« 坂本龍馬 | トップページ | 確信 »

2008年11月 6日 (木)

秋の夜長に

就寝前に何か本が読みたい。

小説を読むと、おもしろければ読みいってしまう。

キリのいいところまで、と思っても、一体どこでキリがいいと思えるのか。

眠る前は、気軽に読めるものがいい。

だから、リラックスして読めるものを選ぶようにしています。

ここ数日は、何年も前に古本屋で買った、

「名言名句の辞典」をふと思い出し、読み返し中。

辞典だから、順を追って読む必要はないし、

パラパラと気ままに読みたい箇所を遊べるところがいい。

この辞典では、作家、詩人、思想家、哲学者、歌人、俳人など、

様々な人の言葉、作品中の言葉が解釈・解説付きで紹介されています。

辞典中の「人生というもの」というくくりの章にあった言葉。

人生を幸福にするためには、日常の瑣事を愛さなければならぬ

芥川龍之介「侏儒の言葉」より引用。

日常の何気ないこと。些細なこと。日々過ごす時間。

それが大切! だと思っているので、嬉しくなってリラックス度が増し、

やや眠気がやってくる。

その後2ページ読んだところで、そろそろ眠るかなと思いながら、

次のページをめくったところで、目に入った言葉。

人生は、どうせ一幕のお芝居なんだから。

あたしは、その中でできるだけいい役を演じたいの

寺山修司「毛皮のマリー」より引用。

眠気が訪れていた頭で、なるほどなぁとぼんやり思う。

なにも世の中でいい位置にいきたいのではなく、人より優位ということでもない。

自分の人生のなかで。自分の“人生という劇場”での話。

できるだけいい人生を生きたいと願う気持ちは、誰のなかにもあるはず。

私の人生のなかで、できるだけいい“役”を演じたいと願います。

例えばお芝居が5幕構成だとしたら、1幕2幕が悲しい役や辛い役だとしても、

5幕が寂しいものだとしても、3幕4幕をいい役で、いいものにしたい。

なんていう風に。

日常が、些細なことが大切

人生の芝居でいい役を演じたい

どちらも真理だなぁ。

おもしろいなぁ……なんて考えながら、ウトウトと眠りについた秋の夜長でした。

|

« 坂本龍馬 | トップページ | 確信 »

コメント

蓮さん、お早うございます。
読書、ついつい続きが読みたくて、夜更かししてしまいます。色んなジャンルの本を読むことは、自分自身に貯金をしているようなものだと思うことがあります。感性を磨く…まではいかないけれど、自分にとってプラスになっているはず!
でも、ついつい自分の好きな本ばかり読んでしまう私です。

投稿: グッピーちゃん | 2008年11月 8日 (土) 08時21分

グッピーちゃん、こんばんは☆
色々なジャンルの本を読むことは、自分のプラスになる!
本当にそうですよねsign03
好きな本、勉強したいと思っていることについての本はもちろん、
幅広いジャンルの本を読みたいと思っています。
でも、読んだことのないタイプの本を買っておいて、その前に…と、好きな本を読んでしまうこと、
結構ありますcoldsweats02
“好きなもの”は魔物ですねcoldsweats01

投稿: 蓮 | 2008年11月 9日 (日) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/25085344

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長に:

« 坂本龍馬 | トップページ | 確信 »