« ま、まぶしい場所 | トップページ | からすの勝手でしょ~? »

2007年1月18日 (木)

教養を考える

愛用の辞書・大辞林によると、

教養

①おしえそだてること。

②社会人として必要な広い知識。またそれによって養われた品位。

③単なる知識ではなく、人間がその素質を精神的・全人的に開化発展

    させるために学び養われる学問や芸術など。

文化。やはりひとによって重要なものなのですね。

辞書の説明の通りに受け取って考えてみると、教養のあるひととは、

文化に関心があり、知った知識で自分を磨き、品格を身につけたひと。

社会人としてということは、社会を見つめる目を、意識をもっているということ。

必要以上のお金至上主義。あっさり起きすぎる殺人。政治・環境問題への無関心。

比較・勝ち負け(優劣)シンドローム。

企業最優先でひとが軽んじられる構造。

世相、ニュースや社会問題を見て考えると、「教養」が見えない。

学問で考えれば、大学まで出ているひとは多いし、現代は小さいうちから

「英才教育」花盛り。「教育」水準は決して低くない。

なのに、教養や品位は…。

大昔の日本は、諸外国から憧れられる文化的で教養のある国だった、

ときいたことがあります。

口で品格とか美とか言うだけでなく、大仰なことではなく、日本全体で、

教養というものを見つめるべきでは、と思います。

自然を愛し、芸術を愛し、文化を育む。

殺戮を拒絶し、平和を願い、日常を慈しむ。

社会、地域でみんなが「思いやり」を持ち合って生きる。

そうなっていけたら、と思います。

|

« ま、まぶしい場所 | トップページ | からすの勝手でしょ~? »

コメント

コメントありがとうございます。
乗り物の中で本が読めない体質(気分が悪くなる)なので、電車通勤の時間が有効に使えません。でもまぁ、考えようによってはその時間くらいぼけ~っとしておけばよいと言う事かもしれないのですが。

教養、難しいテーマですね。会社では力量を問われます。いくら知識や技術があっても、活かせないとないと同じ、能ある鷹は爪を隠し、ここぞと言う時にぱぱっとやりぬけられるような、そんな風になりたいと思っています。でもなかなか…。

投稿: グッピーちゃん | 2007年1月19日 (金) 08時47分

こんばんは☆

教養、品位。。
子供を育ててると、どうしても視野が狭くなりがちです。
今日のテスト。先日の習字の出来。
社会という大きな枠で考えなくてはって思いました。
教育って難しいです。。

投稿: 寝起きのパンダ | 2007年1月19日 (金) 18時48分

グッピーちゃん、こんばんは☆
私は割と電車の中で本を読んだりします。夜寝る前に読むこともありますが、
その時間は音楽を聴くことのほうが多くて。
ぼけ~っとする時間を持つことは大切ですよね!
能ある鷹で、ここぞで! 私もそうなりたいです。


寝起きのパンダさん、こんばんは☆
う~ん、まだ私は娘の立場でしかないのですが、
「お母さん」はいろいろ考えてくれているのですね。
世の中の子供たちが教養を素敵だと自然に思うように、
大人が教養を持ち、大切にしないといけないのだろうと感じます。

投稿: 蓮 | 2007年1月19日 (金) 21時47分

こんにちは。
教養といわれて、もちろん幅の広い知識だけでないし、教養を教えてもらうとか教えるというのもイメージできないしとらえどころがなく難しいですね。
身近なところで、大学でもこの記事でいう教養は得られていない気がします。自分で身に付けていくしかないのでしょうか?それにしても今の時代は教養を身につけられるような機会に乏しいような気もします。

投稿: シャンハイ | 2007年1月20日 (土) 02時30分

シャンハイさん、こんばんは。
教養って深いですよね。これを収めたら「はい、もう教養あります」ってわけではなく…。生きていく中で少しずつ、考え考え身につけていくもの。うんと五感を働かせ、アンテナを磨きたい!って思います。

投稿: 蓮 | 2007年1月20日 (土) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/4983094

この記事へのトラックバック一覧です: 教養を考える:

« ま、まぶしい場所 | トップページ | からすの勝手でしょ~? »