« おいしいご飯 | トップページ | 和洋・マナーのルーツと今 »

2008年10月20日 (月)

金色の野

週末、箱根・仙石原に行ってきました。

今度、お友達に誘われて山登りに行くという母。

久しく遠出していないので、体力が心配らしい。

行楽のウォーミングアップ(?)のつもりでちょっと出かけてみないかと提案。

1度行ってみたかった仙石原のすすきに向けて出発。

新宿からロマンスカーに乗って約1時間半で、箱根湯本に到着。

そこからのルートは、

登山鉄道→ケーブルカー→ロープウェイ→登山バスと乗り継ぎ、仙石原。

途中、ロープウェイで、高所恐怖症にも関わらず、端に乗ってしまい、

中間地点の大涌谷に着くまで生きた心地せず。

少々、大涌谷を散歩して気を取り直し、芦ノ湖畔の桃源台にて昼食。

芦ノ湖の別の地点ではありますが、箱根駅伝は東京・大手町から芦ノ湖まで、

学生たちがタスキをつないで走っていく。

いくつもの乗り物を乗り継いでやってきたこの芦ノ湖まで、彼らは走ってくるんだなぁ。

芦ノ湖はそんな学生たちをずっと見てきたんだと思うと、少々感動。

さて、芦ノ湖の桃源台をあとに、いよいよ目的地・仙石原。

予想以上に溢れるすすき。

あたり一面、見渡す限りすすき野原。

そよそよと風に揺れ、光が差すと、黄金色に輝きます。

子供の頃に観た映画『風の谷のナウシカ』のクライマックスシーンの言葉。

その者、青き衣を纏いて金色の野に降り立ち…

をパッと思い出し、

♪ラン、ランララランランラン♪ という歌が頭の中に流れ出す。

「金色の野だ~」と浮かれます。

もちろん、青き衣の勇者などはおらず、大勢の観光客と共に、

すすき野原を眺め、すすきの中を歩けるようになっている小道を散歩。

小道を歩いてみて、なかに入ってしまうより、全体を見渡す方が圧巻で楽しいと結論。

雲で光りが差さなくなる前に、最後にもう1度しっかり全体を眺め、バスで強羅へ。

そこから登山鉄道で箱根湯本→ロマンスカーにて箱根をあとにし、帰路に着きました。

|

« おいしいご飯 | トップページ | 和洋・マナーのルーツと今 »

コメント

蓮さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ススキの野原をかけめぐる…なんだか、キツネが跳ねている風景を思い浮かべました。
つい先日、とある番組で、黄金のススキを見るツアーをやっていて、とても美しい風景にうっとりしたので、
きっと蓮さんもあのようなステキな風景を目の当りにされたのだと…。
箱根方面は、これから紅葉が美しくなるので、もっと観光客が増えるのではないでしょうか?
う~ん、私もどこか旅行へ行きたいです~!

投稿: グッピーちゃん | 2008年10月21日 (火) 12時51分

グッピーちゃん、こんばんは☆
またお返事が遅くなってしまいました。申し訳ありません!
「見渡す限りススキ」という風景を見るのがはじめてだったので、圧巻でしたhappy01
本当に、キツネが跳ねて駆け回ったら似合うだろうなぁという感じの草原でしたnote

登山バスで乗り合わせた方に、
「紅葉の箱根もいいですよ~」とススメられました。
いつかまた、紅葉の時期に訪れることができたらなぁと思いますsign01

投稿: 蓮 | 2008年10月23日 (木) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/24633656

この記事へのトラックバック一覧です: 金色の野:

« おいしいご飯 | トップページ | 和洋・マナーのルーツと今 »