« 大陶器市 | トップページ | 金色の野 »

2008年10月16日 (木)

おいしいご飯

食いしん坊。

食べることに目がない。

何が好きか、気分によって好物も変わる。

しかし、究極的にいちばん好きなのは、やっぱり、

ご飯! お米!

数々の好物たち。

皆、単品でというよりは、ご飯と一緒に食べたいものばかり。

たかがご飯、されどご飯。

いや、たかがなどと言ってはいけない。

ご飯さまさま。

先日行った大陶器市にて、「萬古焼のおいしいごはん鍋」なるものに遭遇。

昔ながらのおいしいご飯が炊ける。炊き時間も3合で15分ほど。

5合炊きでも20分足らず。しかもカマドで炊いたようなおいしいご飯、らしい。

カマドでご飯を炊いていた時代を知らない私。

昔ながらのご飯は炊飯器のご飯とは違う、と年配の方たちがおっしゃるのを聞くたび、

ちょっと羨ましく感じていました。

母も、子供の頃の思い出として話していたことがありましたが、

鍋で炊くならではの「おこげ」がいいらしい。

昔ならではのご飯が食べられる鍋……、魅力的。

買おうかどうか迷いに迷い、その日は買わずに帰宅。

即決しなかった理由は、お店に張り出されたチラシに、

ホームページにてレシピ紹介と書かれていたため。

ホームページがあるということは、今買わなくても買える。

それに、他にも同じような鍋はあると思うので、少し研究してから買っても遅くない。

帰宅後、居間のマガジンラック内の、「暮らしの風」という冊子

(朝日新聞購読者に届くもの)が目にとまり、手にとってみます。

特集は、「お米を食べよう」というもの。

おいしいご飯を食べたいという人が増えており、

土鍋で炊く方法が見直されているというもの。

鍋で炊くご飯のよさ、炊くときのちょっとしたコツが説明されている。

ご飯鍋に興味を持ち、どんなものを買うか研究しようと思った日に、

お米を食べようという記事を読んだ。

これは、意味ある偶然かもしれない。

ちょこっとネットで検索してみると、萬古焼に限らず、いろいろな鍋がある。

南部鉄器の鍋やホウロウ鍋などさまざま。

“昔ながらのおいしいご飯”、“炊飯器とひと味違うご飯”のために、

じっくり検討し、さらに調理器具を扱う道具街などで現物を探して、

見て、手にとってみて選ぼうと思います。

|

« 大陶器市 | トップページ | 金色の野 »

コメント

おいしいご飯を食べると、日本に生まれて良かった~と思います。両親はお米を食べないとご飯を食べた気がしないといいますが、私は1、2回であればパンでもOK。
かまどで炊いたご飯、食べてみたいですね。

投稿: グッピーちゃん | 2008年10月17日 (金) 08時25分

グッピーちゃん、こんにちは☆
お返事が遅くなってしまいました。申し訳ありません。
私も、おいしいご飯を食べると、日本に生まれてよかった~って思いますhappy01
家にカマドがなくても、カマドで炊いたおいしいご飯が食べられる鍋。
それを使ってご飯を食べるときが楽しみですheart04

投稿: 蓮 | 2008年10月19日 (日) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/24546544

この記事へのトラックバック一覧です: おいしいご飯:

» 鉄瓶の選び方4 [鉄瓶を楽しむ]
鉄瓶も6万円を越えるようになってくると、一般的な物価を基準にして見た場合は、高級品といわれるものの部類に入ってしまいますが、以前の記事で何度も言及している本来の意味での鉄瓶は、この価格帯のものを指すことになります。この価格帯まで来ると完全に手造りで、ひとつの型からひとつの鉄瓶しか作りません。鉄瓶の蓋のつまみなど細かい造形を必要とする部分も、型から取り出す時に型が壊れて次の鉄瓶が作れなくなってしまう心配をしないで済みますか�... [続きを読む]

受信: 2008年10月21日 (火) 22時58分

« 大陶器市 | トップページ | 金色の野 »