« 悲しい言葉 | トップページ | 実りの秋に向けて »

2008年9月18日 (木)

歴史街道

先週、大叔父さまに会いに伊豆へ行きました。

そのとき、歴史が大きく動いた幕末に、さまざまな意味を持つ下田の街を、

幕末に思いを馳せながら散策しました。

日露和親条約が結ばれた長楽寺。

日米下田条約が結ばれた了仙寺。

下田港でペリーが上陸した場所。

吉田松陰拘禁の跡地。

唐人お吉のお墓がある宝福寺。

長楽寺では、ガイドをなさっている方が幕末の話、当時の下田の話、

唐人お吉の話などを聞かせてくださいました。

ざっと歴史を辿った本とは違う、いろいろなエピソードもあり、

興味深く聞かせていただけてありがたかった。

宝福寺では、“時代”の悲劇、そう思えるお吉の波乱の人生を知りました。

宝福寺に行く前に歩いたペリーロードは、幕末の花街があったところ。

昔の女性たちの人生を思い、今の女性は?といろいろと考えさせられます。

そして、宝福寺は、大好きな坂本竜馬の縁の地でもあります。

土佐藩主・山内容堂に対し勝海舟は、竜馬の脱藩の罪を許し、

(竜馬を)自分に預けてほしいと願い出た。その場所が宝福寺。

こののち、竜馬の活躍がはじまる。その記念の地だと思うと感動。

幕末に大きく動いた歴史。その下田でのこん跡を辿ることができた。

次は京都へ行きたい。

実はまだ訪れたことがありません。

京都の風景、街並み、文化を訪ねたい。

そして、はるか昔の歴史から幕末へ、歴史街道を辿りたい。

|

« 悲しい言葉 | トップページ | 実りの秋に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/23841221

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史街道:

« 悲しい言葉 | トップページ | 実りの秋に向けて »