« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年2月27日 (水)

夢物語? ①

どうしても受け入れられない言葉の1つ。

「世の中こういう(そういう)ものだから」

大概、よくない物事に対し、ネガティブなニュアンスで使う。

好ましくないことなら、変えようとはしないのか。

絶対に無理だというところまでトライしての言葉とは思えない。

言葉の続きに、「だから考えてもしょうがない、無駄」

という気持ちが含まれているような気がする。

世の中といっても、知っている“世の中”は極一部にすぎないはず。

なのに、全世界を掌握しているように、“世の中はこういうもの”とは思えない。

以前、地球温暖化について話していて、

「考えても所詮どうにもならない。誰も何もできやしない」

と知人が発言したことで大喧嘩になりました。

今の子供たちはどうなるの? 大人になったらなんとかする?

壊されつくした場所で? ひどい……。

自分が世の中を“よく知っている”とは思っていない。

でも、情報が瞬時に入ってくる現代。現実として、何が起こっているかはキャッチできる。

目をつむって気づかないフリをして、先送りにしてきたことが山積みで、

全世界的に今、変えていかなければ、動かなければギリギリにあることはわかる。

先日、病院の待合室で2歳くらいの男の子が走り寄ってきて、

満面の笑顔でしがみついてきました。

愛おしいと感じながら、知人の「所詮どうにもならない」という言葉がよぎります。

冗談じゃない。

何十年先の世では、今の大人は生きていなくても、

この小さな子や甥っ子たち、たくさんの子供たちが生きている。

無関係ではない。それに、今が未来へ続くのだから、やはり無関係ではない。

所詮どうにもならない。誰も何もできやしない。しょうがない。

なんて絶対に思えない。

何かできることがあるはずだと考えることを、

理想を持つのはいいけれど、夢物語だという人もいます。

決してそうは思いません。

何か問題がある。それをどうにか解決しようと策を考えることは、

夢物語ではなく、現実主義。

物事がいい方へ向かうよう願うのですから、夢・希望、理想ではある。

けれど、夢物語・絵空事ではない。

夢は持たないより持ったほうがいい。

夢を見ないよりは見たほうがいい。

現実を見て、現実を踏まえた上で大人が見る夢。

個人的なものではなく、大人全体で見る夢があってもいいのでは。

それでも夢物語と言われるなら、現実主義的夢物語に乗りたい。

ブログの更新、2週間ほど休みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

予言?

友達であることに、場所は関係ない。

と、常々思っております。

一昨年の12月くらいのブログで、

例えば友達がうんと離れた外国にお嫁に行って、何年も会えなくなっても、

極端に言って、もう会うことができなくなったとしても、それはそれでいい。

と書きました。

それは例え話で言ったのですが、現実になりました。

3歳からの友達の結婚が決まり、夏には海外生活に入ります。

旦那さんの仕事の都合で、3年は帰ってこないとか。

おめでたい報告を受けたとき、すっごく嬉しくて、

「イエ~イ」と乾杯(ふたりともお酒が苦手なのでジュースで)。

自分からあれこれと話す人ではないので、やさしく取り調べ。

具体的にどこがということはないのですが、何か雰囲気が変わり、

やわらかい印象が加わった彼女を見ていて、

ああ幸せなんだなぁ、よかったなぁと感慨。

おかわりしたジュースで再度乾杯。

ブログで書いたことが予言みたいだと考えていて思い出しました。

私がブログで書いたのと同じ頃。

1年後はどうしているだろうねと話していて、彼女は私を指して、

「外国にお嫁に行ってるかも」と笑って言いました。

その予言、私ではなく、彼女自身のものとなりました。

偶然ですが、ちょっとおもしろい。

予言?通り、海外で暮らすことになった彼女。

言葉の問題や人間関係など、様々なことを考えて不安な様子。

何度も、「大丈夫かな」「どうするよ~」「どうなるのかなぁ」と呟いておりました。

そのたび、「大丈夫」「どうとでもなるよ」

「せっかくだから、何もかも楽しんじゃえ。そうすれば大丈夫!」

と応援しておきました。

寂しがり屋で心配性の彼女。

子供の頃、よく口にしていた合言葉のように、

「どうにかなるさ」でいけるよ。

幸せのほうを見ていようよ、幸せを味わいなさいな! それで大丈夫!

と見送りたいと思っています。

Yちゃん、おすそわけに、何かいいこと私に予言して、なんてね。

おめでとう♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

映画とリアクション

オーバーアクション。

どうも私は、話をするときの身振り手振りが大きいらしい。

それを指摘してくれる人はみな、おもしろいとか、

楽しくていいと好意的にとってくれるのですが。

TPOがあり、いつでもどこでも自由な身振り手振り、とはいかない。

大きな身振り手振りをすべきではない、相応しくない状況では、

オーバーアクションは出ません。

(気を抜いたり、気心がしれると多少出てくるので注意)

このオーバーアクション、映画を観ているときも存分に出ます。

恐い映画は、仰け反る、叫ぶ、ジタバタするので、映画館では観ません。

サスペンスやアクションものは、多少ビクッとするくらい。

叫ぶことはないので、なるべく映画館で観たい。

映画は、“作品とのデート”だと思っているので、ひたすらスクリーンに集中。

ただ、自分のリアクションの大きさはわかっているので、あまりオーバーになって、

隣り合わせた人の気を散らすことがないように、と心得ているつもり。

が、何年か前、友達数人で「ロード・オブ・ザ・リング」を観に行ったとき、

両隣に座った2人に指摘されました。

ハラハラする場面では、祈りのポーズのように、両手をギュッと握りしめ、

力が入っている。

登場人物がカッコイイと思えば、(あっ)という感じで口に手をあてたり、

音を立てずに足をパタパタしていた。

無意識でしたが、そうしていたようです。

おとなしく観ていたつもりだったんだけどなぁ。

「ごめん、気、散った?」と詫びると、

「まあ、隣だと視界に入るから若干気になったけど、大丈夫」と流してくれました。

反省。

ただ、映画館でおしゃべりはしていない。音は立てていない。

ルールは守っている。

友達ゆえに、目に付いたのでしょう、たぶん。

友達の指摘は、「オーバーアクション健在だねぇ」

と、おもしろがっている感じの言い方でしたし。

映画館は、観客の一体感という、楽しさも、魅力・醍醐味。

ルールを守れば、笑い声や安堵のため息なども、いいものではないかなぁと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

かしげるのは、首じゃなくて傘がいい

江戸しぐさに、“傘かしげ”というものがあります。

道ですれ違うとき、お互いに雨のしずくがかからないように、

傘を外側にスッと傾けて通ることです。

他にも、通りを歩くときのマナー(往来しぐさ)に、

肩ひき…狭い路地などで人とすれ違うとき、お互いに右肩を少しひいて、

     身体全体を少し斜めにする。

蟹歩き…1人しか通れないような狭い道で人とすれ違うとき、

      蟹のように横歩きですれ違う。

などがあります。

どれもほんのちょっとした気遣い。

“ほんのちょっとした”ですが、周りを見ていなければできない。

人のことはおかまいなし、ではできない。

4,5人で横に並んで歩いている人たちがいる。

急いでいるので、横を通り抜けて先に行かせてもらいたい。

「すみません」と声をかけて通してもらう。

時々、後ろから来る人に気づいてチラリと見るも、

ギリギリになって仕方なさそうに道をあける人もいる。

携帯でメールを打ちながら歩いてくる人。

こちらが右側通行。相手は左側通行でも、よけようとしない人いる。

携帯しか見ておらず、こちらに気づかない人。気づいてもよけようとしない人。

首を傾げたくなります。

冠婚葬祭、ビジネス、テーブルマナーといろいろありますが、それだけじゃない。

こういう日常のマナーは大切。

日常のマナーを積み重ねていけば、

つい構えてしまいがちなマナーも、身に備わりやすい。

テーブルマナーの型を覚えても、傘をぶつけ合っていてはしょうがない。

道行く人同士、気持ちよくすれ違いたい。

かしげるのは、首ではなく、傘がいい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

イチローさんに学ぶ

満足はしていい。

現状に満足しない。満足してはいけない。

と、よくみんな言いますけれど、満足はしていいと思います。

一生懸命頑張ってやったことがうまくいったら、嬉しいでしょう。

僕は満足しますよ。

だってそれがなかったら、つまらないじゃないですか。楽しくない。

満足したら終わるなんてことはない。

そしたらまた、次(目標なり、課題だと思われる)が出てくるんですよ。

というようなことを、昨日見たテレビで、野球のイチロー選手が仰っていました。

こういう考え方、大好きです。

筋が通っていて、ポジティブで、力が湧く。

「現状に満足してはいけない。もっと先へ。もっともっと先へ」

飽くなき向上心というと、大抵こういう表現が多い。

すると、そう考えるのがストイックで立派に感じたり、

それが正しいんだ。それがいいんだと思うことも。

でも、頑張ったことに答えが出れば嬉しい。

そういうときは達成感を感じ、自分は頑張れたと自負もある。

喜びがエネルギーになるから、また頑張ろう、もっと頑張ろうと自分が活気付く。

素敵な連鎖。

やっぱりイチローさんはかっこいいなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

ここは、いったい?!

よく訪れる場所。よく通る道。

しばらく行かないと、様子が変わっていることがある。

あったお店がなくなっていたり、別のお店になっていたり、駐車場になっている。

住宅が建て代わっていたり、空き地になっていたりする。

1ヶ所が変わると、周辺も含めて見慣れない場所のように感じることがある。

記憶している風景と若干変わることで、目が慣れずに、違和感を覚えるのでしょうか。

新しい店の前で、「ここ、前は何屋さんだったかしら」と記憶を辿り、

空き地を眺め、いったい何が建っていたか思い出せずに考え込む。

記憶力は、相当いいです。

でも、なぜか、場所に関しては、ダメです。忘れていく。

変わってしまうと、なかなか思い出せない。

ひょっとして、方向オンチと関係が?!

半年くらい前、よく知った場所が駐車場になっていてびっくり。

案の定、以前の景観を思い出せず。

何度考えてみても、思い出せず。

その場所を知る友人に会ったときに聞こうと思うも、

会うときは、そのことすら思い出さず。

あとになって、

「しまった~、聞くの忘れた~」と悔やみます。

次に会ったときには、必ず聞かねば!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

君の名は

この時期、スイーツ売り場はバレンタインモード。

どこもにぎやか。華やか。

先日、友人宅へ遊びに行く際、お土産にクッキーを買っていこうとデパートへ寄り道。

バレンタイン商戦でにぎわう店と客の波をぬい、クッキー・チェック。

まずデパ地下を1周。そこで懐かしいものに遭遇。

まだ3つか4つの頃の遠い記憶。

家に届いたお中元。

白地に青いラインが入った缶。

フタを開けると、とりどりのクッキー。

1つ手に取り口に入れる。

ほおばる瞬間に鼻をくすぐる香ばしい匂い。

サクッとした歯ごたえと適度な甘み。

クッキーに恋をした瞬間の思い出。

以来、クッキー好き。

ただ、あのクッキー。なんという名前なのか知らないまま。

たまに思い出して、(どこのクッキーだったのかな?)とチラッと思うものの、

なぜか、なんとなく探そうとは思わなかった。

そのクッキーに、デパ地下で再会。

クッキーは泉屋のものでした。

懐かしいと思って眺めていると、箱詰めの他に、少量袋詰めしたものを発見。

値段も手ごろ。自分用に買って帰ろう。

と、その前に、友人宅へのお土産を選ぼうとその場を離れ、

お土産を決めて満足。上機嫌でデパートを後に。

後にしてしまいました。

見事に自分用クッキー買い忘れ。

懐かしのクッキーを味わうのは、別の機会に持ち越しとなりました。

もう1つ、泉屋のクッキーなのはわかりましたが、名前は見忘れました。

クッキーしか見ていなかった…。

名前を知るのも、持ち越しとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

今年も楽しんでおります

去年の大河ドラマ「風林火山」、見ごたえがあって好きでした。

ガラッと変わった今年の大河ドラマ「篤姫」。

これまたおもしろい。

「時代劇!」な感じは少々薄く、現代劇風な感じもするので、

時代劇に馴染みがない人も、楽しみやすいのではないかと思います。

幕末へ向かい、世が動き出し、江戸幕府・江戸時代が終焉に向かう、

日本のターニングポイントとなる時代が舞台のドラマ。

今のところまだそこまで話が進んでいないので、単純に「ひと」を楽しんでいます。

主役の宮崎あおいさん、のちに小松帯刀となる瑛太さんのおふたり。

すがすがしい若者っぷりが気持ちいい。

ハンサム・ウーマンな樋口可南子さん、真野響子さんが、

役の上でもお手本にしたい素敵な女性として登場。

発する言葉、一挙手一投足見逃せません。

徳川家定役の堺雅人さん。

これまでもっていたイメージとガラッと違う顔に度肝を抜かれました。

最初に見たとき、一瞬ひるみましたが、どうやら家定には違う側面がありそうなので、

楽しみ。

そして、ミーハー的に、高橋秀樹さんの出演が嬉しい。

チビッ子時代の私の、時代劇ヒーローだった桃太郎侍・高橋秀樹さん。

時代劇特有の色気を存分に発揮なさっていて、素敵。

これからの話の展開に期待。

続々登場するであろう人物たちに期待。

今年も1年、大河を楽しめそう。

期待といえば、時代劇が似合って「おおっ、時代劇がいける!」

と思える若手俳優がとっても少ない現代。

ややかつ舌が気になるものの、瑛太さんは、なんとなくおもしろい。

他の時代劇も見てみたいなぁと、少々期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

彼女の問題?

歌手の倖田來来さんの発言。

新聞を読んで知りました。

公の場で発言することの影響力を考慮すべき。

この話、有名人が軽率な発言をして人を傷つけた。

という彼女だけの問題なのでしょうか?

人を傷つけた、失礼だ、デリカシーがない。その通り。

でもそれだけ?

内容が妊娠・出産という尊いことに対するゆえに、波紋が広がったこの話。

その根底にある「問題」が置き去りでは。

配慮を欠いた発言、軽率な、うかつな…。

言わなければいいのではなく、考えがよくないはず。そして、

それは彼女だけではないはず。

新聞を読んでまず思ったのは、若さ至上主義のシンボリックな話。

そして、品格ブームと言いながら、現代の本性が出た話。

世の中に多く蔓延している感覚、言いたくないけれど“価値観”のシンボリックな話。

彼女の発言に限らず、年齢で女性を貶め傷つける言葉、発言、感覚は溢れています。

某大物芸人は、年中、20代後半以上の女性に暴言を吐いています。

もう人として終りのように、女性として価値がないように。

あれは配慮を欠いた発言にはならないの?

「この人、一生幼稚で薄っぺらいんだろうなぁ」と呆れながら、

30代女性としては一瞬気分が悪い。

バラエティ番組を見ると、「ブサイク、ブサイク」と芸人さんが

容姿を貶められているのを見ることがある。

あれは問題にはならないの?

髪の薄い人を「ハゲ」って言うのは?

他にも枚挙に暇が無いほど、無神経で品性を疑う話はたくさん。

公の場のこととして、テレビを取り上げましたが、

普通の日常の中にもたくさん溢れている。

周囲に、かっこいいとか、素敵と言われている男性や女性が、

さっくり人をけなしていたり、小バカにしているのを見たり、耳にすると、

不愉快さが記憶される。だから誰かに「あの人いいよね」とか「素敵だよね」

と言われても、イエスと言えない。

時に、「最低に醜い」と言ってしまう。

(この辺りの自分の幼さは大人にならねばと反省、課題…)

今回の倖田さんの発言。

世の中を蔓延している感覚“価値観”が生み出した問題。

彼女が叩かれたことで、誰もがしばらくは発言に気をつけるでしょう。

でもそれは言わないだけ。

問題の根っこを考えて変えないと。

決して彼女だけの問題ではない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

人生ノートの原点

寺山修司さんの未発表歌集が2月28日に刊行。

という記事が夕刊に載っていました。

10代の頃に読み始めた寺山作品。

その中の「ポケットに名言を」という本。

寺山さんが映画などで出合った言葉をまとめたもの。

「名言」とか「格言」とか、そういうものを読みたいとほっしていた時期に見つけた本。

くり返しくり返し読みました。

言葉を知り、いくつもの考え方を知り、ヒントを得られました。

そして、この本からのいちばんの贈り物。

言葉をメモすること。

映画、ドラマ、本、マンガ、ニュース、新聞、雑誌、出逢った人の話の中。

どこからでもいい。

何か、感じた言葉をメモする。

続けていたら、かなりの数になり、ノートにまとめてみると。

いつでも読み返せていい。

落ち込んだらノートを開く。

考えが煮詰まったらノートを開く。

気分転換にノートを開く。

「人生ノート」と名づけた大事なものになっています。

最近、メモを怠っている。メモしたものも、ノートに整理していないものが多々ある。

新たなページが埋まっていない。

今日、寺山さんの記事を目にしたことを機に、再開しようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

東京砂漠

朝、テレビCMで流れていた曲が、耳から離れないことがある。

1日のうちに、何度も頭の中で流れる。

気を抜くと、口ずさみそうになる。

実際、人通りがないと、自転車を漕ぎながら口ずさんでいることもある。

頭の中を流れる曲。

よく耳にするCMソング、BGM、好きなアーティストの曲。

気分によって浮かんでくる曲。

様々ありますが、1度浮かぶと、5日くらいの間、

くり返し頭の中で流れる曲があります。

前川清さんの「東京砂漠」。

この歌、サビの部分しか存じ上げない。

サビの部分がくり返し流れる。

テレビで前川さんを目にすると、入ります「東京砂漠」のスイッチ。

子供の頃、1,2度耳にしただけなのに、なぜ?

たぶん、「東京砂漠」という言葉のインパクト。

「あなたがいれば~……東京砂漠~」

チビッ子なのでよくわかっていない。でも大変そうだなと。

前川さん=東京砂漠。

この癖はいつまで続くのだろうと思っていたら。

先日、「たけしの誰でもピカソ」という番組で、前川さんの特集をしていました。

出ました、東京砂漠。

はじめてフルコーラス聴きました。

新鮮でした。大人の歌でした。

前川さん=東京砂漠。

私の中では決定的になりました。

この癖は、ずっと続くことになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月 1日 (金)

食欲不振? のお供

食べることが大好き。

ただ、滅多にないけれど、あまり食欲がわかないことがある。

バランスをとってしっかり食べなければ。

なんだかいつものようには食べたくない。でも、何か食べないと。

きっと後でおなかがすく。

最小限だけ食べよう。

ご飯を炊き、お味噌汁を作る。

※炊飯時に、「ぬちマース」という沖縄の塩を少々入れて炊きます。

ぬちマースは、ミネラルが豊富な塩で、料理に取り入れたり、

適量を入れた水を飲むと身体にいいらしい。

炊き上がったら炊飯器をあけ、ちりめん(野沢菜)を入れ、かき混ぜる。

よく混ぜたら、香り付けにごま油を少々入れ、再び混ぜ、お茶碗によそる。

あまり食べる気がしないからのメニュー。

しかし、口に入れて気分が回復してくると、欲が出る。

もう少し食べようか。

そこでおにぎりにして食べてみる。

おにぎりにすると、なぜか多く食べられてしまう。

おにぎりマジック。

食欲がなかったはずなのに…。たっぷりお米を食べている…。

まあ、ときにはこんな食事もいい。

アレンジとして、レタスをちぎってパラパラと混ぜる。

野沢菜以外にも、ちりめんにバリエーションをつける。

しらすと、刻んだ海苔を混ぜるバージョンも。

う~ん、無自覚でしたが、おにぎりにすることを見越した具かもしれない。

食いしん坊の本能?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »