« 砂時計でハムレット | トップページ | まずは小さな1歩、はじめます »

2007年3月21日 (水)

「ホッ」で三度思う

先週、『ニワトリはハダシだ』(2004年公開)という映画を観ました。

各キャストが好演していて、好きだと感じた作品。

感想で書きたいことはたくさんありますが、

養護学校の教師・直子が子供たちと向き合う姿勢。

全力で仕事と付き合っている姿にホッとしたのは、観てよかったことの1つ。

「ホッとした」とはおかしな言い方ですが。

ハタチのとき、1年ほど福祉のボランティアをしていました。

障害者施設の遠足の1日付き添いボランティアに参加したとき、

施設の職員に言われた言葉が衝撃だったので。

「ハタチだっけ? 若いのによくやるよね。なんでこんなことやろうと思ったの?

普通遊ぶでしょ? その時間使ってわざわざ……。僕はさ、給料もらってるからねえ。

タダでしょ? 普通遊ぶよ~!」

ハタチの私はあっけにとられて声も出ませんでした。

ただ、彼以外の職員の方々は、

映画の教師・直子同様、真摯に働いていらっしゃいました。

今回、映画を観て先の職員の発言を思い出し、三度思ったこと。

習慣と環境は大切だ。

職員の男性の発言は、本人の人柄からくるものも多分にある(おそらく)。

それだけではなく、福祉に対する日本のあり方、認識によるところも大きいのでは。

遠足の付き添いボランティアのときも、ボランティア講座の実習で訪れた施設でも、

恥ずかしながら、接した子と意思の疎通がうまく図れず、

どうしたらいいのか固まってしまうことがいくつもありました。

自分のいたらなさ、未熟さを情けなく思うと同時に、習慣と環境の大切さを実感。

これが2度目。

ボランティアに参加したことで、

福祉と社会全体・大多数の人々(自分も含め)との間に距離があること。

福祉・ボランティアが「特別」で、一部の人が考えるものになっていると感じました。

最初に考え出したのは、高校3年のとき。

社会科の卒業論文を書いたとき。

テーマは自由。

政治、環境問題、その当時新聞で扱われていた時事問題。

それらをテーマにしている人が多い。

私も、何にしようか考え、環境問題に関心を持ち出していたので、

それにしようと決めかけていました。

当時、灰谷健次郎さんの本を夢中で読んでいたので、

教育についても関心を持ち出していました。

そして小学生の頃から疑問に思っていたこととリンクして、気持ちが動きます。

教育についてレポートしよう、に決定。

長くなってしまうので、続きは次回。

|

« 砂時計でハムレット | トップページ | まずは小さな1歩、はじめます »

コメント

介護、祖母が骨折して入院して痴呆がひどくなるまで無縁のものだと思っていました。高齢者は環境が変わるだけでも痴呆が出やすいのに、手術のあと眠れなくて睡眠薬を飲まされたり注射されたりしてどんどん痴呆が進んでしまって、あっというまに自分の事が何も出来ないような人になってしまいました。
退院後我が家で一年間一緒に過ごしましたが、介護の苦労、大変さはしたものでないとわからないとつくづく身にしみて思うようになりました。
老人介護施設等で働く方々、本当に頭が下がります。介護だけでなく、色々考えさせられた祖母との生活でしたが、最近の介護保険は介護される人や家族の事を考えての改正ではなく、いかに効率良く(?)運用するかを重点的に考えられているような気がしてなりません。
高齢者だけでなく、心身に障害のある人の事をもっと知ってもっと使いやすい制度にして欲しいと思う私です。

投稿: グッピーちゃん | 2007年3月24日 (土) 16時39分

グッピーちゃん、こんばんは。
父方の祖父母にはほとんど会うことがありませんでした。母方の祖父母はともに他界しているので、身近で介護を知らない私です。
「何事も経験してみないと」「経験してみることが大切」好んで人が口にする言葉だと思います。ただ、個人レベル限定で、福祉・環境・政治・たくさんの社会問題などになると聞えなくなる。
これらのことは一部の人だけが考えることではないはずなのに。
無関係だと思い、無関心でいていい状況から、関心を持ち、「知ろう」と人が考え出すような環境、必要だと思います。

そう!
友達のご両親がデイケアの仕事をはじめられたと聞いて、グッピーちゃんが仰るように頭が下がる思いはしていました。
が、介護経験がなく、まだどこか身近に感じていないない私がいて。ごめんなさい。不勉強で軽々しく何かを申し上げることはできませんが、グッピーちゃんのお話。知らないことを教えていただきました。
ありがとうございます。


投稿: 蓮 | 2007年3月25日 (日) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/5764917

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホッ」で三度思う:

« 砂時計でハムレット | トップページ | まずは小さな1歩、はじめます »