« 椿三十郎 | トップページ | そんなの関係…なくない!!! »

2007年12月19日 (水)

お正月の伝統あれこれ

新しい1年を迎える準備。

門松、しめ縄、鏡餅、おせち、初詣などなど。

今は住宅事情で、門松やしめ縄も簡略化されていることが多い。

簡略化した形をなんとなく受け継いではいても、元々の意味は薄れているものも。

子供の頃を思い返しても、正月の決まりだからおせちを食べる、しめ縄をするなど、

意味を考えたりしませんでした。

行事の理由、どれも良くあるようにという願いが込められているんですよね。

☆お正月

お正月にはその年の「歳神さま」が家々を訪れ、祝福を与えてくれる特別な日。

☆門松

歳神さまは門松に降りるとされ、暮れの28日までに飾る。

29日では「苦飾り」、31日では「一夜飾り」になるので避ける。

松と竹を使い、竹の端を斜めにそぐもの、節と平行に切るもの、

梅を加えて松竹梅にするなどがある。

☆しめ縄

その年の新しいわらで作る。門口に張るのは、歳神さまのいらっしゃる印で、

邪気払いでもあった。江戸時代になってから正月のめでたさを表わす、

縁起物の装飾的な飾りになった。

飾るのは門松同様28日までに。

☆鏡餅

魂は丸くて白いものに宿る。古代の日本人はそう信じており、

丸くて白い「お白石」というものを供えていたのが、やがて餅に変わった。

鏡は、神社のご神体として崇めるように、神霊を写しとるものとされ、

鏡餅は、あらたま(新しい魂)を写しとる餅という意味。

※お年玉は、あらたまの宿った鏡餅を家族に分配したことが始まり。

門松を飾る立派な門がないので、毎年、お店で売っている小さな門松を玄関先に飾り、

これまた小さなしめ縄を玄関のドアに吊るす。

という、小さな「お正月迎え」の我が家です。

|

« 椿三十郎 | トップページ | そんなの関係…なくない!!! »

コメント

こんにちは!
そっか~!
しめ縄や門松、そして飾る日付けなど
意味があるんですよね。
改めて気付くことが出来ました。

しめ縄など、飾らないことも多いけど
他のものは意味を考えながら飾りたいと思います☆

投稿: 寝起きのパンダ | 2007年12月20日 (木) 08時17分

今年は不幸があったので、我が家はしめ飾りはしないのです。最近は洋風にアレンジされたおしゃれなしめ飾りを見かけますが、我が家は日本風の家なので、一度買ったけど、どうも似合いませんでした(~_~;)
お年玉は、不幸があっても関係ないようなので、用意しなくてはいけません!かわいいぽち袋に入れても、甥っ子たちは、中身にしか用がないようで、ちょっぴり寂しいおねぇちゃんです。

投稿: グッピーちゃん | 2007年12月21日 (金) 12時35分

寝起きのパンダさん、こんばんは☆
お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。
なんとなく伝統でそうなってると思っていること、意味を知ると面白いなぁって思います。
普段はお酒を飲みませんが、お屠蘇は「数種類の薬草(屠蘇散)の入ったお酒で邪気を払う」
という意味からきているので、ちょこっとだけ飲もうかなぁと思ってます☆


グッピーちゃん、こんばんは☆
おせちも市販のものは、洋風のものや、中華風があるようですよね。普段は洋食も中華も作りますが、
お正月は純和風がいいなぁと思って、思いっきり和のおせちの我が家です。
お年玉のお話、わかります。甥っ子たちに渡すとき、早く中を見たいところでしょうが、
かわいいぽち袋を探します!

投稿: 蓮 | 2007年12月21日 (金) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/9478996

この記事へのトラックバック一覧です: お正月の伝統あれこれ:

« 椿三十郎 | トップページ | そんなの関係…なくない!!! »