« 盲導犬ピンバッチ | トップページ | 幸せに通じる »

2007年11月21日 (水)

まずは、食べなきゃ

食べることは、生きること!

しっかり食べてエネルギーを得なければ生きていけないので、欠かせない。

食べ物を口にしないと命が危ないということはもとより、

日常を紡ぐためにも、何かを頑張るためにもエネルギーが必要。

弱った気持ちも何か食べると、ポジティブになれる。

10代、20代前半くらいは、悲しいことがあったとき、悔しい思いをしたとき、

絶望したときすら、大泣きしたあとは、必ずおなかが空く。

猛烈におなかが空くので、泣きながらご飯を食べていました。

負の感情はエネルギーを消耗する。

気力を持てないなかで、おなかが空くということは、

良くない状況を打開したい人間の本能的欲求によるパワーなのだと、思い返して実感。

4年前、母が病気になって手術したときも、待合室でおにぎりを頬張っていました。

兄には「こんなときによく食べられる」と言われましたが、

こんなときだから、食べなきゃ看病乗り切れない!

今は風邪一つひけないんだから!

と、結局3つも食べました(3つは、エネルギーにしても食べすぎ?…やはり食いしん坊)。

元気があれば、なんでもできる

と、アントニオ・猪木さんが仰っています。

その元気のためには、食べなきゃ。

食べることは、生きること!

そして、できるなら、

活き活きと、自分を活かして生きたい。

まずは、食べなきゃ。

|

« 盲導犬ピンバッチ | トップページ | 幸せに通じる »

コメント

こんにちは!

ネガティブな時に食べると、元気になる。
本当にそうですよね。

お母様が手術中に、おにぎりをほおばった蓮さん。
これから、頑張るぞ!という意気込みが感じられます。


食べる事は大好き!
元気になるし、美味しいし、心まで満たされます(^^)

投稿: 寝起きのパンダ | 2007年11月24日 (土) 08時50分

寝起きのパンダさん、こんばんは☆
元気なときはただ好きで食べているのが、ネガティブなときには、元気になるためにも食べる!
食事の力って凄いですよね。
私も食べる事大好きです!
凄く美味しいものを食べているとき、
「ホントに幸せそうな顔して食べるね」と言われたことがあります。
美味しいものを食べると、ホントに幸せなんです♪

投稿: 蓮 | 2007年11月24日 (土) 21時22分

蓮さん、こんばんは。今、まさしく、食べられない私にぴったりの記事で…。
どんな時でも食べられない事はなかったのですが、今回初めて食べられない日々を経験しました。
食べられなくなったらおしまいだとよく耳にしますが、本当に、食べる楽しみって必要だと感じました。
食べないと、力が出ないですものね!

投稿: グッピーちゃん | 2007年11月25日 (日) 21時17分

グッピーちゃん、こんばんは☆
お返事が遅くなってしまいました。ごめんなさい!
私もまず食べられない事はないのですが、1度だけ食べたいけれど、喉を通らないといいますか、
食べられなくなったことがりました。それで余計に心身ともエネルギーが足りなくて辛かったです。
グッピーちゃんが美味しいものを楽しく食べられて、お元気になられますよう!

投稿: 蓮 | 2007年11月26日 (月) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/9047122

この記事へのトラックバック一覧です: まずは、食べなきゃ:

« 盲導犬ピンバッチ | トップページ | 幸せに通じる »