« 未然行動という責任 | トップページ | チャの木 »

2008年8月23日 (土)

現代の大和撫子

木曜日、見事に金メダルを手にしたソフトボールチーム。

連日の試合で疲労は極限ではないかと思うも、試合中の選手たちの顔は、

力強い目が光りを放つ。最後まで全身全霊で戦った彼女たちの勇姿は、

男前ならぬ女前!

テレビの前で勝利を祈りながら観戦。

おおいに楽しませてもらい、感動。

昨晩の「報道ステーション」を見て、再び感動。

ソフトボールチームの特集の中で、“16人目の選手”の存在を取り上げていました。

16人目というのは、アキレス腱のケガで北京を断念せざるを得なかった、内藤恵美選手。

彼女は、スタンドで試合に“参加”。選手たちに声援を送ります。

決勝当日、同じポジションの西山選手に声をかけ、カードに書き込んだメッセージを渡す。

カードが映っていましたが、実に細やかで力強く、あたたかいメッセージ。

彼女の人柄が伝わります。

いざ、決戦。

選手たちの手首には、内藤選手の背番号「6」のリストバンド。

そして全員、内藤選手がデザインして作ったというお守りを身につけて試合に臨みます。

「内藤さんのために」、「内藤さんと一緒に」そういう思いで。

そして、勝利。

選手たちはスタンドの内藤選手に駆け寄り、

お守りを握りしめながら、「内藤さんのおかげです!」と笑顔で呼びかけます。

記念撮影時、選手たちの手には首にかけた金メダルと内藤選手のお守り。

そして、内藤選手のユニフォームを掲げることで、

彼女と共に勝利チームとして写真に納まっていました。

その表情は、試合中の女前な勇姿とは違う、女性らしいやわらかな笑顔。

選手全員が信じ合い助け合い、チームメイトのためにがんばった。

16人目の選手のために、16人目の選手と共に戦った。

大和撫子だわ、と感動。

もはや大和撫子という言葉が死語のようになっている感があります。

しかし、じゃあ大和撫子ってどういう女性のあり方なのか。

極端に考えすぎず、昔ながらの女性のいいところと、

今の女性の持ついいところを合わせた、

「現代の大和撫子」のあり方があってもいいのでは。

それを構築していけたらいいのでは。

彼女たちを見ていて、改めてそれを考えました。

現代の大和撫子は、

強くて思いやりがあって、愛情深い「for you」な女性でなきゃ。

|

« 未然行動という責任 | トップページ | チャの木 »

コメント

蓮さん、お早うございます。
いつもコメントありがとうございます。
お盆すぎごろから、一気に朝晩が涼しくなって、ちょっと厚めの布団を出したグッピー家です。蓮さんも体調を崩されませんように(*^。^*)
わが社も昨日、商工会議所主催のソフトボール大会(ベスト8からの試合)がありました。残念ながらベスト4に残る事は出来ませんでしたが、それなりに頑張った選手たちに拍手でした。来年は、もう少し練習しなくっちゃ!と思った選手一同だったに違いありません・・・。

投稿: グッピーちゃん | 2008年8月25日 (月) 08時40分

グッピーちゃん、こんばんは☆
あら? と思うほど涼しい日が続いていますね。油断すると風邪をひきそうで、季節外れの長袖パジャマで寝ています。予報ではまだこの涼しさが続くようなので、グッピーちゃんもお身体を大切に!

あ~、ベスト4なりませんでしたか。でも悔しさはきっと来年に繋がるのでしょうね!
ソフトボールの試合、これまであまりきっちり観たことがなかったのですが、今回のオリンピックでしっかりと観て、ソフトボールっておもしろいなぁと感じました。今回で終りではなく、また復活してほしいです。

投稿: 蓮 | 2008年8月26日 (火) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/23198088

この記事へのトラックバック一覧です: 現代の大和撫子:

« 未然行動という責任 | トップページ | チャの木 »