« 迷子のカメ子、救いの手 | トップページ | 秋風邪? »

2006年9月21日 (木)

ごめんね……

衝撃的な場面に遭遇。

某デパートへ便箋を買いに行きました。

入口を入り、目的のフロアへ向かっているとき、後ろから、

「もう! 何してんのよ!!」

という声が聞こえたので、振り返った瞬間、

5歳くらいの女の子が、母親らしき女性に引っ叩かれていました。

あっ、と思った瞬間、

「もう! なんで?」「すごいヤダ~!」と言いながら、

女性はバシバシと女の子を叩きます。

あっけにとられて動きが止まりました。ふと気づくと、

私と同じように何人ものひとが驚いて動きを止めています。

母娘に何があったのかわかりませんが、少なくとも、

「母親が子供をたしなめている」のではなく、「ヒステリーを起こしている」

としか見えません。

「叱ると怒るは違う」と、よく母が言っていたのを思い出し、

その女性に「怒らないで話をしてあげてください」と言いたいと思いました。

でも出来ませんでした。

カーッとなっているひとに話をするのは難しい。

何より私にブレーキをかけたのは、私が独り者だということです。

もし、その女性と話し合ったとき、「母親って大変なのよ!」

「親になったこともないひとに何がわかるのよ!」

と経験論を出されたら、返す言葉がない。

そんなことを考えて、一歩踏み出せません。

女の子を見ると、お母さんに嫌われたくない思いからでしょうか。

もしくは捨てられまいとしているのでしょうか。

泣きながら、必死で母親のスカートを握っています。

胸がつぶれる思いがします。

ダメだ、言わなきゃダメだ。どうしよう、と考えているうちに、

女性は、グイっと女の子を引っ張ってデパートを出て行きました。

買い物中も、電車の中でも、母親のスカートを握る女の子が思い出され、

勇気を持って女性に話をしなかったこと。自分をとったことを悔やみました。

|

« 迷子のカメ子、救いの手 | トップページ | 秋風邪? »

コメント

こんばんは!
同じような場面に遭遇したこと
何度もあります。
母親はカッとなり、子供は必死に謝っている。。
そのたびに、わが身を振り返ります。

投稿: 寝起きのパンダ | 2006年9月21日 (木) 22時52分

寝起きのパンダさん、こんにちは。
お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません!
こういう場面に遭遇すると、切なくなります。
時々、びっくりするような発言をする母親がいて、
「ハトが豆鉄砲」状態になっています。諭してあげてほしいなと願いつつ…。

投稿: 蓮 | 2006年9月23日 (土) 15時36分

蓮さん
おはようございます。
こんな場面、何度か遭遇しました。
でも、言わなくてよかったのではないかと思います。

いろいろな境遇で人間は育っているから、「罪を憎んで人を憎まず」という言葉はあっているなって最近よく思います。自分も今の両親に育てられていなかったら・・・皆公平ではないなとかいろいろ考えますね。

何か、あったときにその人の背景まで考えられる人になりたいものです。

投稿: さとみ | 2006年9月27日 (水) 08時29分

さとみさん、こんばんは。
ありがとうございます。
言うべきだったかどうか悩むところだったので、少しホッとしました。
やはり不用意に入り込んではいけない、入り込めないことなので、難しいですね。

私も背景まで考えられる人になりたい、って思います。がんばります。

投稿: 蓮 | 2006年9月28日 (木) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/3529169

この記事へのトラックバック一覧です: ごめんね……:

« 迷子のカメ子、救いの手 | トップページ | 秋風邪? »