« 無事終了 | トップページ | 野次 »

2008年9月29日 (月)

でもやっぱり

お寺や神社、そして仏像が好きなので、旅先や散歩中に見つけると立ち寄ります。

神社を詣でる場合のマナー。

信仰心はないのですが、決まりごとを守って詣でると、なんとなく気持ちがシャキッとして

気分がいいので、これも好きです。

まず心身を清めるということで、手水舎で手水を行う。

この手水の手順。

①右手で柄杓を取り、清水を汲み、左手にかける。

②柄杓を左手に持ち替えて、清水を汲み、右手にかける。

③再び柄杓を持ち替えて清水を汲み、左手の手のひらに水を受けて口をすすぐ。

④もう一度左手に清水をかけて清める。

⑤清水を汲み、そのまま静かに柄杓を立てて清水を柄に伝わるように流して

 柄杓を清めてから、柄杓を伏せて元の場所に戻す。

神前に進むとき、参道の真ん中は神様がお通りになるということで、

真ん中は避け、両側を歩くものとされているそう。

ですが、忘れて思いっきり真ん中を歩くことも。

途中で気づいてアタフタと端に寄ることが多い…。

いざ神前へ。

お賽銭は、「幣帛料」という奉りものを捧げることを簡略化したもの。

だからお賽銭は、神様にお願い事をするためにするのではなく、

祈願成就したことへの“御礼”なので、お礼の気持ちで賽銭箱へ入れるものなのだとか。

祈願成就ということは、最初はやはりお願い事をするのでは。

その祈願はどこで?

いろいろあるのかもしれませんが、信仰心のない私には、

やはり詣でる機会があったときに、願い事をするのがいいのではと思える。

そして、祈願成就した! と思えたら、改めて“御礼”の参詣をして、

感謝をすればいいのではと考えます。

と、頭では結論が出ても、結局、神社を発見して詣でるたびに、

がっちり願い事をします。

せっかくお参りしたのに、願い事をしないのは、と思う人間の性でしょうか。

ただ、“御礼”の気持ちで、の話を知ってから、願い事の前に、

感謝を込めて、「ありがとうございます」、と言うようにしています。

人間だもの……やっぱり願ってしまいます。

|

« 無事終了 | トップページ | 野次 »

コメント

蓮さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
お参りの作法、もう一つ…鳥居の前で一礼して進むと良いそうです。
蓮さんのおっしゃるとおり、真ん中ではなく、ちょっと端の方からネwink
神頼みをするにも、神様に好かれてお願い事をきいていただいものですよねhappy01

投稿: グッピーちゃん | 2008年10月 2日 (木) 12時15分

グッピーちゃん、こんばんは☆
「一礼」。あー、そうですよね!
大事ですよね。まず大事な作法、抜け落ちていましたcoldsweats01ありがとうございますsign01
本当に!神様に好かれてお願い事したいって思います。人間ですものねhappy01

投稿: 蓮 | 2008年10月 2日 (木) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/24129239

この記事へのトラックバック一覧です: でもやっぱり:

« 無事終了 | トップページ | 野次 »