« “女の子”に戻る時間 | トップページ | 自然体に匹敵。すてき »

2007年3月28日 (水)

お箸の国のひと、その作法

すっかり忘れていた。

いつの間にやら忘れていた。

あら、いやだ。

ということで、再開。

お箸の持ち歩き。

高校生の頃だったでしょうか。

今井美樹さんのインタビュー記事を読んだら、

お箸を持ち歩いていると仰っており、

「小さなことでも自分にできることからやろうと思う」というようなことが書かれていました。

憧れの人の言葉は、目や耳だけではなく、心にくる。

今井美樹かっこいい!

美樹さんに倣ってお箸、持ち歩こう!!

ということでバッグには箸箱が必需品となりました。

一人くらいそうしたからって……

と言われたことがありますが、ひとり割り箸を使わなければ、1本割り箸が必要なくなる。

100人なら100本。1万人なら1万本の割り箸を作らなくてすむ。

1万人が10回使うところを0回にしたら……ねえ。生産が減る。

お箸については、いろいろなマナーがあります。大切です。

でも、うっかり「嫌い箸」というマナー違反をしてしまうのは、

「大丈夫、ご愛嬌よ」と笑えても、エンドレスに箸を使い捨てにするのは笑えない。

お箸の国のひとだもの

というCMのキャッチコピーが、昔ありましたが、

毎日使うものだもの 自分のお箸、持ちましょう

は、「お箸の国のひととしてのマナーなんだ」と美樹さんに教えていただきました。

にもかかわらず、ここ2年くらい、いつの間にか持ち歩きの習慣がなくなっていた。

先日思い出したので、持ち歩きを再開しました。

今度はやめないように、がんばります!

|

« “女の子”に戻る時間 | トップページ | 自然体に匹敵。すてき »

コメント

なかなかステキな習慣ですね。
時々、マイ箸を持っていくと何円か割引があったり、1品付いていたりと得をするお店を見かけるようになりました。
箸袋もかわいいのを売っているので、ぜひぜひセットで持ち歩いてほしいです!

投稿: グッピーちゃん | 2007年3月29日 (木) 21時07分

箸を持ち歩く、そういうこと考えたことありませんでした。きっと、どこかで聞いたりしているのだと思いますが、耳に残っていないのでしょうね。
今日は、しっかりと心に留めました。普段、仕事で誰かと一緒に食事をすることが多いので、持ち歩きは難しいのですが、出来る事を探してみたいと思います。たくさんありますよね。

投稿: さとみ | 2007年3月29日 (木) 23時16分

グッピーちゃん、こんばんは☆
ふたつもコメントありがとうございます♪
アイスを買うときに、スプーンを断ると「ありがとうございます」とレジの人に言われますが、割引の話は知りませんでした。割引されたことないなぁ。嬉しい制度ですね☆もっと広がること期待。それでもって少しでもマイお箸の人増えるといい!
シンプルな箸箱を使っているので、かわいい箸袋、気になります。探してみようかな。

さとみさん、こんばんは☆
私も美樹さんのインタビューを読むまで考えたことありませんでした。
なかなかパッとは思いつきませんが、きっと何か出来ることはあるのに、通過してしまっていることがいくつもあると思うので、さとみさんが仰るように、私も出来ることを探していきたいと思います。

投稿: 蓮 | 2007年3月30日 (金) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/5888771

この記事へのトラックバック一覧です: お箸の国のひと、その作法:

» 日本における箸の普及 [雑学大全 ~出張版~]
箸(はし)の渡来は6,7世紀ごろといわれています。しかし、はじめはぜんぜん普及しませんでした。一般人はもとより、僧侶や貴族なども面倒くさい箸など使わなかったのです。箸が普及したのは、ある有名な人物が強く奨励したためでした。その人物とは?なぜ、面倒くさい箸を奨励したのか?その答えはこちらでどうぞ。 ↓日本における箸の普及雑学大全... [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 19時37分

« “女の子”に戻る時間 | トップページ | 自然体に匹敵。すてき »