« 再開 | トップページ | いつまで経っても、いつもゼロ »

2010年10月17日 (日)

学んで、心得て、好いコミュニケーション希望

これからお話していくなかで、「心得」という言葉をたびたび使用します。

心得→辞書によると、

☆技術・技芸などを習い修得していること。たしなみ。

☆何か事に当たる場合に、わきまえておくべき事柄。

☆気持ち、考え方。

また、心得るは、

☆ある物事について、こうであると理解する。わかる。

☆事情を十分知った上で、引き受ける。承知する。

☆すっかり身についている。

☆気をつける。用心する。

とあります。

もちろん、これらの意味で使うのですが、

「心得」という漢字から私が感じたことを含めての使用です。

ということで、心得という言葉について私が感じ、考えたことは。

以前、「ルールはこころ!」という記事で書いたのですが、改めて。

何かを学ぶ、身につけることは“心得る”という。

心を得る。

何かを教えてくれた人の心を得る。関わった人の心を得る。

学んだ物事に対しての、自分の新たな心を得る。

それが生きていく上で、すべてにおいての意義であり、要なのではと書きました。

理解する、身につけるなど学び修めることの裏側に、

心という字を使っている理由があるように思うのです。

自分の心。関わる人の心。

知る物事・自分に起こる物事など現象の心(意味)。

それらの心を得ることの大事。

また、人の心は、相手をよく見て気持ちや状況を察し考えなければ得られない。

相手のことを考え、察する努力をする。

これは辞書にあるとおり、理解すること、わきまえることを示しており、

コミュニケーションにおいて大事な基本。人間関係のたしなみ。

つまり、心得には、

①コミュニケーションにおいて“察する”ことの大事。

②どんなことにも“心”があり、それを得ていく面白さ、味わい。

という意味があるのでは、と解釈。

ということで、このブログで使う心得という言葉は、

通常の意味に、「察すること」「心を得ること」の2つの意味を含みます。

|

« 再開 | トップページ | いつまで経っても、いつもゼロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/37271098

この記事へのトラックバック一覧です: 学んで、心得て、好いコミュニケーション希望:

« 再開 | トップページ | いつまで経っても、いつもゼロ »