« 一生モノのおしゃれ | トップページ | スロー人、カメ子 »

2006年8月31日 (木)

ええっ! 阿弥陀如来が?

机の中にしまってある大吉のおみくじ。

なんとなく見ていて「観音」の文字に目がとまり、思いだしたこと。

去年の秋、立山のアルペンルートに紅葉を堪能しに行きました。

車の免許がないので、個人で行くと山は大変。

ということで、ツアーで行きました。

さて、観光バスのガイドさんは、その土地土地のエピソードをお話されますよね。

その日のガイドさんは、立山の歴史を話してくれました。

立山の開山について。

立山には佐伯さんという名字の方が多いそうですが、この地を開拓したのが、

佐伯という方だったからなのだそうです。

その昔、佐伯少年は父の大事な鷹を逃がしてしまい、後を追う。

鷹は逃がしてしまったが、熊に出くわす。

熊に一矢報いたが逃げていく。

さらに後を追っていくと、熊に刺さったのと同じ場所に矢の刺さった阿弥陀如来の姿が。

その阿弥陀様にこの地を開拓するように言われ、実行したのだそう。

おもしろいなぁと興味深く聞いていると、彼女は話の締めに入る。

「え~、こうしてですね、佐伯少年は、熊に化けた阿弥陀如来におびき寄せられ

この地を開拓することになったのです」

!!!

私以外、誰も無反応で笑わない。

大笑いすると失礼なので、身をかがめて声を出さずに笑ってしまいました。

ハタチの女の子の手にかかると、阿弥陀如来様は姿を変えてお導きに

なったのではなく、化けておびき寄せたことになるのですね。

新鮮な衝撃でした。

電車内で聞こえてくる女子高生の会話も、言葉の選択、表現に驚くことが

しばしばですが、「おびき寄せ」はクリーンヒット。

基本的には物事、TPOにあった的確で美しい表現、言葉、話し方をするべき。

その土台をしっかりつくって身につけるべき。そう思います。

しかし、基本さえ踏まえていれば、時にはガイドさんのように(いえ、彼女は

ホントにおびき寄せたという認識なのでしょうが)、外した表現を使ってみるのも、

和むかもしれない。

言葉に関して探究心を少々くすぐられました。

|

« 一生モノのおしゃれ | トップページ | スロー人、カメ子 »

コメント

こんにちは!
ハハハ。
こうなるとバスガイドさんの話が
阿弥陀如来様のホラーに聞こえます。
若いから、可愛くて許されるのかな?

投稿: 寝起きのパンダ | 2006年9月 1日 (金) 15時21分

寝起きのパンダさん、こんばんは。
ガイドさんは本当に楽しい人でした。3日間だったのですが、すべて違う方。
甲乙つけがたいほど全員トーク上手でした☆阿弥陀様のガイドさんの表現は確かに若さゆえのよさでした。

投稿: 蓮 | 2006年9月 1日 (金) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/3273673

この記事へのトラックバック一覧です: ええっ! 阿弥陀如来が?:

« 一生モノのおしゃれ | トップページ | スロー人、カメ子 »