« パトラッシュのように | トップページ | 一生モノのおしゃれ »

2006年8月29日 (火)

うかつな「絶対」は禁止!

4年前、水ぼうそうにかかりました。

大人になってからでは大変と聞いていましたが、本当に大変。

お風呂に入っていて、体にポツポツと何かできているのを発見。

湿疹? いやだな。

翌日、増えている。

おかしい。これ、どこかで見たことある。

……。

アッ!

幼稚園時代、同じ組の男の子が見せてくれた水ぼうそうの痕に似ている。

明日、病院へ行こう。そう思って就寝。

朝、ものすごいかゆみで目が覚める。

全身かゆい!!!

鏡を見ると、顔が腫れ上がっている。四谷怪談のお岩さんのよう。

コメディ版だけど。伊右衛門、いないけど。いえ、伊右衛門は怖いから嫌だけど。

近所の病院へ行くと、あまりの状態に看護婦さんがすごく気遣ってくださる。

さらに院長登場。

女の子の顔にもし痕が残ったらいけない!

うちでうかつなことはできないからと、市立病院へ紹介状を書き、

電話で事情も伝えてくださるとのこと。

3時近くになっていましたが、市立病院へ移動。

普通その時間に一般の診察はないらしく、あきらかに迷惑そうな皮膚科医登場。

腫れ上がった顔より、前の病院の先生の、痕が残らないようにという発言への

不安より、「かゆい!!!」ことに不快な私。

医師は私を見るなり、「あらら~、こりゃひどいわね~!」

さらに、「アバタもエクボだから。絶対痕残るから!」を診察中4回もくり返します。

年頃の女性に対しての失礼な発言に、看護婦さんがハラハラして、

気遣ってくれているのがわかる。

むやみに争いたくない。大人気ない人と競ってはダメ。

ということで、怒りMAXな私は、

「絶対? 絶対って言ったわね。ホッホ~、絶対ひとつも痕残さないで

治してやるから、謝罪しなさいよ!」

と心の中で思いました。

なにより、かゆい!!!

これを解決したい。後はどうでもいい心境でした。

帰宅後、この話に母は、私が傷ついたのではと心配してくれましたが、ないです。

失礼な人にはめっぽう強いので。

その後1週間外出できず、薬を塗り続け、10日で完全に復活。

さいわい、痕はひとつも残りませんでした。

みずぼうそう騒動で学んだこと。

かゆみと怒りは最強。

よほどのことでない限り、むやみに絶対と言うべきではないのでは。

むやみな「絶対」はマナー違反だということ。

そして、最初の病院の関係者の方々、市立病院の看護婦さんの人柄から、

思いやり、温かさは人間関係の中で必要不可欠だと改めて感じました。

これは絶対です。

|

« パトラッシュのように | トップページ | 一生モノのおしゃれ »

コメント

大変でしたね〜(>_<)
でも、怒りパワーで綺麗に治られて、本当によかったですね♪
物は言い様・・・。
当たり前のことですが、思いやりをベースに、
言葉を大切にするコミュニケーション、を
心がけたいと思います。

投稿: teel | 2006年8月30日 (水) 11時23分

こんにちは!
大人になってからの水疱瘡!
大事に至らなくて良かったですね。
今は良い薬ができて、痕は残らないって
いうのに、お医者さんには(怒)ですね。
弱ってるときには、思いやり、温かさ、
うん、「絶対必要」です。

投稿: 寝起きのパンダ | 2006年8月30日 (水) 15時56分

teelさん、こんばんは。
絶対治してやると言いながら、内心「残ったらどうしよう」と少しビクビクだったので、ホッとしています。
言葉を大切にするコミュニケーション。私も心がけたいと思います。


寝起きのパンダさん、こんばんは。
水疱瘡。「まだなの?じゃあなるかもね」と人に言われても、もう今更ならないよ~と油断していたら…。
これこそ絶対はないんだと証明してしまいました。
弱っているときの思いやりや温かさは沁みますね☆ホント絶対必要!

投稿: 蓮 | 2006年8月30日 (水) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/3249067

この記事へのトラックバック一覧です: うかつな「絶対」は禁止!:

» かゆい〜 [男性の健康、弱い体を強く]
やばいです! ほんとにやばいくらアゴのかゆみが増してきました [続きを読む]

受信: 2006年9月21日 (木) 19時59分

« パトラッシュのように | トップページ | 一生モノのおしゃれ »