2006年9月14日 (木)

ミクロとマクロ

ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン

ラグビーの精神でよく聞く言葉。

子供の頃から、ラグビーを観るのが好きです。

と言っても、ゴロゴロしながらテレビで観るだけですが。

いまだに細かいルールはわかっていません。

ただなんとなく、チーム一丸となって進んでいく感じが好きなのかもしれません。

チームメイトを信じて、ボールをつないでつないでいかなかれば、点は取れませんから。

高校1年のとき、現代社会の時間が大好きでした。

普段は教科書どおり授業が進行しますが、時々、

先生のオリジナルで社会を教えるといいますか、

関心を持つように導いてくれる授業がありました。

その中で「ミクロ・コスモスマクロ・コスモス」という話がありました。

「小さい宇宙と大きい宇宙」を「自分のパーソナルな世界」と、

人と共有する世界(社会)」と捉えて話が進みます。

大人になると、ふたつの世界のバランスをうまくとることが、

高校生の今より重要になってくる。

ひとは、どちらかの世界だけで生きることはできない。

どちらも大切な世界。

ミクロ・コスモスをつくりあげながら、マクロ・コスモスに関心を持ち続け、

ふたつの世界を存分に味わって生きていってほしい。

というような内容の授業でした。

この授業を受けたとき、ラグビーの「ワン・フォー・オール~」を思い出しました。

ミクロとマクロのふたつの世界。

どちらのほうが大切ということではなく、どちらも大切だということ。

マクロ・コスモスの中で、ミクロ・コスモスを持って生きている。

そこに、ラグビーの

ひとりはみんなのために。みんなはひとりのために」があったら素敵だな、と。

冬になると、みかんを食べ食べラグビーを観ては、「ワン・フォー・オール~」を

思い出す。

素敵な言葉。

ラグビー、もっと広がらないかな~。

サッカーや野球並みに観戦人口増えないかな、と毎年願っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)