« コタツの主 | トップページ | バトン »

2008年11月28日 (金)

マナー小話

☆マナーとジェントルマン

ジェントルマン(教養ある立派な男性)は、ジェントリー(大地主)が語源。

イギリス貴族の条件は、大きな都市を所有していることで、

大地主でなければ貴族にはなれませんでした。

それからもう1つ、その地域の人々に対しての功績があること。

そのため多くの地主は、教会・病院・学校・図書館などの施設を居城の周りに建てた。

地域貢献と博愛精神、周囲の尊敬を集めるマナーを身につけている人に、

「ジェントルマン」の資格があるとされたそうです。

ゆとりのある人は、余裕をもってひとを思いやることができるはず。

また、ゆとりのある人でなければできないこと、

ゆとりのある人だからこそできること、というものがたくさんある。

ゆとりのある人、というのはひとに憧れられやすい。

そういう人の“影響力”というものは、良くも悪くも強い。

何かひとのため、社会に貢献するようなことなどをしたら、

いいことなのだから、ひとに見せていいのでは。

日本はどうも、偽善、売名などせっかくの機会を、

ネガティブに封じる傾向があり、もったいない!

服装や習慣など、西洋的なものが当たり前の現代。

紳士淑女の資格も、取り入れる時期ではないかしら、と思うのです。

|

« コタツの主 | トップページ | バトン »

コメント

蓮さん、お早うございます。
コメントありがとうございます。
ジェントルマンにレディ、そんな紳士淑女は過去の存在?と思わざるを得ない昨今ですね。
一人ひとりが陰徳を積んで、ステキな社会になるといいのですが…。

投稿: グッピーちゃん | 2008年11月29日 (土) 08時24分

グッピーちゃん、こんばんは☆
紳士淑女ってとても素敵だと思うのですが、
どうも社会全体、若さへの傾倒が強すぎるようで。
紳士淑女が死語になってしまうのはもったいない!
大人の国、素敵な社会になることを願い、信じたいです。そして、淑女を目指して頑張りたいです!

投稿: 蓮 | 2008年11月30日 (日) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/25729226

この記事へのトラックバック一覧です: マナー小話:

« コタツの主 | トップページ | バトン »