« “あがりかまち、クリア”の法則 | トップページ | 太陽の国からの贈り物 »

2007年9月28日 (金)

私日和

事後承諾になります。

ブロ友、寝起きのパンダさんのブログをお訪ねしたとき、

“私日和”という言葉を目にして、

「あ、いいなぁ。素敵な言葉だなぁ」

と思ったので、使わせていただきます。

江戸しぐさを学んでいると、すべての軸は、要は、

「ひと在りき主義」。

高校生の頃に読んだ、灰谷健次郎さんや小池真理子さんの本が教えてくれたこと。

「ひとは生きているのではなく、たくさんのひとに生かされている」

一緒に過ごすことができなかった祖父の生き方。

「ひとに望むのではなく、ひとにできる事をする。私欲に走らない」

まだまだですが、そうありたいと。

“ひと在りき”

という軸を持てば、人間関係、良識、常識、マナーなどにあまり身構える必要はない。

今、クローズアップされている“品格”も、特別なことではない。

敷居は高くない。

時に失敗したり、誤解があったとしても、大丈夫。

で、

ひとを大切にする自分であるためには。

自分を愛することも大切。

甘やかすのではなく、自分づくりというか、自分を楽しむ。

それによって自分に余白を持つ。

「いかなるときでも、ひとを大切に」と言うのは簡単。

でも、心や体が悲鳴を上げていたら、やはりどこかにゆがみが生じる。

心と体にエネルギーを持っていたい。余白をつくっておきたい。

そこで、スペースづくりとエネルギーを貯めるために“私日和”。

私による、私のための1日。

思いっきり、出し惜しみせず、自分のために時間を使う。

そういう1日を過ごして眠り、朝が来たら。

“まずひと在りきで”、に戻る。

そうやって生きたいから、存分に私日和を過ごす。

私日和を持っていたい。

いよいよ楽しみにしていた「スペイン国立バレエ団」の公演。

存分に私日和を味わいたいと思います♪

|

« “あがりかまち、クリア”の法則 | トップページ | 太陽の国からの贈り物 »

コメント

蓮さん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
もう終わってしまいましたが「女帝」というドラマで「女帝は自分がなりたくてなるものではない。まわりの人にならせていただくもの」と言うのを聞き、はっとしました。
多分私に足りないのは、こういうことなんだわって気付いたんです。蓮さんのブログを読んで思い出しました。人は一人では生きていけないんですよね。本当にそう思います。

投稿: グッピーちゃん | 2007年9月29日 (土) 11時29分

グッピーちゃん、こんばんは☆
お返事が遅れて申し訳ありません。
「女帝」、見ていませんでしたが、凛としたかっこいいセリフですね☆
“孤独”を感じることはありますが、それでも「この世にひとりで生きているわけではない」
と思うから生きていられるような気がします。

投稿: 蓮 | 2007年9月30日 (日) 23時57分

こんにちは!

‘私日和’蓮さんに意味を広げてもらって
嬉しいです!

‘私日和’⇔‘ひと有りき’うまく切りかえていきたいです。

バレエの公演、楽しみですね♪

投稿: 寝起きのパンダ | 2007年10月 1日 (月) 07時37分

寝起きのパンダさん、こんばんは☆
こんな感じで、使わせていただきました☆
ありがとうございます。

バレエの公演、楽しんできました。
感動で、好い“私日和”でした♪

投稿: 蓮 | 2007年10月 1日 (月) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/8152755

この記事へのトラックバック一覧です: 私日和:

« “あがりかまち、クリア”の法則 | トップページ | 太陽の国からの贈り物 »