« デジタルジダイが進んでも | トップページ | 6月を遊ぶ »

2008年6月 4日 (水)

品格の在り処

女性はなぜ「品格」を磨く

4月に朝日新聞で掲載されていた記事のタイトル。

「女性たちは何を求めて、品格の向上にいそしんでいるのだろうか」

ということをテーマに書かれています。

記事は、女性たちが通うマナー教室の話、

ベストセラーになった本を読んだ女性たちの感想を紹介。

それから、現代女性が求めるものは何なのかが書かれています。

記事の中で気になったのは、女性たちが憧れるところはどこか。

マナーなどをなぜ学ぶのか分析したコメント。

経済のグローバル化が進み、欧米の上流社会のイメージが、

手が届くかもしれない世界として、ファッション誌や女性誌を通じて

日本に輸入されてきた。

女性たちは、そんな世界に上っていきたいという思いが強くある。

そのための手近な方法が講座や本なのではないか

これは1つの分析で、皆がみんな、そうではないと思いますが。

上流、中流、下流。

上下優劣、勝ち負けバトル。

こういうこと自体、品格がないのでは。

そもそもなぜ、品格は上流にあると思うのでしょう。

品格は、人の中で育まれていく“質”をいうのだと思います。

|

« デジタルジダイが進んでも | トップページ | 6月を遊ぶ »

コメント

蓮さん、お早うございます。
勝ち組、負け組、という言い方(区別の仕方)は、正直あまり好きではありません。
差別化をするのであれば、もっと他の言い回しをすれば良いのに、と思うからです。
でも、この言葉以外にも、最近は???と感じる言葉が使われております。
今回の連さんのお話にもあるように、
>そもそもなぜ、品格は上流にあると思うのでしょう。
>品格は、人の中で育まれていく“質”をいうのだと思います。
という考え方に賛成です。

投稿: グッピーちゃん | 2008年6月 6日 (金) 08時32分

グッピーちゃん、こんばんは☆
賛成していただけて嬉しいですhappy01
自分が、自分の“質”をよくできるかどうか。
大切なのはそこだと思うので、人と比較する必要はない。
ないはずなのに、比較するから不必要な区別をする言葉が生まれるのですよね。

人とは勝ち負けなどではなく、“共生”がいいです。


投稿: 蓮 | 2008年6月 6日 (金) 20時30分

こんにちは!

私も、品=上流ではないと思います。
身近にも、品のある素敵な女性はいますしね。

私は、どちらかというと身近な素敵な女性の方を
お手本にしています。

投稿: 寝起きのパンダ | 2008年6月 7日 (土) 05時53分

寝起きのパンダさん、こんにちは☆
そうですよね、品のある女性は特別なところにいるわけじゃない!
学べる機会は日常の中にあるから、それをしっかりキャッチすることが大事なんですよね。

投稿: 蓮 | 2008年6月 8日 (日) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/21421245

この記事へのトラックバック一覧です: 品格の在り処:

« デジタルジダイが進んでも | トップページ | 6月を遊ぶ »