« それでいいじゃん | トップページ | おまけ♪&接客美人 »

2006年12月 5日 (火)

委ね話法

意見を述べても、強要せず。

で、ありたいと思っています。

どうしても通さなければいけない事柄もある。

意見が対立したとき、曲げられない信念は通す。

親しい人には、全員一致で、頑固と言われます。

それでも、ガーンときつく言い通さないようにしたい。

難しいですけどね、感情的になってしまったり。

相手がちいさな子だったり、自分なりの考え・感覚がつかめていない、

10代くらいまでのひとだと、少々あり方も変わってきますが、今は置いておいて。

対、おとなの場合、「意見を述べても、強要せず」がマナーだと考えます。

どのような間柄でも、踏み込み禁止の距離感がある。

それぞれのプロセスがあり、培ってきた感覚で生きている。

自分の考えだって、今日と明日では、違うかもしれない。

年齢で刻々と変わる部分もある。

なのに、ひとに自分と同じで! と強要はできない。

ということで、きっちり意見を述べたら、あとは相手の決断に委ねる。

そう心がけています。

余談ですが、逆に強要される場合。

差しさわりのないところで、店員さんと私の例。

ローズ系の口紅を買おうと選んでいると、

「あ、ダメ、違う」と止められる。

え? ダメ? 違う? 

じいっと私の顔を見て、

「お客さま、もともと唇の色素が濃いでしょう。でも顔は色白でしょう。

ローズ系だと派手になるから」

と言いながら、ベージュ系の口紅を取り出し、

「こっちだといい感じになりますよ」と差し出す。

・・・・・・・・・・。

さらに、ベージュ系をいくつか取り出し、さあ、どれにする?とばかり並べる。

店員さんのなかでは、私にベージュ系の口紅で決定しているようです。

・・・・・・・・・。

いつも最低限の化粧しかしません。

チークもアイシャドウもしません。

唇は、薬用リップに時々透明のグロスだけです。

でも、キレイなローズ系の口紅1本くらい、たまにはつけようと思ったのに。

店員さんの言っていることは、理にかなっていますが、ダメとか違うと言われると。

ベージュはほしくない。

ということで、

「う~ん、もう1度、手持ちの服や小物と相談してから来ます」

と濁して撤収しました。

|

« それでいいじゃん | トップページ | おまけ♪&接客美人 »

コメント

私はいかにも自分が正しいかのように主張するタイプです。職業病かもね?というのも職場では、気が弱いことを言っていては、話にならないからです。
○○ですから、ときっぱり言ってしまう・・・これがついついプライベートで出てしまって、自分本位な人と言われるのですが。
お化粧品くらい、自分の好きなのを買いたいですよね。たまには冒険したい気持ち、わかります。いつもローズ系をつけていますが、冬はなぜかレッドがつけたくなる・・・するとすかさず、顔がきつく見えると言われる・・・今年はまだ買っていません!

投稿: グッピーちゃん | 2006年12月 7日 (木) 16時57分

グッピーちゃん、こんばんは。
2つもコメント、ありがとうございます。
弱気にはなれない。しっかりきっちり通さねば!ってことありますね。
きっぱり言うことが、自分本位ではないと思います。自分本位って、自分のことだけってことだと思うので。言わねばならないこともありますし。
私は、プライベートでは、わりと人に合わせるほうですが、譲らないところは、がんとして譲りません。
いいと思ったものしか、いいと言わないので、「頑固!」と言われしまったりもします。

口紅。まだ未成年に間違われることがあるので、童顔対策に買おうと思ったのですが。出鼻をくじかれてしまいました。
お化粧品は好きなものを買わせて!使わせてってホント思います。

投稿: 蓮 | 2006年12月 7日 (木) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/4439873

この記事へのトラックバック一覧です: 委ね話法:

« それでいいじゃん | トップページ | おまけ♪&接客美人 »