« カルタ名人級で | トップページ | あ・うん »

2006年11月22日 (水)

行間の心

『Dr.コトー診療所』

この秋、唯一ずっと見続けているドラマです。

まず、話が好き。

演出、監督、その他、大勢の制作者すべての力であることは、もちろんですが。

役者陣!

おとなの素敵な役者てんこ盛り。

ひとりひとりのお芝居が魅力的。

声のトーン。言い方。瞬間の息。

仕草やささいな動作で、演じている人物の人生が感じられる。

感じさせてくれる。

土台がしっかりあるので、安心してどっぷりストーリーに集中できる。

素敵な出演者が多くて、話すときりがないので、代表しておひとり。

泉谷しげるさん。大好き!

子供の頃は、荒っぽいしゃべり方と態度のひと、という印象しかありませんでした。

でも、よくよく耳を傾け、見つめていると、印象が変わっていく。

言い方は乱暴だけれど、なんてあったかいひとだろう、と。

シャイなひとだから、荒っぽい表現になっているんだろうな~、と。

かっこよく映るように、とか気取りが一切なく、

身体全体で演じている感じがするところも好きです。

毎回1シーンは必ず、「しげさん、キュンキュンタイム」があります。

他のドラマでも、よく泉谷さんのシーンには泣かされます。

『Dr.コトー診療所』の役者さんたちが、役の人生や心情などを様々見せてくれる。

歳を重ねてきているからこそ魅せられるのだろうと思います。

時の蓄積の素晴らしさを感じます。

そのことを書こうと思ったのですが、なんだか、泉谷さんが大好き、

ということばかりになってしまいました…。

|

« カルタ名人級で | トップページ | あ・うん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/4279151

この記事へのトラックバック一覧です: 行間の心:

« カルタ名人級で | トップページ | あ・うん »