« 黄金の!!! | トップページ | 素敵な進化に小躍り♪ »

2007年5月23日 (水)

3禁顔

人間だもの

と、相田みつをさんも仰っています。

ひとは弱いところがあり、嫌な部分もたくさんある。

自分のことを考えてみても、悪いところ、至らないところ、情けないところ、

未熟さ。ダメな部分てんこ盛り。

ありゃりゃ。情けないなぁ。ま、いっか。しっかりしなさい!

大人気ない。頑張らないと!

と、その時々で、よくない自分を反省してやり過ごす。

そんな私。

自分に決めている唯一のルールと、3つの禁じ顔があります。

ルール

「自分の中の“業”から目を背けない、投げ出さない、逃げない」

※業というとキツイですが、“譲れないもの”という意味で。

自分の業によって決めたことは、そのプロセスが苦しくても辛くてもすべて、

誰でもなく自分の責任。誰を恨むものでもない。

それだけは守ってきました。

無神経な顔、攻撃的な顔、嫉妬に燃えた顔、傲慢な顔などなど、

よくない顔(※顔は、態度・姿勢の意味で)はいろいろあります。

その中で特に、人づき合いにおいてNG!と思っている3禁顔。

①自分軸だけの決めつけ顔

②物知り顔

③優越顔

①「自分軸だけの決めつけ顔」は、

相手の心や状態・状況などを考慮せず、自分の価値観、経験、

考えだけで○○はこうだ。これが正しい。こういうものだ、と決めて振りかざすこと。

自分が人にこれをされると、今はそれなりに受け止め、

ひと呼吸おけるようになってきましたが、10代の頃はダメでした。

「それはあなたの考えでしょう。私はそうは思わない」

「(私のことを)なぜ勝手に決めるの?」と反発。

いっぱいいっぱいでした。

②「物知り顔」は、

自分はわかっている、と示す顔。

地球が円いのになぞらえて、世界を円形グラフにしてみると。

ひとが一生で知り得る部分は一部。ジタバタがんばっても、

少々角度を広げられるくらい。

それなのに、①と重なってしまいますが、

「自分にはわかっている。○○はこうなんだから」と決定して、

まあまあ、知らないあなたに教えてあげるから、聞きなさい。とそういう顔。

これは、そういう人に遭遇しても割りと流していました。

聞いているフリをして右から左…態度悪いですね、私。ごめんなさい!

③「優越顔」は、

そのままです。

誰が誰より上だ下だ、には興味がありません。

誰にでも、誇れる素晴らしい部分と不得意で自信を持てない部分があるのでは。

人と比較して、何かで優位に立った気になっても、

他の部分で相手に劣っているかもしれない。

そこを指摘されたらどうするのかな?…やめたほうが…とひと事ながら思ってしまいます。

いい部分は大事にすればいいし、嬉しくない部分は、

誰かに優越感をもたれる筋合いはないし、卑下することもない。そう思います。

よろしくない顔はしたくない。

それでも、人間だもの。思わずしてしまうことも。

気づかずにひとを不快にさせていることがあるかもしれない。

精進していかねば、と思います。

自分に特にNG!としている3禁顔は、ひとのプライドに関わることだと考えるので、

肝に銘じています。

とても長くなってしまいました。しかもなんだか硬い。

次回はなるべく短めにしたいと思います。

……たぶん。

|

« 黄金の!!! | トップページ | 素敵な進化に小躍り♪ »

コメント

今日は良い勉強になりました<(_ _)>
1番目の自分軸だけの決めつけ顔、私が一番気をつけなくては!と感じました。
自分が憲法だと思っている人が多い世の中、自分自身のいけない所を知る事からはじめなくては!

投稿: グッピーちゃん | 2007年5月24日 (木) 12時57分

グッピーちゃん、こんばんは☆
意見が合わなくて、ムッとした顔をしてしまい、ポーカーフェイスって言葉があるじゃない。と反省することも。よい顔ばかりではいられませんが、3禁顔はしない!と肝に銘じています。“つもり”にならないよう、再度、自分に言い聞かせる意味で書きました。

投稿: 蓮 | 2007年5月24日 (木) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/6526174

この記事へのトラックバック一覧です: 3禁顔:

« 黄金の!!! | トップページ | 素敵な進化に小躍り♪ »