« 見えない無責任 | トップページ | ベルダ »

2008年6月11日 (水)

せっかくだから、素敵に

浴衣

はじまりは湯上りに着るためのもので、外出用ではなかった。

けれど、時は流れ、今は立派に夏のオシャレ着。

私も浴衣を着るのは大好きです。

10代の女の子には、浴衣にスニーカーを合わせたり、

帽子をかぶったりする人もいる。

思い思いの浴衣なのでしょう。

ただ、

浴衣を着たときの立ち居振る舞い。

ちょっと…それはない! と思う行動。

よくない、浴衣に似合わないと気づいてほしい。

と感じます。

和装なのに、裾をザバザバさせて大股で歩く。

ザバザバにあわせて足がザバザバ見えて、素敵じゃない。

袖をたくし上げ、ねじって浴衣がノースリーブ化。

電車の吊り革につかまるときなど、手を上げるときは、

反対側の手で袖口を押さえ、二の腕は見えないようにするものなのに。

……和装の優雅さ、台無し。

例えば、洗面所や水まわりで袂が濡れないためには、

帯びの間に先をはさんでおけばいいのだから、ノースリーブ化する必要はないはず。

せっかく浴衣でいつもと違うオシャレをするなら、

行動を含めて最も素敵に着こなすほうがいい。

背筋の伸びたきれいな姿勢で歩く。

優雅を意識する。別にゆ~っくり行動しなければいけないのではなく、

頭の片隅で曲線をイメージしながら動くと動作が優雅になる。

その他、普段、懐紙を持ち歩かない人でも、

そっと袂にしのばせる。扇子、かんざしなどの小物を楽しむ。

そうして和の装いを自分なりに演出することで、

和のオシャレを味わう気分がアップして、楽しいのではないかなぁって思います。

|

« 見えない無責任 | トップページ | ベルダ »

コメント

蓮さんこんばんは☆
すっかりご無沙汰してしまいました。。。

今回は浴衣のお話ですね。
ウンウン・・とうなずきながら読ませて頂きました。
せっかくだから洋服と心はつながっていて欲しいものですね。
和のおしゃれの楽しみ方を私も頭に入れておきます。

投稿: さとみ | 2008年6月12日 (木) 20時27分

さとみさん、こんばんは☆
>洋服と心はつながっていて欲しい
洋服と心のつながり。
おっしゃるとおりですね!
服装と心は無関係じゃない。
着るものや色、着方に振舞い。
みんなそのときの心とつながっているんですよね。
無意識だとしても。
何気なく選んでいる服や色も自分の心のサインかも。

服と心。興味深い。
気づくことができて嬉しいですhappy01
ありがとうございます。

投稿: 蓮 | 2008年6月13日 (金) 21時55分

蓮さん、こんばんは。
広島では「とうかさん」というお祭り(先週の金土日)から浴衣を着始めるという習慣があります。
最近は浴衣もずいぶん手頃な価格で売っているし、蓮さんがおっしゃるように、スニーカーをはいたり、ずいぶん新しい着方を楽しむ人が増えてきたような気がします。

>せっかく浴衣でいつもと違うオシャレをするなら、
>行動を含めて最も素敵に着こなすほうがいい
という蓮さんの意見、ごもっともだと感じます。

投稿: グッピーちゃん | 2008年6月14日 (土) 22時29分

グッピーちゃん、こんにちは☆
季節を楽しみ大切にする習慣、素敵ですねshine
土地土地で育んできた、四季を楽しむ工夫。
受け継がれず、消えていっているものもあるのでしょうが、
素敵なものならば、受け継がれていくのがいいなぁと思います。

投稿: 蓮 | 2008年6月15日 (日) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/21570471

この記事へのトラックバック一覧です: せっかくだから、素敵に:

« 見えない無責任 | トップページ | ベルダ »