« 気高い監視 | トップページ | 連想ゲーム »

2007年10月15日 (月)

毒蛾、おそるべし

更新が遅れました。

木曜日の夜、帰宅した早々、首に突然かゆみが。

触ってみると、プツプツと何かができている。

???

虫にでも刺されたかしら?

そのうち治まるだろうと、特に気にせず。

が、1時間、2時間。かゆみが消えない。

そっと触ってみると、プツプツの面積が増えている。

さらに少し痛い。不安になるも就寝。

翌朝。

湿疹の面積が最初の5,6倍になっている。かなり腫れもある。

まずいかな…。

夜、湿疹ができている右の首が左の倍に腫れ、

炎症を起こしているのか触るととても熱い。かゆさもピーク。

翌日、土曜日。

痕が残るのも長引くのも嫌なので、医者へ。

10代、20代半ばまで、長く医者にかかっていた経験から、

医者に対して強く苦手意識があり、極力避けています。

どこか具合が悪くなっても、限界まで行きません。

しかし、

水ぼうそうになったときと同様、かゆみには勝てない。耐え難い。

首なのでリンパも心配。

診察で原因もわかるだろうし、かゆみも治まるだろうと期待して行くも。

医者曰く、

「突然なったの?」

「何か虫とかに触った覚えないの? …原因がわからないなら、何かわからない。」

……。

アレルギーはないし、原因が思い当たらない。

以前、友人から毒蛾の話を聞いたことを思い出し、診察に行く前に調べてみたら、

「毒蛾に刺された場合、専門家が見れば一目でわかる」

「8割の人は、直接蛾に触ったわけではないので、自覚がない」

らしい。

しかし、目の前の医者は、よくわからないと、首をひねる。

やんわり尋ねてみる。

「風に乗ってきた毒蛾の鱗粉がかかることがあって、

それで腫れたり湿疹ができるって聞いたことがあるんですけど…」。

一瞬、医者の表情が曇り、

「まあ、あることはありますけど…」と首をナナメに振ります。

不名誉ですが、10代の頃、医者の診察を受けているうちに身についたこと。

こちらが質問したときの応対で、インフォームド・コンセントできる人かどうか、

判断できる。

今回、無理だとわかったので、もう質問はやめました。

触診でリンパは心配ないとの診断。かゆみと炎症を抑える薬と軟膏をいただいて帰宅。

土日におとなしく、しっかりケアしたおかげで、ほぼ治ってきました。

痕も残ることはなさそうです。

原因だけは、わからずじまいですが。

でも再度、調べてみた結果、

おそらく風に乗ってきた毒蛾の鱗粉が首にかかったせいだと。

それ以外思い当たるものはないので。

それにしても……普通に通りを歩いていただけです。

おそるべし、毒蛾。

みなさま、ご注意くださいませ!

|

« 気高い監視 | トップページ | 連想ゲーム »

コメント

蓮さん、大変でしたね。ひどくならなくて良かったです。我が家は皮膚が弱い家系なのでお気持ちが良くわかります…。
医者はヘンコツな人が多いので、言葉には要注意だと本当にそう思います。
今時分だと草花や、毛虫かと想像しましたが、蛾も毒があるのですね。これからは注意したいと思います。
蓮さんも、お大事にして下さい!

投稿: グッピーちゃん | 2007年10月15日 (月) 21時26分

グッピーちゃん、こんばんは☆
ありがとうございます。
おかげさまで、湿疹もすっきりと消えました。
医者の説明不足と姿勢は残念でした。
なぜそういうことを言うのかしら? と思う人に出会うと、
自分の言葉が不用意で配慮に欠けることがないように! と改めて考えます。

毒蛾、聞いたことはあったのですが、まさかそう滅多に…と思っていたら、
風に乗ってきたようで。
お気をつけくださいませ!

投稿: 蓮 | 2007年10月16日 (火) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/8438035

この記事へのトラックバック一覧です: 毒蛾、おそるべし:

« 気高い監視 | トップページ | 連想ゲーム »