« お箸の国のひと、その作法 | トップページ | わかっちゃいるけど、とめられない »

2007年3月30日 (金)

自然体に匹敵。すてき

素敵、という言葉。よく使います。

使いながら気になったこと。

すてき。漢字では素敵。素・敵。

敵?

素が敵? 素の敵?

あっ、素に匹敵!

赤ちゃんの姿。ありのままの存在、美しいですよね。

“自然体”賛歌をするなら、赤ちゃん以上はない気がします。

従姉の家の赤ちゃんに初めて会ったとき、

そこにそのまま存在しているだけで力強い命。その輝き、尊さに感動しました。

街中で見かける赤ちゃんにも同じことを感じます。

赤ちゃんが自然体の最高峰なら、あとは下がっていくのか。

そうではなく、そこから人として素敵への道がスタートするのでは。

誰もが、我良くあらんとして頑張る。

混沌と切なさを伴いながら考え悩み模索し、

たくさんの感情と出来事を重ね紡いでいく。

そのジタバタ感がいい。

誰もが自分のプロデューサーで、輝くために考えて演出する。

その姿、その人だけがつくりあげていくものが、

素に匹敵する美しさであり、尊いのではないか。

人を賞賛するとき、あまり自然体という形容はピンとこない。

一見さらりと自然体に見えても、その人なりのさまざまな気持ち、

出来事を練って練って汗をかいているはず。

人が時を重ね、歳を纏いながら生み出していくもの。

素に匹敵する美しいもの、素敵。

これからもたくさんの素敵を見つけたい。

自分でも素敵になっていきたい、と思います。

|

« お箸の国のひと、その作法 | トップページ | わかっちゃいるけど、とめられない »

コメント

う~ん、赤ちゃんには勝てないですね。あの天真爛漫な顔を見ていると、幸せな気分になります。
自分では産んでいないので育てた事はありませんが、甥っ子が4人もいるので、少なくとも4回は幸せのおすそ分けをしてもらった事になります。
年を重ねてステキな人に共通する事、それは身体の中からにじみ出るオーラ?心の美しさがそのまま出ている、作り物でないホンモノの美しさを持っているということではないでしょうか?
残念ながら、私はまだまだ修行不足です…。

投稿: グッピーちゃん | 2007年3月31日 (土) 22時24分

グッピーちゃん、こんばんは☆
お返事がおそくなってすみません。
独り者なので、私も人から幸せのお裾分けもらっています。赤ちゃんはそのままで美しさ無敵☆
人それぞれに歴史があって、それぞれの素敵をつくり上げていくんだなぁと最近思います。その人にとっては不本意な出来事すら、その抱える切なさがときにその人を美しくしたり。
あれやこれやと足掻きながら自分なりの素敵、つくっていきたい!と思います。

投稿: 蓮 | 2007年4月 1日 (日) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/5914015

この記事へのトラックバック一覧です: 自然体に匹敵。すてき:

« お箸の国のひと、その作法 | トップページ | わかっちゃいるけど、とめられない »