« よい明日を | トップページ | デジタルジダイが進んでも »

2008年5月30日 (金)

サウンドトラック

気合を入れたい! と思うとき、

音楽の力を借ります。

テンションをあげるロック、気持ちが軽やかになるポップス。

映画のサウンドトラックもよく聴きます。

中でもお気に入りは、

『シカゴ』のサントラ。

『シカゴ』は、映画が公開されたときにCMを見て、

絶対観に行かなければ! と感じて観に行きました。

そして、ハマリました。

キャサリン・ゼダ・ジョーンズの歌と踊りが、あまりにかっこよくて。

映画の内容自体は、恐ろしい女たちのゾッとする話ですが、

とにかく出演者たちの歌と踊りがいい!

舞台、歌、踊り。クラシカルなファッション。

好きなものだらけで、DVDでも観たりします。

よく聴くだけではなく、がんばりたいのに、がんばれないとき、

ゼダ・ジョーンズが歌う「オール・ザット・ジャズ」を聴くと、

少し強気になれる。

自信に満ちた、ド迫力の歌いっぷりは、

生きる上で必要な、許容範囲の図太さとフテブテシサを与えてくれる。

映画を観て音楽を気に入ると、サントラを聴く楽しみができる。

サントラを聴くことで、映画を堪能した喜びを、反芻することもできる。

これからも、いい映画とサントラに出合いたい。

|

« よい明日を | トップページ | デジタルジダイが進んでも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/21295432

この記事へのトラックバック一覧です: サウンドトラック:

« よい明日を | トップページ | デジタルジダイが進んでも »