« おまけ♪&接客美人 | トップページ | フテブテシク、しぶとく »

2006年12月 7日 (木)

生きた自然の体感

市販のトマトジュースが飲めません。

塩が入っていたり、添加物が入っていたり。

味覚が拒絶します。

子供の頃、家の隣に農家のお宅の、ビニールハウスがありました。

ちいさな納屋もあり、わらとか鍬とか、家では目にしないものがおもしろくて、

よく眺めていました。

かわいがっていただいていたので、納屋にもハウスにも出入り自由。

夏はおやつ代わりに、ハウスに入ってトマトをもいで、サッと水で洗ってガブッ。

今日もリコピン摂取、明日もリコピン摂取、明後日も~、

と毎日リコピン摂り放題。

それとは別に、かごいっぱいのトマトをいただくと、母がジュースにしてくれたのが、

我が家の夏の風物詩でした。

天然のトマト食べ放題だったので、どうしても市販のトマトジュースが飲めません。

今も、スパゲッティのミートソースを作るときも、ホールトマトは使いません。

ピューレも使いません。

生トマトから作ります。(なので、トマトの値段の高さはため息)

さて、ニュースで、子供たちへの、死に関する意識調査で、12歳くらいでも、

死んでも生き返ると思っている子が多いとか。

怖い結果です。

それを考えると、今の子、特に都会の子達は、野菜や果物は、

スーパーでうまれると思っている子がいるかもしれない。

お肉もお魚も、切り身の認識しかないのかも。

ちょっと由々しきこと、と感じます。

そういえば、知り合いに、夕べ何を食べたか聞かれて、

「鰯の磯辺上げ作ったよ」と言うと、「えっ? さばいたの?」と言われたことがあります。

「そりゃ、さばくよ」と言うと、「ええ、怖い、信じられない」と返ってました。

なぜ怖いのかよくわかりませんが、おとなでも、魚をさばくだけで驚く時代。

教育現場を変えようという動きが、あれこれありますが、

生きた自然を、世の子供たちが体感できる方法、あれこれあると思うのです。

そちらを考えてほしい。

五感を磨ける場所、機会を持たせてあげること。そのことで脳を活性化して、

思考力を身につけることが「生きる」ということが、

心と身体に沁み込むように思うのですが。

|

« おまけ♪&接客美人 | トップページ | フテブテシク、しぶとく »

コメント

お魚さばけないグッピーです。もちろん、あの切り身で泳いでいるとは思っていませんから、ご安心を!

投稿: グッピーちゃん | 2006年12月 8日 (金) 08時24分

グッピーちゃん、こんばんは。
ああ、なるほど。切り身で。そう思っているチビッ子、いたりするかも知れませんね。
生き返ると思っているくらいだから。

投稿: 蓮 | 2006年12月 9日 (土) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/4461125

この記事へのトラックバック一覧です: 生きた自然の体感:

« おまけ♪&接客美人 | トップページ | フテブテシク、しぶとく »