« 歴史街道 | トップページ | 無事終了 »

2008年9月23日 (火)

実りの秋に向けて

二十四節気。

中国から伝わった季節を分ける太陽暦の暦上の点。

1年の暦を24に分けており、その時々の時候にあわせて名前がつけられている。

例えば立春も二十四節気の1つで、2月4日頃をさす。

しかし、春とついていても、まだまだ凍てつくような寒さ。

春は遠い…、というように、今の季節で考えればずれてしまっている。

それでも、四季を感じる言葉は趣があって好きです。

春の二十四節気の、

雨水…水がぬるみ、草木の芽が出始める。立春から15日目。

清明…万物清く陽気になる時期。4月5日頃。

春らしく温かみがあっていい。

秋の二十四節気には、

白露…草木の露が白珠のように輝き、秋らしい気配がしてくる。9月7日頃。

秋分…彼岸の中日。昼と夜の長さが同じである。この日を境に夜が長くなる。

    9月23日頃。

などがある。夏の暑さが薄らいでいき、秋が深まっていく移ろいを感じられて好きです。

明日は秋分の日。秋本番といったところでしょうか。

大好きな秋を充実させ、しっかり満喫したい。実り多きときにしたい。

まずはまだきっちりできていない衣替えをして、秋準備万端にしたいと思います。

|

« 歴史街道 | トップページ | 無事終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/23944135

この記事へのトラックバック一覧です: 実りの秋に向けて:

« 歴史街道 | トップページ | 無事終了 »