« いつまで経っても、いつもゼロ | トップページ | 若さ至上主義が女性に選ばせたもの »

2010年10月31日 (日)

アンチエイジングをアンチするものではなく

ウェルカムエイジング。

別にアンチエイジングをアンチしてウェルカム、ではありません。

アンチエイジング→「抗老化」「抗加齢」。

さまざまなエイジングケアで、「いつまでも若く」というキーワードが出てくる。

この場合、「若い」というのは、「イキイキ生きたい」、つまり、健康に元気でいたい、

ということを指していると考えます。

誰だって、生きている間は元気でいたい。

日々を充実させるためには、自分を活かすためには、健康は大切。

元気に動ける。健康で活発に過ごせる。そうありたいと願う。

月日を重ねれば、若い頃より瞬発力がなくなったり、疲れがとれにくくなったり、

体の調子が悪くなったり等など、健康上の問題が起こりやすくなる。

エイジングケアが発達して、健康問題の助けとなることは素晴らしい。

エイジングケアをおおいに活用することで、心も明るくなる。

積み重ねてきた自分を活かしたライフスタイルを満喫できる。

大大大賛成です。

私がアンチエイジング?と、違和感を感じたのは別角度のこと。

「美」に関係した部分です。

女性が美しくありたいと思うのは当然。

できる限りキレイでいたいし、自分なりのキレイをいつまでも保ちたい。

最大限よくありたいと“自分なりの美の追求”は、私も大切にしたい。

女は灰になるまで女。女性のブラッシュアップは生涯続くこと。

続けるべきだと思うし、私は続けます。

「違和感」というのは、女性の大切な願いを邪魔する、脅かす困った風潮、

あるいは現象というか、それに対してです。    続く……。

|

« いつまで経っても、いつもゼロ | トップページ | 若さ至上主義が女性に選ばせたもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/37475640

この記事へのトラックバック一覧です: アンチエイジングをアンチするものではなく:

« いつまで経っても、いつもゼロ | トップページ | 若さ至上主義が女性に選ばせたもの »