« 石橋の渡り方 | トップページ | 「どうぞ~」とお願い »

2006年11月13日 (月)

親孝行、空振り

「母、紅葉狩り貯金」を、夏前からちょっとずつしていました。

10月に入って、なんとか2泊3日は出来るくらいになったので、プレゼント。

さっそくドッサリとパンフレットを調達してきた母。

どこへ行こうかと考え出します。

1週間くらい経って、「どこへ行くか決まった?」と尋ねると、

「旅って、ひとりより、ふたりのほうが楽しいよね」と言う。

誰か友達を誘っていくのかなと思い、「そうだね」と答えると、

「ひとり旅も楽しいけど、キレイな景色を一緒に感動するのっていいよね」と。

ん? こっちを見てますけど、何?

「何? 一緒って私のこと?」

うなずく母。

「ゴメン、無理。ふたり分のお金なんてないよ」

「じゃあ、お母さんが出す!!」

…………。

母上? それじゃプレゼントにならないよ。

実は母が3年前に大病して、危なかったのですが、いい先生に会い、

助けていただいたのです。

大変な手術を乗り切って、今、以前のように元気でいてくれること、

笑っていてくれることがありがたい。

今回の旅行は、ずっと元気でいてねという願いと、

手術から無事3年経ったお祝いでプレゼント、のつもりだったのです。

母がお金を出しては意味がない。

1度は、「何度もひとり旅してるじゃない。ちゃんとプレゼントさせてよ」と断りましたが、

一緒がいいと食い下がる母。

自分がプレゼントした、という形をとりたい私のエゴかなと考え直し、

結局、自分の旅費は自分持ち、で話が落ち着きました。

母が見たい場所や見ごろを調べ、それに合わせて先週8、9、10日に

東北紅葉狩りの母娘旅行をしてきました。

当日まで、どこへ行って、何を見て、と相談する時間がなかったのですが、

「お母さんが行きたい所をしっかり選んでよ」とだけ言って、

私は旅行プランにはノータッチ。母がすべてのプランと手配をしていました。

たっぷり紅葉と自然を満喫できる他、お寺と仏像が大好きな私のために、

平泉の中尊寺と毛越寺、山形の山寺がスケジュールに入っていました。

お祝いのつもりが、なんだか逆にプレゼントされた気分。

今回のことに限らず、全然親孝行できていない。

半人前を痛感しました。

|

« 石橋の渡り方 | トップページ | 「どうぞ~」とお願い »

コメント

お母様は、娘と一緒に旅行できること自体がきっとうれしかったと思いますよ。お金の件は残念でしたが、親孝行できたのではないでしょうか?

投稿: グッピーちゃん | 2006年11月14日 (火) 09時11分

蓮さんは、やっぱり親孝行ですよ。
お母様のお体、体調が良いようで良かったですね。
きっと素敵な思い出になったと思いますよ♪

投稿: 寝起きのパンダ | 2006年11月14日 (火) 18時45分

グッピーちゃん、こんばんは。
「旅行をプレゼント」ということにこだわって、一緒がいいという母の言葉を即OKしなかったのは
エゴだな~と反省しました。楽しい旅でしたし、親孝行のあり方を考え直すいいきっかけになりました。


寝起きのパンダさん、こんばんは。
ありがとうごさいます。以前とまったく同じ体力というわけにはいきませんが、
自然を満喫して「キレイだね~」「来てよかったね~」と母が楽しそうだったので、
一緒に行ってよかったなぁと思います。

投稿: 蓮 | 2006年11月14日 (火) 21時47分

なによりの親孝行だと思いますよ。
銭や金じゃないもの。
あ~この子でよかった!と思っているはず…って…先日の結婚式のスピーチになってしまうのでこの辺で。

投稿: ONO THE WORLD | 2006年11月15日 (水) 00時02分

ONO THE WORLDさん、こんばんは。
ありがとうございます。
母がこの子でよかったと思ってくれていたらいいなぁ。
私は、母が母でよかった!と思っているので。

投稿: 蓮 | 2006年11月15日 (水) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/4173789

この記事へのトラックバック一覧です: 親孝行、空振り:

« 石橋の渡り方 | トップページ | 「どうぞ~」とお願い »