« 鬼じゃないんだから | トップページ | 砂場とプライド »

2008年5月14日 (水)

十人十色のカレー

隠し味。

使う肉。

具の大きさ。

辛さの好み。

人によってあれこれ違うカレー。

隠し味にカカオはよく聞きます。

そのカカオ。何でとるかは人によって違う。

コーヒーだったり、チョコレートだったり。

乳製品なら、ヨーグルト、チーズ、ココナッツミルクなど。

その他、りんご、ハチミツ、醤油を少々などもある。

隠し味は何を使っているか、尋ねてみると、意外な発見があって楽しい。

使う肉も、牛、豚、鶏と作る人によってそれぞれ。

私は、豚挽き肉です。

そして、具。

具がゴロッと大ぶりなもの。

極力、具は少なくサラッとシンプルなもの。

好みとしては、具だくさん。

しかし、具は大ぶりではなく、具の姿はあまり確認できない見た目。

私は、カレーを作るとき、玉ねぎ、肉、ニンジン、じゃがいも、トマト、

ニンニクなどのスタンダードなものの他に、家にある野菜をふんだんに使います。

残り野菜もさばいてしまいます。

ブロッコリー、きのこ類、ナス、かぼちゃ、ピーマンなど。

トマト以外、すべてみじん切り。

ニンニクと玉ねぎをしっかり炒めて冷まします。

その間に残りの野菜をみじん切り。

みじん切りした野菜と、冷ましたニンニク・玉ねぎをミキサーに入れます。

適量の水を加えてミキシング。

トロッとしたら鍋に移し、赤ワインを入れて炒めた挽き肉、さらに適量の水、

月桂樹の葉を入れて煮込み、ルーを入れ、

隠し味を加えながらさらにじーっくり煮込みます。

野菜が多いとカレーの味を邪魔しない? と尋ねられたことがありますが、

そんなことはないです。美味しい自信があります。

このカレー。

野菜嫌いの人に、野菜への抵抗をなくす1つの試みとしておススメ。

ニンジン嫌いの友人は、「美味しい」と喜んで食べておりました。

我が家のカレー。

ベースは「具の見えない具だくさんカレー」で、

気分で肉を変えるというもの。

さらにカレーを楽しむために、もっといろいろな隠し味を知りたい。

隠し味は何を入れているか、ふと思い出したとき、人に尋ねています。

|

« 鬼じゃないんだから | トップページ | 砂場とプライド »

コメント

我が家のカレーは、具がきちんと残っているタイプのカレーです。母が具がないのはカレーではない!という主義でして・・・。だから野菜は大きめに切って入れるから楽と言えば楽なのですが。
子供の頃は、玉子の黄身を上に乗っけてもらってたべていた甘口カレー一家でした(*^_^*)

投稿: グッピーちゃん | 2008年5月15日 (木) 08時34分

グッピーちゃん、こんばんは☆
お返事が大変遅くなってしまいました。
申し訳ありません!

我が家も昔は、具がきちんと残っているタイプのカレーでした。
10年くらい前に、テレビで、具の見えないカレーを知り、作ってみたら気に入ったので、
具の見えないカレーになりました。
ちなみに、辛いものが苦手なので、今でもカレーは甘口です。

投稿: 蓮 | 2008年5月18日 (日) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/20953321

この記事へのトラックバック一覧です: 十人十色のカレー:

« 鬼じゃないんだから | トップページ | 砂場とプライド »