« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

まずは心に栄養を

ネガティブな言葉をポジティブな言葉に。

使う言葉ひとつが心に与える影響はバカにならない。

少し前にお話しましたが、アンチエイジングを否定し、

対極としてのウェルカムエイジングではないです。

対決的な意識はありません。

ひとの魅力の選択肢を増やすために、毎年積み重ねる歳を「ウェルカム」するのも、

ひとつのあり方だと思うのです。

歳月により失うものがいくつもある裏側には、

歳月により生まれ育まれるものがいくつもある。

それを活用しないのは、もったいない。

歳月がもたらしてくれるものを活かすために、

進歩し続けるエイジングケアで、健康を大切にする。

それと共に、身体へのエイジングケアと並行して、心にも栄養を注ぎたい。

そのひとつとして、言葉を使いたい。

どうするのか→エイジングケアを楽しい表現にしてみる。

しなやかに軽やかに身体を動かすためには、柔軟な身体のほうがいい。

身体は冷えていると動きが硬くなるので、身体を温めてやわらかくする。

心も同じでは。

そう思い、エイジングケアに関しても、身構える言い方で硬くせず、

楽しい表現で心を温め、やわらかくしたい。

そうすれば、エイジングケアにもよい効果が出やすいのではないかと。

心に栄養を注いで行なうエイジングケアは、

日々の暮らし、ひいては人生を豊かなものにできる力があると考えます。

ならば、エイジングケアも、歳を積み重ねていくことも、歓迎したい!

ということで、ウェルカムエイジングと呼ぶようになりました。

次回は、ウェルカムエイジングとした意味を、もう少し具体的にお話します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

たかが言葉、されど言葉

歳をとる→歳を重ねる、歳を纏う

もう○○歳→やっと○○歳

など、ネガティブな言葉はポジティブな表現にしてみる。

マナーでも、人を傷つけない表現をすることが大切。

背が低い人→小柄な人

ケチ→倹約家

太っている人→恰幅のよい人

などの言い方が印象を和らげます。

たかが言葉、されど言葉。

あれやこれやと言い方を変えてみる。

ただそれだけのことが心に与える影響は、意外に強いように思います。

ひとは言語を使って生きている。

たかが言葉ひとつで、気力を削ぐこともあれば、やる気にもなる。

悲しくもなれば、明るくもなる。

怒りを覚えることもあれば、嬉しいこともある。

心がすり減ることもあれば、心が満たされることもある。

使う言葉によって、ひとを致命的に追い込むこともあれば、救うこともある。

せっかくなら、活力ある言葉を使うほうがいい。

例えば10キロ先まで歩くとき、「まだ5キロもある」と言うか、

「もう5キロ歩いてきた」と言うかで、心への影響は違うと思います。

まだ5キロもあると考えるのと、もう5キロは歩いた(5キロは終了している)と考えるかで、

足取りの軽やかさに違いが出るのでは。

心に効果的な表現のほうが絶対にいい!

活力を生む言葉を使って自分を活かしたい。そして、

ひとは人と人の間で生きている以上、コミュニケーションは重要。

ひとに対して、思いやりを持ち、活力ある言葉、あたたかい表現が出来れば。

みんなが実行すれば、よいコミュニケーションの輪が広がるのではないでしょうか。

思いやりやコミュニケーションなど、話がマナーとfor you楽のほうへ流れました。

次回、ウェルカムエイジングでの言葉に話を戻します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

アンチエイジングが極まって、さて

女性たちはアンチエイジングを選んだ。

ひと昔前くらいまで、ある程度の年齢になると、

「おばさん」という呼び方で、女性の魅力は切られていました。

しかし、アンチエイジングの登場で、女性は立ち上がった。

年齢で自分を切らず、磨いていく。

その努力の賜物でしょう。

おばさんと言われる呼称を脱ぎ捨て、キラキラ輝く女性が増えている。

その在り方はエイジレスなひととされ、実年齢より若く見えるひとが多い。

長きに渡る、若さ至上主義に閉じ込められていた、

「女は灰になるまで女」であるという真実。それを取り戻した。

取り戻し始めてから、しばらく経ちますが、若さに軸を置いた美しさは、

ある程度円熟し、極めたのではないでしょうか。

そろそろ、別角度にも目を向けていい頃合のような気がします。

若さ至上主義が長すぎて、「若さ」が呪縛になっているような。

女性の魅力を狭めてしまっているような。

若い(若く見える)だけが、美しさをつくるなら、本当に若い人だけが、

真にキレイだということになる。

・・・・・・・・・・・・・・・。

そうかなぁ。どうしても、そう思わないんです。

女性の魅力・美しさを、円グラフで考えてみると、

これまで言われてきた部分は、円のすべてではない。

まだまだ他の要素があるはずです。

アンチエイジングを選び、年齢で自分を切るのをやめた。

アンチエイジングによって、若さに軸を置いた輝きは円熟期を迎えた。

その自信を胸に、円グラフの残りの部分を磨いていく。

そうすれば、女性が女性であることをより楽しめるし、誇れると思うのです。

そういう時期にきているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

若さ至上主義が女性に選ばせたもの

前回お話した、困った風潮とは、若さ至上主義

私が~おばさんにな~っても♪ と歌う曲がありました。

歳を重ねた女性より、若い女の子の方がキレイでよいものだとする、

若さ至上主義が象徴的に表れている気がします。

私がおばさんになっても、ホントに変わらない?(変わらずに愛してくれる?)

という問いには、ずっと愛されたいという願いのほかに、

何年・何十年後のおばさんの私より、

若い今の私の方がキレイだという考えが感じ取れる。

なぜそう考えるのか。

ある程度、歳を重ねたひとよりも、若いひとのほうが美しい。

若い=キレイという、若さ至上主義ともいえる価値観が、長きに渡り定着しているから。

世の中全体に、このような感覚が漂っていることが、

「若くなくなると女性として終わる」ような強迫観念を、

女性たちに植え付けているのではないでしょうか。

歳を重ねても、輝いていたい。キレイを保ちたい。

年齢で自分を切りたくない。諦めたくない。

その対処というか、解決策として女性たちが選んだのが、

アンチエイジングなのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »