのたびに嬉しそうに話してきます。

2年前の冬には、

「1度でいいから、やさしいピンクのコートを着てみたかった」とポツリ。

ちょっと、何エンディングに向かうようなことを! 縁起でもない。

ネガティブ禁止! と、“やさしいピンク”というキーワードで探してプレゼント。

コートを見て、はじめは「どうしよう」と言っていた母。

纏ってみて、ついに! 何年もかけて、ついに!

自信をもった言葉がでました。

「ね、ね。結構似合ってない?」

うんうん、似合ってる。

夢を叶えて、コートを着て街を闊歩してくださいな、母上。

先日も「いつもおしゃれに気を配っていて素敵ね」

と、お友達に褒められたと嬉しそうに話していました。

いいなと思う服なら、ダメだな、合わないなと決めてしまうのはもったいない。

思い込んでいるだけで合うかもしれない。

もし、なんとなく合わないかもと思っても、

工夫次第でとても似合うアイテムになることだってある。

好きなものを纏わなきゃ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

女心、春の色

女は灰になるまで女

もう春。

春物の服、どんな感じがいいか考えると、やや浮き足立つ。

立ち寄ったショップでかわいい靴下を見ながら、

小物もいくつかほしいアイテムがあるな~、とさらに浮く足。

店内をキョロキョロしていたら、かわいいスカート発見。

お値段はリーズナブル。

手にとって見ていると、背後から「あら、かわいい」という声。

振り返ると70代らしき女性。

スカートを手に取り、自分に合わせてみる。

白地にやわらかい配色の模様が散りばめられたスカート。

茶系でまとめられた服をお召しになっているところに、春を告げるスカート。

ぱあっと明るい雰囲気に変わり素敵なので、「あ、素敵」と申し上げたら、

はにかみながら「そう? でも若い人のものだから…」。

お店は10代~20代半ばくらい向けの雑貨屋。

スカートの中にはピンクやペパーミントグリーンのミニスカートや、

ロングでも「若い!」というものが多い。

でも、彼女が手に取ったスカートのように、

大人が着れば違った雰囲気がでるものもある。

60代、70代の女性が、パステルカラーを纏う。

足し引きが身に備わっているから、甘すぎずなんともエレガントで素敵。

とてもよくお似合いなので、

「そんなことないです。お似合いですもの…素敵ですよ!」と、

まるで店員のように、おススメ。

最初に手にとったときは、かわいいけれど着られないわね、という感じでしたが、

何度もスカートを眺め、次第に目が輝きだす。

その後、電車の時間がせまっていたので私は店を出ましたが、

振り返るとじっとスカートを眺めていらっしゃいました。

やさしい色合いのスカートで、春を満喫されるといいなぁ。

祖母も最後までおしゃれへの関心が高く、

ファッションへのアンテナを持ち続けていました。

亡くなる少し前、高校を卒業したばかりの私に、薔薇の形のネックレスをくれました。

「いつか身につけてね」と。

18の私には不似合いでしたが、今なら気負わずに合わせられる。

春色の装いに合わせて自分なりの春、おしゃれを満喫したい。

とまたまた浮き足立つこの頃です。

| | コメント (8) | トラックバック (1)