« 楽しい文化として | トップページ | 親孝行、空振り »

2006年11月10日 (金)

石橋の渡り方

なかなか行動しないかと思うと、いきなり大胆なことするよね。

こう友達に言われたことがあります。

う~ん。

考えて考えて、考えてから行動するので、スタートは遅いです。

ただ、大胆な行動はしていませんが。

慎重ではありますが、大雑把な性格が顔を出し、慎重さが持続しない。

石橋を叩いて渡るようで、そうでもない。

今までの自分を振り返ってみる。

石橋の渡り方、私はどっちかしらと考える。

そこで見えた自分を詩にしてみました。

今後の課題でもあります。

「しょうがないので」

石橋は叩いて渡りますか

それとも 即行動ですか

トントン トントン

悩みに悩んで 考えすぎて

叩きすぎて うっかり壊してしまいます

渡れない

仕様がないので

思いっきり助走をつけて

飛んでみます

失敗と成功 五分五分

さらりと橋を渡りたい

|

« 楽しい文化として | トップページ | 親孝行、空振り »

コメント

朝刊の“人生案内”コーナーが好きで毎日読んでいるのですが、「幸せとは何なのだろうかと考えてしまいます。絵に描いたような幸せと言う言葉があるように、全てを手にする幸せは、現実にはそうないのかもしれません。一つも失いたくないあまり、ほんとうの幸せを見失う事もあるような気がします。」という事が返事で書いてありました。ギクっとしました。
私は欲張りだから、私には“今”以下はないとずっと思っていたからです。どれかを犠牲にしなくては幸せが得られないと言うのは寂しいような・・・。
熱しやすく冷めやすいグッピーです。

投稿: グッピーちゃん | 2006年11月11日 (土) 20時45分

グッピーちゃん、こんばんは。
幸せってひとそれぞれだから難しいですよね。形としてあるものではなく、自分にしか出せない答えで。

いただいたコメントを拝見していて、ふと思ったのですが、私はお寺が大好きで、見つけては立ち寄ってのほほんとしています。お参りするとき、つい3つ4つお願いをしてしまい、「欲張ってしまった」と思います。
でも、それでがんばろうと思えるし、欲張り→何かを望んで張り合いを持つ。ということで、人を巻き込んだり、身勝手なものでなければ、OKということでどうでしょうか。

投稿: 蓮 | 2006年11月11日 (土) 21時52分

コメントありがとうございました。
「大胆にして且つ細心」という言葉が好きです。
時には「走り始めてから考える」もありですね。
こんなことを教訓に生きてますよ。俺も!

投稿: ONO THE WORLD | 2006年11月11日 (土) 22時01分

ONO THE WORLDさん、こんばんは。
「大胆にして且つ細心」素敵ですね。それ、目指します。どうも考えすぎるところがあるので、
最近は「まあ見切り発車でもやってみる」が必要だと、自分に発破をかけるようにしています。

投稿: 蓮 | 2006年11月12日 (日) 21時35分

蓮さん、こんばんは!
石橋。。即行動といきたいところですが
最近は、壊れる寸前まで叩いています。
それでも渡れない自分がいたりして。
私も、さらりと渡りたいです(^^)

投稿: 寝起きのパンダ | 2006年11月13日 (月) 20時24分

寝起きのパンダさん、こんばんは。
あっ、パンダさんも、石橋叩きタイプですか。
壊れる寸前で止める技術、ほしいです。バコッといってしまいます…。
橋を見つけたら、さらりと渡れるようになりたいです。

投稿: 蓮 | 2006年11月13日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/4141282

この記事へのトラックバック一覧です: 石橋の渡り方:

« 楽しい文化として | トップページ | 親孝行、空振り »