« お正月の伝統あれこれ | トップページ | 食いしん坊、残念 »

2007年12月21日 (金)

そんなの関係…なくない!!!

昭和50年生まれ。

戦後30年経って生まれた私は、“戦争を知らない子供たち”のひとりです。

学校の授業で勉強し、テレビで戦争を描いたドラマを見て、頭で認識。

あってはいけないもの、してはならないものだという感覚が徐々に明確になっていく。

それでももっと以前は、どこかで「起きた時間」が遠かった。

ここ数年、知っていくことと比例して遠かった時間が縮まってきていました。

そして決定打としてグンと近づいたのは。

祖父母です。

ふたりとも他界していますが、11月に祖父の郷里を訪ね、

大叔父さまに出会い、「おじいちゃん」ができたと大喜び。

その様子に、これを読んでごらんなさいと母が渡してくれたのは、大叔父さまの手紙。

その中に、戦中戦後の祖父母のことが書かれています。

私はあの時代を生きたわけではない。直接には知らない。

けれど、祖父母はその時を生きた。頭では認識していたことが、より深くわかってきます。

戦争を知らない世代の私に、決して無関係のものなんかじゃないこと。

と、この先はまた別のときに書くとして。

少し前の過去が無関係ではない。これは少し先の未来にも言えること。

温暖化をはじめ、書ききれないほど様々なことが加速度をつけて悪化している。

今、悪化を防ぎ、軌道修正しなければならないギリギリのところに、

世界中があるのだと思います。

それは現在を生きる人間の責任。今の子供たちやこれから生まれてくる世代に、

処理しきれない負の遺産を渡してはいけない。

先日、電車内にて、50代くらいと思う人たちが、

「自分たちはちょうどいい時代を生きたよなぁ。こんな悪い世の中になっちゃって、

今の子供たちはかわいそうになぁ~」。

えっ? と発言に気持ちの悪さを覚えると、さらに、

「今の時代に生まれてこなくてよかったよぉ」と発言。

唖然。倒れそうでした。

思わず彼らがひとの親でないことを願いました。

何十年後、生きていないから関係ないなんてことは…ない!!!

|

« お正月の伝統あれこれ | トップページ | 食いしん坊、残念 »

コメント

今の時代の子供達はかわいそう…私もちょっぴりそう感じる時があります。
物があふれ、お金を出せば何でも手に入り、少子化で贅沢三昧…。
バリアフリーな世の中は良いけれど、メタボを心配しなくてはいけない子供、バーチャルとそうでない世界の区別がつかない子供、“道徳”という意味を知らずに育った子供…このままで良いのか、日本!?じゃないけれど、不安を感じる私です。

投稿: グッピーちゃん | 2007年12月22日 (土) 21時24分

グッピーちゃん、こんばんは☆
またお返事が遅くなってしまい、申し訳ありません!
今の子供たちが過ごす、育つ環境を考えると、私も胸が痛くなります。
子供たちの親だけが考え不安になることではなく、
大人全体でなんとかしていくべきことなのですよね。
簡単ではありませんが、今やらなくてはならないのだと思います。

投稿: 蓮 | 2007年12月25日 (火) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/9505292

この記事へのトラックバック一覧です: そんなの関係…なくない!!!:

« お正月の伝統あれこれ | トップページ | 食いしん坊、残念 »