« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月28日 (月)

頭の片隅に

ひったくり注意

という看板や張り紙。街中どこでも、よく目にします。

以前は、張り紙を見ても、根拠もなく、大丈夫、なんて思っていたところがあります。

先日、駅から自転車を漕いで帰宅中、頭痛と格闘していました。

あまりの痛さにのろのろ運転。徒歩のほうが速いのではと思うほど。

途中、後ろから自転車を漕ぐ音。

徒歩より遅い運転の私を抜いていくのはわけないはず。

でもまるで後ろをついてくるように、音が私の後ろを続きます。

身の危険を感じ、少々緊張。

前カゴに入れていたバッグを取り、肩にかけ、しっかり手で押さえます。

門の先がすぐ玄関になっている民家の前で、思いきって自転車を止め、降ります。

もしものとき、すぐ民家に駆け込む準備万端。

すると、自転車がスーッと横を通過して颯爽と去っていきます。

あとは誰もいません。その自転車が後ろにいたのは明らか。

乗っているのは、スポーツをしている人かなと思う体格のいい青年。

あくまで想像ですが、後をついてこられたのかもしれない。

ひったくりをしようとしていたのかもしれない。

ずっと以前、夜道を歩いていて、やはり身の危険を感じたことがあります。

後ろに人の気配。警戒して振り返ると、すぐ真後ろに10代とおぼしき男の子。

少し背を丸め、パーカーのポケットに手を入れている。

フードをかぶり、眼鏡で人相がわかりにくいけれど、とても強ばった表情、

鋭い眼でこちらを見ます。

あまりの近距離にギョッとしてキッと睨み、身構えます。

瞬間的に頭の中で、もしものときどうするかを考えます。

5,6m先に酒屋が見える。パッと来られたら、駆け込もう。

少年は、さらに近づき、身体が触れるスレスレに横を通り過ぎ、

ダッと駆け出し、去っていきました。

できれば人を疑いたくはない。

でも、自分の身に事件が起きない保証はない。

実際、空き巣に入られたこともある。

必要以上に警戒したり、疑ってかかるというより、

「自己防衛」、「もしものときは」、「警戒心」を、

頭の片隅に持っておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

色のいろいろ

好き嫌い。

食べ物の好き嫌い。小説や映画の好き嫌い。

音楽の好み。ファッションの好み。人の好み。

などなど、好き嫌いもいろいろ。

最近、私は色の好き嫌いが多いかもしれないと発見。

単に好きな色、嫌いな色というだけではなく、色彩。

色の配色の好き嫌い。

気づいたきっかけはクセ。

スーツ姿の男性を見るとき、まずネクタイに目が行く。

いい色だな、あまり好きじゃない色だな、ジャケットと合っていて素敵だな、

デザインが……など。

男性にしてみれば大きなお世話なこと。

人の趣味に介入するつもりはないし、権利もない。

あくまで心の中で思うだけのことです。

それでも、よくないクセよね…、気をつけようとは思います。

専門知識はないですが、色と心の関係に興味があります。

最近アロマに凝っていて、よりアロマの香りを楽しむために学ぼうと本を買いました。

その中で、多く、「色」について書かれています。

色の持つ意味。色が人にもたらすもの。

心地好く暮らすために、上手に生活に色を取り入れる方法など。

ちょっと凝りそうな気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

ポイント

孫でもない人が、「おじいちゃん、おばあちゃん」と呼ぶのに違和感を覚えます。

しかも、「おじいちゃ~ん」、「おばあちゃ~ん」と幼い子供に話すような口調だと、

間違ってる! と言いたくなります。

名前で呼ぶべき。人の誇りや尊厳は大切にしましょうよ!

祖母は、生涯、誇りを大切にし、社会への関心を持ち、オシャレ心を忘れず、

“ギブ・ミー”ではなく、“フォー・ユー”の人。女性らしさを大切にした人でした。

亡くなって10年以上経つ今でも、女性であることを大切に歳を積み重ねていく上で、

祖母は、見習いたい私のお手本です。

過度に、美肌を追求したり、スタイルを気にしすぎたり、

時を止めようとするのではなく、自分を整える。

時の積み重ねにより磨いてきた内面に見合うように、

外見も自分を律し整えて、よくあろうとする。そのたしなみ自体が美しい。

そういう素敵な人生の先輩に出会うと嬉しくなる。

2月に病院で出会った女性もそう。

検査室の前の待合に、70代とおぼしきご夫婦。

ご主人が検査室に入って間もなく、「素敵な黒髪ね」と声をかけられました。

それをきっかけに、順番待ちの間、髪のお手入れについておしゃべりをご一緒し、

話に花が咲きました。

いくつか、お手入れ法にこだわりをお持ちで、

☆ナイロンのブラシは使わない。

☆定期的に、美容用のオリーブオイルを少量つけてブラッシング。

☆オリーブオイルは、相性の良い、お気に入りのものを長年愛用。

☆シャンプーやリンスは、「これ!」と決めずに、新しい商品を発見したら、試して楽しむ。

などを大事になさっているそうです。

彼女は、シンプルなショートヘア。

特別凝ったことをしているようには見えませんが、

やわらかいシルバーの髪を“丁寧に慈しんでいらっしゃる”。

お手入れを楽しんでいらっしゃるお心が伝わってきます。

お話の中で、「私のポイントは髪なのよ」という彼女の言葉に、ハッとしました。

ファッションは、全身を飾りすぎるとポイントがなくなる。

素敵さがぼやける。それと同じで、

身だしなみを整えた上で、オシャレを楽しむために、

“自分にとって”のポイントを持つことの大切さ。

ひとときのおしゃべりの中で、教わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

お久しぶりです!

“2週間ほど”で、再開するつもりでいたブログ。

約2ヶ月ぶりの更新となりました。

2月に身体の不調が見つかり検査。

楽しいことではありませんが、これまで具合が悪くなるたびに、

なぜなのだろうと思っていた疑問は解決。

いくつもの症状が、だからだったのか! と納得。

“敵”がわからないままでいるより、治すために努力しやすくなる。

という点では少し気が晴れる。

しかし、

そちらに気をとられていたら、別の部分に異変が。

口の中に違和感。

ちょうど鼻の調子が悪くなったので、耳鼻科へ行ったついでに、

「先生、口の中…、口蓋に何かできているみたいなので見てください」とお願い。

鼻が炎症を起こしている関連で、炎症を起こしているとの診断。

飲み薬を処方され、

「すぐ治ると思いますけど、念のため、1週間後にきてください」と言われました。

鼻炎は1日で治りましたが、口蓋の違和感はとれません。

1週間後、まだ炎症を起こしていると再び薬を処方されます。

大丈夫かな、なんか炎症部分、大きくなっている気がする…。

その後、2度ほど耳鼻科に行ったものの、

「まだ炎症ありますね、お薬出しますから」との診断。

段々不安になってくる。

ふと、お世話になっている歯医者さんの言葉を思い出す。

「歯だけじゃなく、口内のことは専門範囲だから、何かあったらいつでもいらっしゃい」

すぐに予約をとって診ていただきました。

耳鼻科の診察と、違和感を覚えてからの期間、症状などを説明。

丁寧に診察してくださり、先生が下した判断は、専門設備が整っているところで、

しっかり診てもらったほうがよいというもの。

すぐに紹介状を書いてくださり、翌日、大学病院へ。

長く丁寧な診察での最初の見解は、「潰瘍が認められる」というもの。

潰瘍。

ちょっと予想外でした。

その後、表面の細胞をとって検査とレントゲン。

そのレントゲン、場所が口蓋で非常にわかりにくく、レントゲンでは映らず…。

後日、CT検査。

と、ここまでの診察での病状は、5段階評価の3。

良いとも悪いともいえない微妙なラインらしい……。

医師曰く、次回、MRIで詳しく調べ、さらに細胞をとって徹底的に調べて病名を下す。

もし、最悪、腫瘍がある場合は手術になると思います、とのこと。

手術はできれば避けたいな。腫瘍がないことを願おう。

口蓋の違和感は、考えていたよりちょっとおおごとになっている。

ということは、“鼻炎に連動した炎症”という言葉を信じて耳鼻科に通い続けていたら、

どうなっていたのだろう。

歯医者さんに行かなければ、今の病院を紹介されていなかったら、

状態はどうなっていたのだろうと考えると、パッと診て炎症と言われ、

1,2分の診察だった耳鼻科に誠実さが感じられない。

きちんと診てくれていたのだろうかと、やや不信感を覚えてしまう。

という具合に身体の所々が不調だったのですが、

口蓋以外は良いほうへ向かってきています。

やるべきこと、新たに関心を持ち始めたことに向かって、

ワタワタ、バタバタと動いております。

ブログもようやく再開。

また、お付き合いのほど、よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »