« 北京オリンピック | トップページ | 現代の大和撫子 »

2008年8月20日 (水)

未然行動という責任

責任っていうのは、何かが起こってからとるもんじゃない。

何かが起こる前に動くことだ!

ドラマ『太陽と海の教室』での、織田裕二さん演じる教師の言葉です。

言われてみればその通りと思い、ハッとしました。

故意ではなくても、悪意がなくても、

何かが起こってしまったら、責任をとらなければいけない。

ただ、“何か”に対して、早く対処しておくことで、“起こるべきではないこと”を、

未然に防ぐことができるかもしれない。

とすれば、「何かが起こる前に動かなければ」。

ストーカー事件をはじめ、身の危険を感じて警察に相談しても、

「事件が起こってからでなければ動けない」とあしらわれてしまう。

そのために事件が起こり、最悪の結末を迎えてしまう。

そういう話をニュースで知るたびに、やるせない気持ちになります。

事件だけではなく、生活の中には、大なり小なり責任がある。

責任を取りたくないから、“何か”をやらないのではなく、

“悪い何か”にならないよう、“悪い何か”が起こらないために、善処する。

同じエネルギーを使うなら、そのほうがいい。

それをドラマに教わった気がします。

心がけます。

|

« 北京オリンピック | トップページ | 現代の大和撫子 »

コメント

蓮さん、お早うございます。コメントありがとうございます。
やっと朝晩が涼しくなり、夜眠れるようになりました。
これでもう少し日中が涼しくなると良いのですが。

>事件だけではなく、生活の中には、大なり小なり責任がある。
大人の世界では“責任逃れ”“責任転嫁”が頻繁にあります。
これもどうにかならないでしょうか?
特に会社という組織の中にいるとよく感じます。

投稿: グッピーちゃん | 2008年8月21日 (木) 08時24分

警察で未然に対処できないことを、請け負ってくれる企業、もしくは団体があればいいのに・・・
病気を未然に防ぐ運動は進んでるのに、事件を未然に防ぐ運動はイマイチな気がします。
裕二がなんとかしてくれないかしら?

投稿: ユリコ | 2008年8月21日 (木) 17時33分

グッピーちゃん、こんばんは☆
お返事が遅くなってしまいました、ごめんなさい。
ここ数日は過ごしやすい日が続いていますね。
(まだ急に暑くなるから油断できませんが)

責任逃れ、責任転嫁。
そうですよね、何かのせい、人のせいというのは、嫌ですね。
~のせいと言っていても問題は解決しないのに。


ユリコさん、こんばんは☆
お返事が遅くなってしまいました、ごめんなさい。
本当に! 
病気には未然に防ぐ運動があるのに、事件(危険)に対して未然に防ぐ行動がないのは間違っていますよね! 犠牲が出てから考えるなんてことでは絶対にいけない。
未然に対処するべき。そう思います。

投稿: 蓮 | 2008年8月23日 (土) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/23115165

この記事へのトラックバック一覧です: 未然行動という責任:

« 北京オリンピック | トップページ | 現代の大和撫子 »