« 野次 | トップページ | 花 »

2008年10月 6日 (月)

時々

野菜や果物は時期を問わずに口に入る昨今だが、

あの芳香は季節の記憶をよびさます。

キンモクセイの香りを味わったときのことを綴った、新聞記者の言葉です。

この記事を読んで、キンモクセイの香りを思うと同時に、

「あの芳香は季節の記憶をよびさます」という言葉に共感。

四季折々の自然は、季節を感じさせてくれる。

時が経てば姿を消してしまう、時季限定で出合える自然。

また次の“時季”を待たなければならない。

だからこそ、また出合いたくなるし、再会したときの喜び、幸せを得られる。

梅、ミモザ、白木蓮、桜、紫陽花、ひまわりなどの花。

清々しい気持ちをくれる新緑。

寒さ厳しい冬に佇む裸木が醸し出す潔さと寂寥は、

気持ちの居住まいを正してくれる。

改めてそんなことを考え、季節の偉大さ、四季がある幸せを思います。

そして、“時季”を“時々”という言葉に置き換えてみる。

「時々」は、生きる中で、メリハリを利かす大事なことかもしれない。

時々出合える舞台、映画、絵画、写真などなど。

時々行ける旅行。

時々できる、ちょっとフンパツした外食。

時々(極まれに?)できる思いきった買い物。

それから、時々より難しい(なかなかめぐり逢えない)ご縁。

みな、時々だからいい。

容易くないからいい。容易くないほどいい、のかもしれない。

時々があるから、てんこ盛りのままならないことも、受けとめることができる。

物には必ず“裏”がある。

時々があるから、裏側の毎日にいろいろなことを発見できる。

大切にしなければと気づける。

小さな幸せで笑うことができる、気がする。

表と裏の両方に、生きている喜びがある。

そう思えば、時々さまさま。

目下、時々の紅葉が見たい。どこかで見られるかしら。

|

« 野次 | トップページ | 花 »

コメント

蓮さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
今年は柿が表年の年だそうです。西条柿の出荷も始まったとテレビで放送されており、吊るし柿をたくさん作ってくれていた祖母の事を思い出す今日この頃です。
キンモクセイからも祖母を思い出す私…祖母宅の玄関の前に大きなキンモクセイの木があり、香りと共に私の記憶を呼び起こす?
紅葉、そろそろこちらでも色づき始めました。京都の紅葉を見に行きたいグッピーですhappy01

投稿: グッピーちゃん | 2008年10月 9日 (木) 12時20分

グッピーちゃん、こんばんは☆
柿やキンモクセイの香りとともに、おばあさまの思い出と逢える秋なんですね。きっと他の季節でも、その時季だから出逢える思い出があって。また季節が巡ってきたときに思い出せる…。そういうことって大切にしたいですよね。
秋ではないのですが、花とおばあちゃんというと、私は春になると、フリージアで祖母を思い出しますhappy01

京都の紅葉sign01私も1度見てみたいですsign03実はまだ京都を訪れたことがなくて。
今年は行けそうにないですが、必ず京都の紅葉を見たい!というのが夢です。

投稿: 蓮 | 2008年10月 9日 (木) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/24314488

この記事へのトラックバック一覧です: 時々:

« 野次 | トップページ | 花 »