« 行間の心 | トップページ | 太陽の言葉 »

2006年11月23日 (木)

あ・うん

趣味が若くない!

らしいです。

う~ん、いいや、いずれ若くなくなるものだもの。

歳を重ねていくの、楽しいもの。

変えない! と開き直る。

で、趣味のひとつ。お寺と仏像。

宗教に興味がなく、ご先祖様の眠るお寺の宗派も知らない、というあり様。

そういう世界の知識がなく、、困ったときだけ神頼み。

メリークリスマスの次は、明けましておめでとう、と初詣。

そんな私ですが、好きなのです。お寺と仏像。

なにがどうって、うまく言えないのですが、惹かれる。

この間の旅行でも、いくつもお寺へ行きました。

最終日にお会いした山形でお坊様をなさっている母の友人が、

お寺が好きなら、と予定にはなかった慈恩寺へ連れて行ってくださいました。

奈良時代に建てられたという歴史あるお寺、慈恩寺。

ひっそりとした佇まい。境内には柿の木があり、なんとも趣がある。

「一休さ~ん」と呼んだら、かわいい小坊主が出てきそうな雰囲気。

呼びたい衝動にかられましたが、母の友人とご一緒していたので、

恥をかかせてはいけない。

グッと我慢しました。

入口の仁王門には、左右に阿像・吽像。

像の存在を知っていても、意味を考えたことはなかった。

あ・うんの呼吸という言葉なら知っていましたが。

「あ」は宇宙の始まり。

「うん」は宇宙の終りを意味しているのだと、お坊様に教えていただきました。

母娘揃って、「ああ、なるほど」「へぇ~」。

帰り際、始まりである阿像の前に、お賽銭をチャリ~ンと落とし、

お願い事をしてきました。

他のお寺でも散々したのに。

壮大な宇宙の話を聞いた後なのに。

宇宙は置いておいて、俗世の自分をとりました。

神頼み(仏頼み?)じゃなく、「がんばります、がんばってひとつずつ叶えます」

って誓いだもの。と自分に言い訳しつつ。

|

« 行間の心 | トップページ | 太陽の言葉 »

コメント

宗教、意識して信仰しているわけではありませんが、お寺さんの経営する保育所に通い、熱心な仏教徒である母方祖母の影響、また土地柄もあり、物心着いた頃から、浄土真宗の中で育ってきました。
でもクリスマスにはツリーを飾ったり、お正月には初詣に行ったり、仏教一色というわけではありませんが。
ただ、小さい頃の教育(?)上、死んだら天国ではなく、三途の川を渡ってお浄土(地獄)へ行くとか、輪廻転生を信じている私です。

投稿: グッピーちゃん | 2006年11月24日 (金) 08時44分

蓮さま、こんばんは☆
お寺いいですよね~。宗派などは分からないけど、私も大好きです。日本人なのですかね。。。

投稿: さとみ | 2006年11月24日 (金) 22時21分

グッピーちゃん、こんばんは。
知りませんでした。極楽浄土でひとつの言葉だと思ってました!お浄土って、地獄なんですか。そういえば、山寺でみた姥堂のおばあさん?の像は怖かったです!!三途の川にいるとか。会いたくないなぁ。


さとみさん、こんばんは。
お寺、ホントいいですよね~♪
以前、さとみさんのブログで拝見したお寺の竹も素敵でしたが、お寺と紅葉も良かったですよ。
四季折々のお寺、日本の良さですね☆

投稿: 蓮 | 2006年11月24日 (金) 23時21分

すみません、言い方が悪くて。
善人は極楽浄土へ、私のような極悪人は地獄へと言う意味です。
仏教でもキリスト教でも“地獄”があるのは共通ですね。

投稿: グッピーちゃん | 2006年11月25日 (土) 21時39分

グッピーちゃん、こんばんは。
!!
そんな哀しいこと仰らないでください。
極悪人は家族を大切にはしません。
とてもFUKUちゃんを大切にしていらっしゃるじゃないですか!
命をいとおしむのは善だと思います。

投稿: 蓮 | 2006年11月26日 (日) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/4288125

この記事へのトラックバック一覧です: あ・うん:

» あ・うん [1-kakaku.com]
昭和10年代の東京・山の手。羽振りの良い中小企業の社長・門倉(高倉健)と安月給のサラリーマン水田(坂東英二)は見かけも性格も正反対ながら、硬い友情で結ばれている。しかし、女出入りの激しい門倉だが、実は水田の妻たみ(冨司純子)のことをずっとひそかに思い続けていた…。 向田邦子の同名原作を監督・降旗康男、撮影・木村大作、主演・高倉健の黄金トリオで映画化したヒューマンドラマの秀作。ここでの健さんは笑顔も多く、市井の等身大の姿をさりげなくも見事に演じきっている。また、健さんとは東映仁侠映... [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 18時40分

« 行間の心 | トップページ | 太陽の言葉 »