« 近距離! | トップページ | うかつな「絶対」は禁止! »

2006年8月28日 (月)

パトラッシュのように

道でゴールデンレトリバーとすれ違って思い出したこと。

一昨年の秋、母の友人が病気で亡くなりました。

その人は私がまだ3つ、4つの頃からの付き合い。

とてもかわいがってもらい、「年の離れたお姉さん」という感じでした。

オシャレで、子ども好きで、面倒見がよく、いつも明るい彼女。

大の犬好きで、晩年、ゴールデンレトリバーを飼っていました。

名前は「ゴンちゃん」。

人懐っこくて、甘えん坊で、雷が鳴るとパニックを起こす。

恐怖のあまり、小屋の屋根を突き破って逃げ惑う。

そのくせ、シラーッとした顔をして、前足でトンと人を小突き、

「撫でろ」と要求。

撫でてやるとウットリする愛い子です。

そのゴンちゃんが去年死んだらしいのです。

彼女のお姉さんにそのことを聞いた母は、

「きっと○○ちゃんのところへ行ったんだね」とさみしそうに言いました。

不思議だなぁと思いました。

ゴンちゃんは病気だったわけでも、老犬なわけでもなく息を引き取った。

「絆」?

感覚的な、感情的なことかもしれませんが。

アニメ『フランダースの犬』で、主人公の少年ネロと一緒に死んだパトラッシュのように。

運命といってしまうことはできません。

ただ、「絆」というものは確かにあり、人間が介入できない「何か」は、

あるのだろうと感じました。

|

« 近距離! | トップページ | うかつな「絶対」は禁止! »

コメント

蓮さん、お久しぶりです!
タイから帰ってきました^^
絆って、絶対あると思います。
動物だけでなく、奥様が亡くなられて、1年後くらいにだんな様が亡くなったと、何度か聞いたことがあります。
気の持ちようにもよるのかもですけどね。

投稿: ユリコ | 2006年8月29日 (火) 15時37分

ユリコさん、こんばんは。
おかえりなさい!無事帰国されたようでよかったです☆ 
絆ってやっぱりあるんでしょうね。不思議な領域。
あっ、ユリコさんも、「さくらちゃん」との絆、ありますね♪
久々のさくらちゃんとの時間、満喫されていますか。

投稿: 蓮 | 2006年8月29日 (火) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/3237659

この記事へのトラックバック一覧です: パトラッシュのように:

« 近距離! | トップページ | うかつな「絶対」は禁止! »