« それで、ええねん | トップページ | 能と美人 »

2007年4月16日 (月)

レオナルドといえば

何が浮かびます?

今、東京国立博物館で催されているダ・ヴィンチの特別展。

行きたいと考えながら蘇った質問。

『タイタニック』が大ヒットした翌年あたりだったでしょうか。

友達数人と見ていた雑誌に、「レオナルド」といえば?

という質問がありました(考えてみればよく意味のわからない質問)。

ダ・ヴィンチとディカプリオに意見がわれました。

私は、ダ・ヴィンチ。

今ならディカプリオと答えるかもしれない。

わりと好きです。

社会問題への関心の高さ。環境問題への取り組みは尊敬です。

『タイタニック』のジャックもキュンとなって好きです。

でも、『タイタニック』の公開当時、スティーブ・マックィーンに夢中だった私。

ディカプリオ。年上に対してこういうのもなんですが、甘いベビーフェイスが苦手で。

観賞したのは何年も経ってからでした。

ここのところ、ほどよく甘さがとれてきたディカプリオの新作も公開しているし、

ふたりのレオナルドを楽しみたいな、と思う今日この頃です。

|

« それで、ええねん | トップページ | 能と美人 »

コメント

お見舞いコメントどうもありがとうございます。お陰さまで、順調に回復してきております。ご心配をお掛けしました。
気分的にずいぶん楽になり、心に余裕が持てるようになりました。

ところで、レオナルドとくると私は「ダ・ヴィンチ」です。そして「モナ・リザ」と続きます…?

投稿: グッピーちゃん | 2007年4月17日 (火) 12時52分

グッピーちゃん、こんばんは。
本当に、本当によかったですね!

グッピーちゃんも、レオナルドはダ・ヴィンチですか。
そうなんですよね、となると、セットでモナ・リザって浮かびますよね。
私もダ・ヴィンチと答えながら、絵が浮かびました。

投稿: 蓮 | 2007年4月17日 (火) 23時13分

そりゃあダビンチでしょう。
ディカプリオは未だに好きになれないけど
タイタニックがアカデミー賞に輝いた時、彼がノミネートさえされなかったのは、いくらなんでもかわいそうでした。だって、ディカプリオファンが沢山見に行った事も、あの映画の成功の基になったと思うから。

昨年、友人とルーブル美術館に行ったとき、へそまがりな私はモナリザなんて有名なものは見たくもなかったんだけど、友人が見たいと言うのでいやいや「モナリザの部屋」へ行き、斜に構えて人の頭越しに見たら・・いつも印刷で見てた、おばさんくさい妖しい御夫人とはまったく違う、哀しさを湛えた可憐な女性がいました。そこから身動きできなくなり、時間がなかったのに一時間ほど、人に押されながら見つめあってしまいました・・・長くなってすみません。そのほかの「ヨハネ」も「岩窟の聖母」もなんとも言えない魅力がありました。

投稿: みちる | 2007年4月18日 (水) 12時29分

みちるさん、こんばんは☆
ディカプリオ、実は作品は3つしか観ていないんです…。
社会・環境問題への意識、取り組みで好感を持ったので。
「ディパーテッド」を観ようと思ったのですが、結局観なかったので、新作は観てみようかと。

お話を聞いて、ますますダ・ヴィンチ展へ行きたくなりました。
やはり素晴らしい絵は身動きできなくなるものですよね! 
初めて東山魁夷の絵を見たとき、絵の前でしばらく立ち尽くしていました。
帰るとき、もっとずっと見ていたい!と名残惜しかったです。
う~ん、早くダ・ヴィンチ展へ行きたい。

投稿: 蓮 | 2007年4月18日 (水) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/6115875

この記事へのトラックバック一覧です: レオナルドといえば:

« それで、ええねん | トップページ | 能と美人 »