« 「それいゆ」の名のように、あたたかく | トップページ | 指先の緊張感 »

2007年8月 6日 (月)

真夏の恐怖

丑三つ時の話ではなく。

夜風が気持ちいいな~と、のんびり自転車を漕いでいると。

「ダッ!」

バサバサバサバサという羽音と共に、頬に痛みが走ります。

カナブンあたりでしょうか。虫が顔に直撃。

毎年、夏はこの直撃に怯えます。

カナブンに体当たりされるくらいは、まだいい。

真夏の道で最大の恐怖、問題は、セミ!

よく木や電柱でバタバタ音を立てているので、

そちらに気をとられていると、地面からブワーッと飛び上がる。

当たりはしませんが、毎年必ずスレスレを通るのは恐怖。

毎年、夏が過ぎるまで「どうぞ当たりませんように!!」

と祈るばかりです。

丑三つ時ではなく、と言いましたが、真夏になると放送される怖い映画や怪奇特集。

お化け屋敷は一切怖くないのに、テレビで見ると怖い。

怖いのに見てしまう。

真夜中、暑さで起きたとき、何気なくテレビをつけたら、

稲川淳二さんが出ていると、バチッと目が覚める。

失礼ですが、話を聞く前に「怖い…」と思ってしまう。

なぜ、怖いと思うものを見てしまうのでしょう。

実際に自分でも心霊現象に遭遇したことはあります。

怖いことは怖かったですが、思い出しても「ああ、驚いたなぁ」くらい。

ホラー映画や怪奇特集の方は、フィクションなのに「ギャッ!」とのけぞって小さく悲鳴。

今年もテレビをつけて特集していたら、見てしまうでしょう。

ひとつ、勘弁してほしいこと。

怖いものを見ているときに鳴る電話。

これがある意味いちばん怖いかも…。

|

« 「それいゆ」の名のように、あたたかく | トップページ | 指先の緊張感 »

コメント

蓮さんこんにちは☆
今日も暑いですね。。蝉もミンミン鳴いています。暑いので、ちょっとヒヤッと一瞬涼しくなりました~笑。
私は怖がりなので、ホラーは気になりますが全くっていいほど見ません。私の母は大好きで一人でよく見ています。私からしたら、考えられません。
この時期は、TVも多いいですよね。私はお化け屋敷も絶対に入れません。私は友達を外で待ってるのですが、その横を子供が普通にお化け屋敷に入るのを見て、子供の方が勇気あるなって思います。笑

投稿: れい | 2007年8月 7日 (火) 13時01分

れいさん、こんばんは☆
今日も暑かったですね~。
うちは母がお化け屋敷ダメなのです。昔、お化け屋敷で恐怖のあまり動けなくなり、
係員の方に手を引いてもらって非常口から出たそうで、2度と入らないと決めたらしいです。
私は全然平気なんですよ~。(仕掛けに迫力ほしいな~)と思いながら歩いていると、
暗いうえに前方不注意で壁にぶつかったり、順路だと思ったら行き止まりだったり。
不注意な自分が怖いです。

投稿: 蓮 | 2007年8月 7日 (火) 23時18分

怖いもの、苦手な私です。
母に言わせれば、“見えないモノ”なんて怖くないんだとか。(本当は母には見えているはずなのに・・・!)
最近、“お岩さん”をやらなくなったのは気のせいかしら?
こちら(広島)はもうすぐ“お盆”なので、また見たくないものが見える季節。憂鬱です。

投稿: グッピーちゃん | 2007年8月 8日 (水) 21時19分

グッピーちゃん、こんばんは☆
見えないモノは怖くない。見てしまうと怖い、だから見たくない! もうなるべく遭遇したくないと願います。
そういえば、“お岩さん”昔ほど見なくなりましたね。効果音たっぷりのバーンとしたものも、驚きます。でも、日本に昔からある“お岩さん”みたいなもの、しっかり話の筋があるものがいちばん怖いと思うのですが。

投稿: 蓮 | 2007年8月 9日 (木) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/7437775

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の恐怖:

« 「それいゆ」の名のように、あたたかく | トップページ | 指先の緊張感 »