« 真夏の恐怖 | トップページ | またひとつ、ウェルカム »

2007年8月 8日 (水)

指先の緊張感

どうしたら踊りが上手くなるか。

それは、指先までしっかり神経を行き届かせること。

どなただったか、そうインタビューに答えている方がいらっしゃいました。

聞いたのは10年以上前。

以来、踊っている人を見ると、指先の動きに目がいきます。

素敵だなと思うダンサーは、やはり指先の動きがきれい。

それだけれはありません。

指先に神経が行き届いている人は、腕、腰、足、視線、身体全体がしなやかで優雅。

そして、凛とした緊張感が漂っている。

そういう一流のダンサーは、ステージを降りても動作が美しい。

ただ座っている。ただその場に立っている。それだけで絵になる。

なぜだろう? と観察、分析。思ったのは、

肩の凝らない、心地好い緊張感。

並々ならぬ精進を重ねていることで、心身に沁みこんでいる習慣。

素晴らしいことは日常に取り入れてみる。

「立ち居振る舞いをきちんとしよう」と思うと、

習慣として身につくまでは、つい力が入りがち。

「きちんとしよう」という気持ちが緊張を生み、肩に力が入る。

これでは身体によくない。

身体が無駄に疲れては素敵じゃない。楽しくない。

立つ、座る、歩くなどの基本動作。

お辞儀、食事、物の受け渡し。物の持ち方、扱い方などなど。

日常の行動。まず、指先を意識の起点にしてみる。

指先の動作を丁寧に扱う。

指先を丁寧に、を習慣にする。

手の動きは目に入る。

雑に扱えば自分で気づく。きれいな動作が出来れば、気分がいい。

次第に指先の動きが優雅に思えてくる。楽しくなる。

1つ自信になる。

実際に指先に気を配るようにしていると、

末端から自然と指令が伝わるのでしょうか。

続け! とばかりに、肩の力を入れずに身体の他の部分も、

動作を指先に合わせてくる。

正式な食事のいただき方やお辞儀の仕方などを覚え身につけるためにも、

まず、指先の魔法を楽しんでおく。

心はリラックス。指先は凛とした緊張感。

それから“作法”に移ると、浸透しやすく、楽しいので習慣になりやすい。

日常という舞台で、優雅に踊るダンサーになれる指先の緊張感。

大事にしたい。

|

« 真夏の恐怖 | トップページ | またひとつ、ウェルカム »

コメント

わあ、私も指先に意識してみます(^^)
意識する事でそれが自然と身について、すべての所作が美しくなれると最高ですね!

指先にまで神経を配る踊りで一番に思い出すのは「日本舞踊」でしたが、そういえばタイの踊りなんかもそうですね。
こちらも意識して見てみよう♪

投稿: 寝起きのパンダ | 2007年8月 9日 (木) 10時51分

私も、日本舞踊を思い出しました。
自然な美しさが出せるには相当の訓練(?)が必要だと思いますが、ちょっとした気配りで少しでも美しくなれるのであれば、努力する価値がありますね。
やはり、ちりも積もれば・・・の精神でしょうか?
私も頑張ってみます!

投稿: グッピーちゃん | 2007年8月 9日 (木) 12時39分

寝起きのパンダさん、こんばんは☆
手は目に映るので、少しでも成果が出てくるとわかりやすいんですよね☆
小さな張り合いが他の部分にも連鎖すると信じています!
日本舞踊。優雅で素敵ですよね。
日舞は女性らしいしぐさの参考にもなりそうですね♪


グッピーちゃん、こんばんは☆
ちりも積もれば山となる。この言葉大好きです。
相当の訓練の味方、“時間”と仲良くして、1つ1つささやかなことを積んでいきたいです。
私も頑張ります!

投稿: 蓮 | 2007年8月 9日 (木) 22時29分

昔、ほんの少しだけですが「日本舞踊」をやってました。特に踊りが苦手な私は「日本舞踊」なら。と思ってましたが。。実際にやってみると、想像以上でした。
まず「浴衣が一人で着れること」から始まるのです。自分で着てみると踊ってるうちに浴衣が少しずつ乱れてしまうのです。先生に着せていただくと、踊ったあとでも全く乱れることはありませんでした。「日本舞踊」は外から見ると優雅で、結構簡単に私は思ってたのですが実際に教えていただいてた時は、「肩の位置」、「首の向き」、「手の指先」まで「体全身」全て気を気を抜けず、思ったよりハードでした。何か一つに意識が向くと、指先がおろそかになったり。そこに「扇子」が加わると、もうパニックです。笑。
私は数回参加しただけで、やめてしまったのですが。
自然と優雅に立ち振る舞いが出来る、そんな女性にとても憧れますね。

投稿: れい | 2007年8月10日 (金) 01時11分

指先に神経を行き届かせるということを、ほとんどしたことないですね^^;
確かに、動作やしぐさのキレイな人は、指先まできれいな動きをします。
日本人は洋服を着るようになってから、ちょっとガサツになってしまったのかもしれませんね・・・
気をつけなくちゃ!

投稿: ユリコ | 2007年8月10日 (金) 16時51分

れいさん、こんばんは☆
日本舞踊、挑戦してみたいなぁと憧れます。
見る分には優雅だわ~と思いますが、やはり実際に修練するのは大変なんですね。
体全体に神経を行き届かせ、それを自然と優雅に。そうい女性になりたいです!


ユリコさん、こんばんは☆
おしゃれをするとき、最後は全身が映る鏡でチェック! とよく言いわれるのと同じように、
立ち居振る舞いも全身のトータルバランスが必要なんだなぁとしみじみ思います。
洋服を着るようになってから! 確かに楽な服装ほど、気を抜きがちのような。
油断してはいけないですね。私も気をつけなくちゃ!

投稿: 蓮 | 2007年8月10日 (金) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/7462918

この記事へのトラックバック一覧です: 指先の緊張感:

« 真夏の恐怖 | トップページ | またひとつ、ウェルカム »