« 「どうぞ~」とお願い | トップページ | 考え方が変わると、体質も変わる? »

2006年11月15日 (水)

遥か地球の反対側!

旅に出て、ブラジルのお友達ができました。

一期一会があるのが旅の良さ。

地球の反対側で暮らす人が、日本に旅行にいらしていて、たまたま旅先で出会う。

嬉しい偶然に感謝です。

日系2世だという女性のふたり連れで、最上川のライン下りへ向かう電車の中で、

出会いました。

ライン下りを終えて、最寄り駅で電車を待つ間と、新庄という駅でお別れするまで、

たくさんのお話をしました。

ブラジルに移住された方々のことを、これまであまり認識していませんでしたが、

今年の5月6月頃だったでしょうか。ドラマ『ハルとナツ』を見て、

初めて考えるようになったのです。

ご両親、何よりおじいさま・おばあさまがとても苦労されたのだと伺いました。

日本人として、もっと知らなければ、学ぼうと思いました。

ブラジルには地震がないこと。夏は暑いと思いきや、上っても28度くらいで、

日本の方がよっぽど暑いことなどを知りました。

おひと方は、ヒアリングはバッチリだけれど、日本語を話すことはできないそうで、

こちらの話にウンウン、ニコニコと相槌。

もうひと方は、とても日本語がキレイ。

ご本人は「全然ダメです」と謙遜されていましたが、

日本人でも乱暴な日本語が飛び交う中、丁寧にやわらかい日本語。

日本語を大切にしよう、と改めて感じました。

日本とブラジルの政治の話。おふたりが周られた日本各地の話、

アマゾンへ行かれたときの話など話すことが尽きない。

新庄駅へ着くと、おふたりが乗られる新幹線の時間が迫っている。

記念に写真を撮り、別れ際に、サッとサンパウロの連絡先を渡されました。

こちらの連絡先と思っていると、時間がないからメールをくれればわかる。

紙に名前だけ書いてくれと渡される。大慌てで名前を書いてお渡しし、

慌しくお別れしました。

まずメールを入れて、それからお手紙と思うのですが、ふと気づいた問題。

何語で書けばいいの? といっても英語は無理だけど。

ポルトガル語はもっとわからない。

いや、日本語をお話されていたから、日本語で大丈夫でしょう。

でも、漢字はどうなの?

日本のように核家族ではなく、3世代同居とかなら、ご両親は漢字問題ないよね。

でも、同居してると限らない…。

日本語でいいのよね、と考える今日この頃です。

|

« 「どうぞ~」とお願い | トップページ | 考え方が変わると、体質も変わる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/4198559

この記事へのトラックバック一覧です: 遥か地球の反対側!:

« 「どうぞ~」とお願い | トップページ | 考え方が変わると、体質も変わる? »