« リベンジのすすめ | トップページ | マイブーム、ラジオ体操 »

2006年7月 3日 (月)

禍転じて 福戻る?

まずい! 乗り遅れる!

必死に走ってバッと手を伸ばし乗り込みました。

手だけ。

電車のドアに挟まっています。

「うわっ、どうしよう」と焦っていると、中からサラリーマンのおじさんが引っ張って

くれます。しかし、とても乗り込めそうにない。

ここは諦めようと中の方に「ありがとうございます。次にします」とお礼を言い、

手を引っ込めて電車を見送りました。

久々に自分が運動オンチであることを痛感。

人並みにこなせるのは根性でなんとかなるマラソンと部活でやっていたテニスだけ。

体育の成績は5段階でいつも2。苦い思い出。

嬉しいことも思い出しました。

中学のときのこと。体育の授業でマット運動。

前転、後転、開脚前転などなど。その中の「後転」がうまくできない。

後転は回転すると正面に戻るはずなのに、なぜか着地が真横。

それを見た先生が「おまえ、特訓!」と言い出し、先生の補助で20回はまわった

でしょうか。真横がやや斜めくらいまで改善。

私はフラフラ。先生は私の鈍さにクラクラ。

ひと言「うん、おまえはそれでいい」。

テスト本番。

やっぱり体は斜め向き。「ごめんなさい」という気持ちで先生を見ると、

大きくウンと頷いてくれていました。

その学期の通知表、なんと体育が2ではなく3になっている!

先生はテストの結果ではなく、なんとかできるようになろうとした私を

認めてくれたのだと思います。

苦手なことでも、うまくできなくても、がんばれば認めてもられることもある。

このことはその後の人生にも励ましになっていったのです。

とはいえ、大人はそうはいかない。「結果」が出ないとダメ!! なことがたくさん。

ただそれ以外のプライベートな領域は、おおらかであってもいいのではないかと

思います。

「オンとオフ」 「おおらかさ」

身につけたいと、しみじみ思う日々です。

|

« リベンジのすすめ | トップページ | マイブーム、ラジオ体操 »

コメント

子供の頃は、超・過保護な家庭で育ったため
何か、頑張ったっていう記憶がないんです。
今、家庭を持っていろいろ頑張ってます(^^)
でも、気を抜くところは抜いて「オンとオフ」
身に着けたいです。

投稿: 寝起きのパンダ | 2006年7月 4日 (火) 14時09分

寝起きのパンダさん、こんばんは。
うちは甘いところは甘かったですが、結構厳しかったです。
なかなか自転車に乗れない私を母が特訓。
「転ぶことを怖がらない! 転んで乗りこなせる!」と。
感謝してますけど。

投稿: 蓮 | 2006年7月 4日 (火) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55128/2486911

この記事へのトラックバック一覧です: 禍転じて 福戻る?:

« リベンジのすすめ | トップページ | マイブーム、ラジオ体操 »